« 本ができてきました! | Main | 大学時代の友に会う »

空き缶衛星の読者

View image

空き缶衛星の本は、とても可愛らしくてうれしいのだけれど、近所の本屋には売っていない。
「科学、テクノロジー」というところに振り分けられるらしい。そういう売り場に足が向く読者層はやはり限られる。

私としては、科学技術と無縁の、普通の女性にこそ読んでほしいと思っているのである。
雑誌にとりあげてもらったが、それは理系向けの「ダイム」であって、アンアンでもハナコでもなかった。
当然といえば当然か。テレビドラマにでもなると、少しは関心が高まるだろうか。

私がいちばん伝えたかったのは、人間の持つシナジーであり、ダイナミズムであり、全員がシンクロするときの凝縮したエネルギーの発露である。それは、分野が違っても、やっていることが違っても、その体験を持つ誰もが共感できることだろうと思う。

いつもの信念に戻ろう。
「それが本当に大事なことで、やるべきことだったら、道は必ず開かれる」

オーレイ!


|

« 本ができてきました! | Main | 大学時代の友に会う »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

ネコヤナギさん

ありがとうございます。この表紙は、内田さんという魚釣りイラストレーター(?)につくっていただいたものです。
http://www.uchida-fish.jp/
また、ご感想などお聞かせいただけると幸いです。

Posted by: Rei | 2004.09.06 11:40 AM

アマゾンで100位以内だったので、興味を持ちました。
とても可愛い表紙ですよね。
読んでみたいなぁと思いました。

Posted by: neko | 2004.09.06 03:12 AM

ありがとうございます。
「一気に読んだ」という感想をいただくことが多くて、嬉しいです。ぜひ、今度はネバダの砂漠でお会いしましょう!

Posted by: Rei Kawashima | 2004.06.29 11:32 PM

研究室で注文していた「上がれ! 空き缶衛星」が今日届きました。一気に読んでしまいました。
登場する学生・先生たちを知っていることもあり、また、九大も翌年から同じ体験をしたこともあり、自然と感情移入して読みました。
「メーカに『宇宙で使う』と言ってはいけない」とか「立派な梱包のダンボールに、ちょこっとジャイロが入っているM製作所」などのエピソードは、当方でも思い当たるふしがあり、笑えました。

Posted by: ごんざぶろう(平山@九大) | 2004.06.29 10:53 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 空き缶衛星の読者:

» 「上がれ! 空き缶衛星」 [ごんざぶログ]
「上がれ! 空き缶衛星」 川島レイ 著,新潮社,1260円 「日本で初めてジュー [Read More]

Tracked on 2004.06.21 10:51 AM

» 上がれ!空き缶衛星 [覚え書き@kazuhi.to]
発売からは既にだいぶ日が経ってしまったけれど、まだ紹介していなかったので川島レイ... [Read More]

Tracked on 2004.09.26 12:45 AM

« 本ができてきました! | Main | 大学時代の友に会う »