« 祝!駒大苫小牧 | Main | エルミタージュ »

雨の日曜のシタール

雨が降って寒かった日曜日、大阪へ出かけた。
東京は寒かったので、厚手の長袖を持って新幹線に乗ったのだが、降りてびっくり、こちらは蒸し暑い。太陽もかいまみえている。天気予報では台風だったけれど。

この一週間は、ストレスフルだった。睡眠不足のままに次々としなければならないことがあって、消耗した。

締め切り直前の仕事の目鼻をつけたところで、新幹線の時間。一本乗り遅れたおかげで、15分ほど、本屋でぶらぶらする時間ができた。こういう「間」が、大げさでなく、命を救ってくれるのかもしれない。もっといえば、乗り遅れたということに腹を立てるのでなく、「間」をいただけてよかったと思える心持ちが、寿命を長くしてくれるように思う。

シタールのレッスン。
ビンパラシという、遅い午後に演奏されるラーガ。
インド音楽は、「時」を体現するものであり、朝のラーガ、昼のラーガ、夜のラーガ、深夜のラーガ、というように、ひくべき時間帯が決まっている。シタリストは、「時の体現者」なのである。

残念ながら、私がひけるのは、夜のラーガと遅い午後のラーガのみ。つまり、他の時間帯には演奏できないということである。インド人でも、このことを知っている人はあまり多くないという。

夢中になってひいていると、ストレスが少しずつほぐれてくる。
タブラ奏者が途中から来て、加わる。呼吸をあわせるのがけっこう難しい。自分がひくのに精一杯だと、相手を思いやるゆとりがもてないように思い込んでしまっている自分を発見。ここでも「間」がとても大事。

「間」は、意識して持つものなのか、自然にできるものなのか。
自然にできている「間」をわざわざつぶして暮らしているような気もしないでもない。

スローライフという言葉がはやっている。
いまのところ、それを実践できそうにはないのだが、5分や10分の「間」をじっくりと味わうことくらいならできそうだ。

小さなところからはじめたい。
「間」を大切にする生活。

生きることは、楽しいこと。
いつも、そんなふうに感じながら生きたいものである。


|

« 祝!駒大苫小牧 | Main | エルミタージュ »

「シタール」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6542/1316370

Listed below are links to weblogs that reference 雨の日曜のシタール:

« 祝!駒大苫小牧 | Main | エルミタージュ »