« スロークリスマス | Main | キューブサット物語 »

寄席

お正月に寄席。
上野の鈴本へ。恥ずかしながら初体験。
ちょっとした偶然で、前から二列目のチケットを頂いたので、ありがたく出かけた。
こんなお正月も悪くない。わくわくして出かける。天気もすばらしくよく、太陽がにこにこしている。

テレビでしか見たことのない芸人が、すぐそこで話している。お正月だからといって踊ったりもする。それぞれに個性的な芸が次から次へと出てくる。ここまで自在に芸ができるようになるまでに、どのくらいの修行を積んできたのかと思う。江戸の文化はすごいと感心する。

二楽の「紙切り」芸には驚嘆。客席からお題をもらって、それをその場で紙とはさみを使って表現する。最前列にすわっていた小学生くらいの男の子が「縄跳びをするニワトリ」のリクエスト。
二楽は困った顔をしながら、おしゃべりをしながら、紙を切っていく。そして見事にそれを表現した切り絵ができあがった。

トリは小朝さん。さすがの貫禄。

こんな世界があったのだと、正月早々、初体験の感激。
「またきてくださいね。でも、毎日くるとバカになりますよ」とまじめな顔で言う芸人さん。

演芸場など、すぐそこにあってほんの3000円で行けるのに、なぜか敷居が高かった。今まで私にとって、そこはアメリカよりも遠いところだったらしい。下手をすると宇宙よりも遠かったかもしれないことに気づく。

距離というのは、心が作るものなのかもしれない。

笑うと免疫力が高まるという。
笑いで始まった2005年。
今年はどんな素敵なことが起こるだろう。

世界中の人たちに素敵なことが起こりますように。
笑って過ごせる日々でありますように。

|

« スロークリスマス | Main | キューブサット物語 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 寄席:

« スロークリスマス | Main | キューブサット物語 »