« 地震と宇宙開発 | Main | きつねとたぬき »

健康は気から

右足の親指の爪のところに、「ひょうそう」ができてしまった。化膿して黄色くなり、痛い。とりあえず病院で抗生物質と化膿止めの塗り薬をもらった。

日ごろ、抗生物質どころか薬というものはまず飲まない。しかし、足の切開手術をするよりはましだと思って、我慢して飲むことにした。切開手術の様子を事細かに教えてくれた親切な(?)友人のおかげだ。

この抗生物質は、ばい菌をたたくだけでなく、腸などの菌もいっしょにたたいてしまうので、下痢などの副作用があると説明された。抵抗力が落ちているので、菌が悪さをしてしまい、それをたたくために飲んだ薬が、体のバランスを壊してしまう。そんな図が描けてしまうが、それではなんとも寒い。

違う図を描いてみよう。
体がバランスを欲していたので、足の指にサインを送ってくれた。それでバランスをとるために、いろいろと調整している。親切な薬剤師さんの説明も、抗生物質も、その副作用も、みんなバランスをとるために必要なことだった。もうじき私の体は健康なバランスを取り戻す。

うん、これなら元気になれそうだ。
病は気からというからには、健康も気からなのだろう。足が治ったらできる楽しいことをたくさん考えよう。

|

« 地震と宇宙開発 | Main | きつねとたぬき »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 健康は気から:

« 地震と宇宙開発 | Main | きつねとたぬき »