« MITエンタープライズフォーラム | Main | 呼吸法と瞑想 »

新歓コンパ

研究室の新歓コンパ。
芸を仕込んでくるようにと先輩から言われていたラボ新人の4年生5名と韓国からの留学生1名に、新人というには落ち着きすぎているリサーチフェロー1名の計7名を迎えてのこと。この研究室のますますのパワーアップが期待される。

まずは、先生の紹介ビデオに続き、「ハレンチ」という、かなり昔にはやった言葉で、この研究室でのみ今もはやっている言葉を具体的な事例に基づき説明。その後、先輩(M1)が、研究室でのストイックな1年間を紹介。彼は、今年の元旦は研究室で一人で迎えたくらいにストイックな生活を送っているそうだ。

新人の挨拶と芸披露の時間。韓国からの留学生は、兵役の話や韓国での「合コン」の話など、いろいろと話してくれた。円周率の100桁や般若心経の暗誦といったマジメな出し物から、酒の席でだけ通用する「マジック」や「スプーン曲げ」の実演、ギター演奏にいたるまで、どれもそれぞれにすばらしかった。タイから14歳のときに国費留学生として来日した学生の話には、日本の若者には決してみられない姿勢がみられ、また、日本に対する見方、彼の日本での体験談も、我が身を振り返るきっかけとなった。日本人は自己中心的な国民になってしまっているのかもしれない。

20人足らずの中に、双子の兄弟を持つ学生が3人。かなりの高率。
優秀な若い人たちが集まるところには、一種独特のエネルギーが生まれる。彼らはみな、世間でいうところの「勝ち組」でこれまでの人生を送ってきている。恵まれた資質と環境がなければ、このような人たちは生まれない。エリート教育には、日本では忘れ去られてしまったような概念「noblesse oblige」(高い身分に伴う義務)をたたきこむことが必要だろう。

エリートには、エリートでなければなしえないことがある。才能に恵まれた人は、そうでない人には決してできないことができる。努力次第とよくいわれるが、「努力できる力」というものも、たぶんある。そして、誰にでも何かの力がある。それを惜しみなく、てらいなく出していける社会は、きっととても生きやすいだろうと思う。


|

« MITエンタープライズフォーラム | Main | 呼吸法と瞑想 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 新歓コンパ:

« MITエンタープライズフォーラム | Main | 呼吸法と瞑想 »