« 22歳の別れ | トップページ | 春爛漫 »

ワイン没収

K島さんがドイツに出張して、M原さんはしばらく一人でお仕事。

メールで少しやりとりはするものの、ほぼ問題なく時がたち、ゴールデンウイークに突入。M原さんは、この後、週休8日(?)体制に入るので、K島さんとはその後に会うことになる。

さて、そのK島さん、ドイツ出張も終わり、そろそろ帰り支度。

M原さんががんばってくれているので、おみやげは彼女の一番好きなものを、と考えた。M原さんが好きなものはいろいろあるが、やはり、間違いないのは、あれでしょう。

というわけで、チョコレートとクヌート(今ドイツで大人気の白熊の赤ちゃん)のマスコットもどき(やっぱりメイドインチャイナだった)のほかに、M原さんへの特別のお土産を買い込んで、いざ空港へ。

チェックインはスイスイといき、荷物検査の列に。

「リキッドは持っているか」の問いに、つい、「はい、ワインがあります」と答えてしまったのが敗因であった。

「これは持ち込めません。チェックインしてください」

「はあ?ワインの瓶がわれたらどうしてくれるんですか?」

「知りません。とにかく規則ですから、持ち込めません」

テロ対策とやらで、機内に持ち込める液体の量が制限されているらしい。本当のテロリストだったら、そうなれば粉末にするとか何か考えるだろうから、ほとんど意味をなさないと思われるのだが、いったんできたルールには忠実に従う人が優秀とされる社会では、そんなことを言っても無駄。

K島さん、トボトボ外に出て、必死で対策を考える。

受付カウンターに行って、訴える。

もう普通の荷物は出してしまっているから、クッションになるようなものは何も持っていないのである。カバンもないのである。

「通常の荷物として扱われますから、割れるかもしれませんね」などと、まったく助けにならないことを、受付の気のよさそうなお兄さんは言ってくれる。

「いや、だからそこをなんとか、通してくださいよ。このワインは、大事なんですから」

「規則ですからねー」

そういわれれば、壁にちゃんとポスターがでかでかとはってある。しかし、このサイズではアルコール類は機内に持ち込めないということではないか。ワインを買ってほしくないんでしょうか、この国は。

そうこうしているうちに、もう出発時間がーーー!

K島さん、腹を決めて、あきらめることにした。いくつかの選択肢が瞬間に頭をよぎる。

ここのカウンターにワイン瓶をたたきつけるのはどうだろう、いや、返り血ならぬ返りワインをあびそうだしなあ。。。このまま手荷物にして送ってはどうだろう。瓶が割れて、誰かの荷物がぐちょぐちょになっても悪いかなあ。。。

そして、結論は、慈悲深い女神のごとくになったのであった。

「わかりました。このワインはあなたにさしあげますから、どうぞ飲んでください」

受付のお兄さんは、

「親切は嬉しいですが、そういうことは禁じられていますからー」

しかし、K島さんは、受付カウンターにM原さんへのお土産ワインを置き去りにして、後ろ髪をひかれながら、泣く泣く荷物検査の列にならんだのであった。

あのワインは今頃どうなっているのだろう。

せめて誰かが飲んでくれているといいけれど。。。。

日本発の飛行機も同じような規制があるらしい。海外の皆さんは、日本酒のお土産は、当分は期待しないほうがよさそうだ。

|

« 22歳の別れ | トップページ | 春爛漫 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6542/14868304

この記事へのトラックバック一覧です: ワイン没収:

« 22歳の別れ | トップページ | 春爛漫 »