« みたま祭り | Main | 気象衛星の画像 »

猛暑襲来

本日、都心では気温が39.5度という猛暑。
これまでの最高気温39.1度(1994年8月3日)を更新したそうだ。
駅から歩くほんの10分足らずの間、熱中症になりそうだった。

凍らせたペットボトルのお茶をもって歩いているのだが、あっというまにとけていく。
暑いと、なんでも融けていく。

熱気は、固まったものをとかすのに役立つ。
猛暑襲来は、そんな単純なことを思い出させてくれる。

昨日、UNISECの総会を東大の山上会館で行った。
学生さんの熱気とやる気で、総会は滞りなく、活動報告会は熱のこもったものばかりで、懇親会はおおいに盛り上がった。うまく回り始めたような感じがしている。回り始めると、上昇気流にものりやすい。

学生さんの熱気で、変えられないと思い込んでいるところが、どんどんとけていき、スムーズに流れるようになったらいいと思う。

しかし、たぶん、一番の問題は、ずっと冷房のきいた快適なビルの中にいて、そういった暑さ・熱さに気づくことのない人たちが重要なことを決めている、ということなのかもしれない。彼らを、熱気の中に引きずり出すにはどうしたらいいのだろう。一度とけてみるのが大事だと気づいてもらうにはどうしたらいいのだろう。

ほかの人を変えるのはとても難しいことだから、まずは自分がとけてみることだろう。自分の中にあるたくさんの枠やら壁やら「常識」やら。まずはそこからとかしてみよう。新たな地平が見えてくるかもしれない。


|

« みたま祭り | Main | 気象衛星の画像 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

そうですねー。でも、冷やしラーメンも好きです。

Posted by: Rei Kawashima | 2004.07.20 10:02 PM






暑いときこそ暑いラーメン

これが基本ですよね?(笑

Posted by: 暑いときこそ | 2004.07.20 04:49 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 猛暑襲来:

« みたま祭り | Main | 気象衛星の画像 »