« キューブサット物語 | Main | 北大CAMUIロケット »

東北大学雪景色

仙台へ。意外に近い。上野からほんの一時間半ちょっと。
東北大学工学部の生協書籍部の方が、講演会を企画してくださった。

少し早めに着いて、UNISECメンバーの吉田研究室見学。広々として美しい研究室にびっくり。このような環境のよいところで学んでいる学生もいるのだ。たぶん、本人たちはそれほど恵まれているとは思っていないだろうけれど。

しかし、これはつい最近のことで、この間までは狭い研究室だったし、学生も六人しかいなかったと笑う助手の中西さん。彼もまた、ついこの間までは学生だった。この研究室では、ローバーとマニピュレーターと天体観測用の衛星という三本の研究を並列で走らせている。修士の1年生は今年から急激に増えて、9人いるそうだ。

東北大学のキャンパスは、山の上にあるので、仙台駅前とは天候が違う。駅前で雨だったら、大学では雪なのだそうだ。この日も、雪がちらついていた。キャンパスに雪。懐かしい光景だ。

吉田研の学生で、二年連続でARLISS実験に参加された三輪章子さんにも発表を一部担当していただいた。彼女の真摯な姿勢が垣間見えて、なんとも頼もしい限り。こじんまりとした集まりながら、内容としては盛り上がった、と思う。

恥ずかしながら、拙著にサインをする。いつも、「あなたの○○にCANパイ!」と書かせていただく。○○には、たとえば「人生」だったり「未来」だったり「情熱」だったり、いろいろな言葉を希望に応じて入れる。

東北美人の女性がいらしていた。石丸環さんとおっしゃる。彼女の○○を聞いて、私はちょっと感動した。
「東北大機械系」を入れてほしいとおっしゃる。「あなた自身のことを言ってくださいな」といっても、「ぜひ、それをいれてほしいんです」とおっしゃるのだ。

彼女は、機械系の系長秘書なのだそうだが、系長の熱意にほだされて、土日返上で「東北大機械系」のために働いているのだという。優秀な学生に入ってほしい、優秀な人材に育ってほしい。彼女の願いはシンプル。

自分のことしか考えない風潮がある中で、こういう人の存在は大きい。東北大機械系は、なんと人材に恵まれたことだろう。きっと、そういう人をひきつける力のある人がいるのだろう。

講演会の後、数人で牛タンを食べながらおしゃべり。そうして、最終の新幹線で東京へ戻る。
ほんの半日のこととは思えないくらいの収穫。

東北大機械系の未来にCANパイ!

|

« キューブサット物語 | Main | 北大CAMUIロケット »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

宇宙」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 東北大学雪景色:

« キューブサット物語 | Main | 北大CAMUIロケット »