« カラス | Main | 祝!駒大苫小牧 »

北海道からの電話

本日、けっこう暑い。
部屋は西日がさんさんとふりそそぐ、太陽の恵みが豊かな場所なので、午後は暑い。
昨日締め切りのビジネスプランをやっと終え、今日は別の仕事の締め切り。

涼しい北海道へ飛んで、登別へ。大学時代の旧友たちとの再会。久しぶりの本場北海道の珍味においしいお酒。楽しい語らいに露天風呂。ああ、ほんとうに生きててよかった。。。。

ああ。
本当は今日は、そういう日になるはずだった。しかしそうはなっていない。そうではない道を私は歩いてしまった。昨日書いたとおり、「本当は・・はず」なら、そうなるように仕事を調整していたはずなのだ。

26日にビジネスプランの審査会と発表会がある。準備のために、この週末はどうしてもあけておきたかった。しかし、そういうこととは無関係にかぜもひいてしまって、どこかへ行くどころではない。やはり、今回は行かないことになっていたのだ、と思えてしまう。

いまごろ、みんなで懐かしい北大構内のドライブのあと、登別に着いて、一風呂浴びているに違いない。北海道は涼しいだろうなあ。みんなで食べるごはんはおいしいだろうなあ。豪快な登別温泉は疲れを癒してくれるだろうなあ。ああ、いいなあ。楽しそうだなあ。

夜11時くらいだったろうか。電話が鳴った。
盛り上がってできあがっている友人たちからだ。懐かしい声。
その場の楽しい雰囲気がそのまま伝わってくる。

人生のどこかでいっしょだった人たちと、時を経て会う楽しみ。
そんな楽しみを持てることの幸せ。

やはり、健康で長生きしようと心に誓うのであった。
まずは、風邪を治そう。

|

« カラス | Main | 祝!駒大苫小牧 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

レイランドへいらっしゃいませ。お久しぶりです。
拙著をお読みいただき、ありがとうございます。理系でなくてもすんなり読める本になったのは、編集者のご尽力によるところが大きいです。「これは何?」ということを何度も聞いていただいているうちに、だんだんわかりやすい本になっていったみたいです。著者としては私の名前しか出ていないのですが、この本は、学生さんや先生をはじめとして、編集者や校閲者の方など、多くの方々といっしょに作ってできあがったもので、本当に感謝してもしきれません。次の本も心をこめて書きますので、期待してくださいね。

Posted by: Rei Kawashima | 2004.08.25 02:59 AM

『上がれ空き缶衛星』の書評を毎日新聞で読んでとても興味を持ったのですが、恥ずかしながらそのときは、著者が川島さんだとは気付きませんでした。
 Y氏より驚愕の事実を知り、駒大苫小牧優勝の興奮覚めやらぬ中さっそく拝読。一気に読み上げました。
 随所に見られるユーモアや、川島さんの学生達への暖かいまなざしが心地よく感じられ、そして何より理系の知識のほとんどない私
のような者でもすんなり読めるという文章力に感服しました。
 まずは、親に似ず理工系に興味を持っている息子に読ませ、それから周囲にも薦めようと思っています。
 これからもご活躍なされるよう、応援しています。
 

Posted by: 元同窓生 | 2004.08.25 01:33 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 北海道からの電話:

« カラス | Main | 祝!駒大苫小牧 »