« 空き缶衛星の感想文 | Main | メンタリング合宿 »

六本木ヒルズの美術館

六本木ヒルズでのこと。
映画「ディープブルー」を見る予定だったが、時間がうまくあわなくて、展望階へいってみることにした。美術館とセットで1800円。

展望階からの眺めはやはりなかなか。車が1センチくらいに見える。それにしてもビルだらけ、家だらけ。こんな狭いところにこれだけたくさんの人が住むというのは、それだけですごいことだ。

数年前に来日したアメリカの未来学者が、新宿の高層ビルからの眺めをみて、「こんなにたくさんの人がちゃんと住んでいるなんて、人類はすごい」と言っていたのをふと思い出す。

美術館は、現代美術の催し。「モダンってなに?」と題するニューヨーク近代美術館展。

さまざまな現代アートを堪能。ムンクやウォーホルくらいは名前を知っているが、ほとんどが私には初めてのもの。
死体とみまがう作品や、カンバスいっぱいに青をぬってあるだけの作品など、うーむと思いながら、ひとつひとつ楽しみに見た。その中で、ある作品がとても印象に残った。

キューバ生まれのアメリカ人、Felix Gonzalez Torres の作品だ。
部屋の片隅に、キャンディの山が作られている。赤、銀、青のセロファンで包まれたキャンディが、文字通り山積みになっているのだ。タイトルは「Untitled USA Today」そして、「Endless supply」「Please take one」と書いてある。

作者は1957年生まれで1996年になくなっている。そして、この作品は1990年のもの。

なぜこの作品が印象に残ったのか。たぶん、理由は二つある。
ひとつは、作者が亡くなっても、「永遠に補充されて」作品が残っていくという作品を作ったことのすごさ。もうひとつは、見る人がキャンディをひとつとることで、作品はどんどん変容していくという、「時の流れによる変化」を体現していることのすごさ。しかも、キャンディをひとつもらうときに、その人は完全に作品の一部になるのである。

今、迷っていることがあるのだが、この作品に解決のヒントがあるような気がしてきた。

|

« 空き缶衛星の感想文 | Main | メンタリング合宿 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 六本木ヒルズの美術館:

« 空き缶衛星の感想文 | Main | メンタリング合宿 »