« February 2005 | Main | April 2005 »

13万個の銀河

世界で一番遠くを見ている天文学者が日本にいる。東北大学の谷口義明先生。宇宙作家クラブの3月例会の講師として仙台からいらしてくださった。場所は六本木のエクスナレッジ。最近は、ここのご好意で場所をご提供いただいている。ありがたいことだ。

生まれたての銀河を探して」(裳華房)というご著書の表紙がなかなか素敵。ご本人の顔がイラストになっているのだが、実によく似ている。

午前中の用事が長引いて、私は少々遅刻。おもしろいところを聞き逃したかと思いきや、終了間際に話は佳境に入り、30分近く延長。

宇宙にあるハッブル望遠鏡とかハワイにあるすばる望遠鏡を使って、遠い遠い宇宙を研究しておられる。銀河の数は13万。ちょっとした町の人口よりも多い銀河がこの宇宙には存在しているのだという。当然のことながら、何億光年というスケールのことが普通のことのように語られる。

ハワイ島の山のてっぺんに作った望遠鏡は、夏は天の川が邪魔をして、冬は雨が多くて、深宇宙観測には不向きらしいが、それを乗り越えて成果をあげておられる。天気頼みの中、「踊る大望遠鏡事件」だの「回る大望遠鏡事件」だのという、接触不良や老朽化による不具合とも戦い、薄い酸素の中で観測を続けておられる先生の表情は明るい。

「3月に道路工事をする人たち」の気持ちがやけにわかるような気がする今日このごろ、こんな遥かな宇宙のお話をうかがえるのは嬉しい。

13万個も銀河があるのでは、一つ一つ研究する気にならないだろう。いや、一つ一つ研究すれば、13万人の雇用につながるのではないだろうか、などとつい考えてしまう。浮世の垢で目は曇り勝ちで、発想は偏り勝ち。しばしの間、遠い宇宙に思いを馳せてみよう。

先生の趣味は園芸だそうだ。遠くの星を見つめていると、足元の地球の土が恋しくなるのだろうか。私たちがいる銀河はとっても小さいものなのだそうだ。その中のちっぽけな太陽系、その小さな太陽の周りをくるくる回っている地球。その上にへばりついている小さな私たち。しかし、その私たちの頭は、13万個の銀河が入ってしまうほど大きい。

私たち。なんと不思議で愛しい存在であることだろう。

春がきて、チューリップの球根が芽吹き始めている。オランダから飛行機でお持ち帰りいただいた球根だ。小さな生命がそこかしこにあふれている私たちの地球。足元の土も遠くの銀河の星も、同じようなものでできているのかもしれない。

少しの間、浮世を忘れて、13万の銀河の間を飛び回ってみよう。
目を閉じれば、すぐそこに深宇宙。いつも、心は自由に飛べる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

キューブサット物語発刊!

「キューブサット物語」がめでたく発刊された。
オンライン書店でも取り扱っていただいている。

アマゾンでは、4-6週間待ち、と書いてある。出版社に聞いたら、数十冊はいっているはずだそうだ。ということは、そんなにたくさんの方がすでに予約購入してくださっている、ということなのだろうか。ありがたいことである。

bk1をチェックしてみた。24時間以内に発送と、こちらは出た。

送料を払いたくない向きには、クロネコヤマトのブックサービスがよさそう。カードで支払えば送料は無料。さすがに宅急便が本業のところは強い。「キューブサット物語」も「上がれ!空き缶衛星」も1500円未満なので、アマゾンでもbk1でも送料がかかってしまうとお叱りを頂いていたが、これからはクロネコヤマトをご紹介することにしよう。

オンライン本屋さんでもこれだけいろいろあって、消費者が選ぶことができる。そういうところでは、競争力が働いて、サービスがどんどんよくなっていく。真剣な努力と工夫をするところだけが生き残っていける。

それは、どこの世界でもきっと同じ。
安心して胡坐をかいていたらダメになる。毎日新しい気持ちで精進しよう。
日々新たに生き直すことができる世界では、退屈するなんてありえない。毎日が新しくて、楽しい。


| | Comments (2) | TrackBack (5)

るんるんアヒルさんのオルガン

横浜のるんるんアヒルさんの家へお邪魔した。
もともとは、この方のお連れ合い様と知り合いだったのだが、るんるんアヒルさんともとても仲良しになった。数名のお客様をお呼びしてあるとのことで、ついでに呼んでいただいた。ご夫婦でお酒が大好き、オルガンが大好きというおしどり(アヒル?)夫婦の家は、チェンバロなどの楽器たちが一番よい部屋を占領している。

るんるんアヒルさんは、職業が「オルガニスト」。教会などにある、あの大きなパイプオルガンの演奏家である。実は私はあの音色が大好きで、自分がオルガニストになりたいと真剣に考えたこともあるくらいなのである。が、今はシタール一筋(というのも恥ずかしい練習量であるが)で、オルガンはもっぱら聴いて楽しむ。

彼のほうは、職業は重厚長大企業の管理職。社会活動も盛んにやっておられる。こんなにマジメに二足のわらじを履いたら、疲れるのではないかと思うくらいの真摯な方である。

二人のお酒好きは徹底していて、田植えから仕込みまで参加する酒造りをやっておられる。そのお酒はたいそう贅沢に作られているそうで、とてもおいしい。大きな冷蔵庫を最近購入されたとのことだが、すべては酒のため、だそうである。ちらりとのぞいてみたら、本来であれば野菜が並べられるはずの大きな引き出しに、お酒がところ狭しと貯蔵されていた。

いらしていたお客様の中に、「アル中」に通学中の方がいらした。アル中の学校とはいかに?
正式名称を神田和泉屋学園という。神田和泉屋は有名な酒屋さんで、そこのご主人がお酒の学校を作ったそうだ。幼稚園が併設されていて、そこではおかみさんを先生とする、酒のつまみの料理教室も開かれているとか。「学校」なので、遠足に修学旅行もあり、もちろん酒蔵を訪ねる旅となる。なんとも楽しそうではないか。

彼女が作ってきてくれたつまみが絶品。豆腐のムースとレンコンの明太子和え。豆腐のムースは、オリーブオイルでかりっと焼いたフランスパンにたっぷりつけていただいた。

るんるんアヒルさんも料理は上手。麗しい音楽を奏でる指は、おいしい料理をも作り出す。五感を研ぎ澄まして、ますます芸には磨きがかかるのだろう。もちろんチェンバロも弾いてくださって、一同うっとり聞きほれる。アルコールが入って、まずダメになるのは足なのだそうだ。そういえば、千鳥足はあっても、千鳥手はない。

休日に友を訪ねる。新しい出会いに、世界がまた広がる。
知らない世界がたくさんあって、それぞれに別の楽しみがある。

こんな場を作ってくださったアヒルさん夫妻に感謝!


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Think the Earth

地球を考える活動を展開しているNPOがある。Think the Earth というダイレクトな名前がついている。ここで売っている時計が素敵だ。宇宙飛行士が地球を見るがごとくに腕の上で地球が回ることで時間がわかる仕組み。

「宇宙の視点」ということをとても大切に思っている私は、この活動にずっと興味があった。上田壮一さんは、この活動に深く関わっておられる。一度、あるワークショップでお会いしたことがあり、ほんの少しだけお話をした。もう少しお話したいと思っていたところ、ひょんなご縁がつながって、なんと、割烹レイランドにお越しいただけることになった。

紹介者と、そのまた紹介者を入れて3名のお客様をお迎えする。

メニューはやはり鍋。カニをいれて寄せ鍋風。
前菜には、ホタテとグレープフルーツのサラダと生春巻きの手巻風。
そうしてゆっくりお鍋を頂きながらおしゃべりをする。楽しい時間。

リラックスして雑談しているときにこそ、本当のコミュニケーションが生まれる・・・ような気がする。鎧もかぶとも脱ぎ捨てて、生の自分になって出てくる言葉。思いがけない言葉が出てくる。そこから生まれる未来はきっとホンモノだ。

デザートに杏仁豆腐イチゴ添え。この組み合わせは意外においしい。最近は味のよい杏仁豆腐が市販されているので嬉しい。お茶を頂いて、一休み。

それから、おみやげに頂いたディープレッドのワインをあけて、これまたおみやげのおいしいチーズを切る。お話はこのあたりから佳境に入る。

ひとときのご縁だけれど、このご縁はつながって、深まって、広がって、素敵なことが起こりそうな予感。

有縁千里来相会、無縁対面不相逢。
中国のことわざ。縁があれば、千里離れていても会えるが、縁がなければ向かい合わせにいても会うことはない、という意味。そういうことはよくある。

素敵なご縁を運んでくださったご縁に感謝をこめて。

Think the Earh. 地球を見よう、考えよう。それを慈しもう。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

刷りたてのキューブサット物語

「キューブサット物語」の見本ができてきた。
発売は23日だが、先に少しだけ送っていただいた。最初にページをめくるときのドキドキ。読者の皆様より先に本を手にできるのは著者の役得。ちょっと快感。

おかげさまでいい感じに仕上がっているように見える。表紙は紺。帯は銀。帯には二つのキューブサットのカラー写真が載っている。帯は、水色にするという案もあった。水色バージョンも別の味わいがあって、悪くなかった。手元にある「幻の水色の帯」バージョンは大事にとっておこう。

カバーをはずした表紙がまたいい。原寸大のキューブサットの設計図。編集者のアイディアで、原寸大のキューブサットをいれようということになった。設計図は東大中須賀研と東工大松永研からご提供いただいた。松永研のキューブサットは、立方体に四本足がついている。分離機構の設計段階でこういうデザインになったそうだ。中須賀研のは、真四角。こちらの分離機構は足が必要なかった。両者の設計思想の違いがくっきりとわかる。

それにしても、小さい衛星だ。こんな小さい「子」が遠い宇宙へ行って、一人で一生懸命電波を出して地球の私たちと交信しているなんて、信じられない。太陽フレアにもまけず、けなげに一生懸命生きているキューブサットたち。もうそれだけで私など感動してしまうのである。

今回の本は写真満載。
一枚一枚に思い出があるであろう写真。他人にとっては、ただのスナップ写真かもしれないが、写っている本人にとっては何よりも重要な一枚かもしれない。

がんばって成功するより、楽して成功するほうが価値があるような世の中の風潮があるけれど、写真一枚から思い起こされる感情の量、すなわち個人にとっての感動の重みを比較すれば、どちらに価値があるかは明らかであろう。そして、がんばれる環境、がんばりたいと思える目標、がんばれる力、ともにがんばる仲間を持ちえた人は、結果に関係なく、幸せだといっていいと思う。

そういう幸せな人がどんどん増えていくといい。幸福の総量には上限はないし、ゼロサムゲームでもない。未来はいつも閉鎖系ではなく、開放系で考えたい。100人いれば100人の、1億人いれば1億人分の幸せがあるはずだ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

大樹町ロケット打ち上げ

北海道の帯広近くに大樹町というところがあって、そこでこの週末に、ロケット打ち上げ実証実験が行われた。

北大のCAMUIロケット、東海大のハイブリッドロケットが打ち上げ。CAMUIロケットには北海道工大が製作したCanSatも搭載されていた。北大は12日に、東海大は13日にそれぞれ飛翔成功。カンサット実験もうまくいったらしい。雪が多くてちょっと大変だったらしいが、事故もなく無事に皆さんご帰還の様子。

近くに晩成温泉という温泉があって、そこに泊り込んで作業する。前夜は徹夜状態だったろう。温泉地には似つかわしくない異様な作業集団だったのではないかと思う。

直前まで調整にあけくれ、どきどきして打ち上げの瞬間を待つ。打ち上げて終わりではない。パラシュートで回収するまでの、一つ一つのシーケンスのどこで失敗するかわからない。うまくいってくれと開発者たちは祈るような気持ちでそこにいただろう。その場にいない私までどきどきしてくるから不思議。

寒冷地での打ち上げは、バッテリーがあがりやすいから不利なのかもしれないが、ロシアでいともたやすくポンポンと上がっている(ように見える)ロケットがあるわけなので、寒冷地だからどうこうということはなさそうだ。技術力でなんとかなるのだろう。

晩成温泉は、「大器晩成」からの命名だそうだ。大樹町という名前は、そこからつけられたという。

大樹はゆっくりと、しかし、しっかりと着実に育っていく。大きな樹であればあるほど、「晩く成る」のだろう。
北の大地では伸びるときと寒さをこらえるときとがはっきりと分かれる。年輪がくっきりと樹木に刻み込まれるのだ。

ロケットもゆっくりと、しっかりと育って、いつか宇宙へ届くほどの大きな樹になるといい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

追いコン

新宿高層ビルにて追いコン。美しい夜景においしい料理。おしゃれな雰囲気の中でのこと。この研究室にしては珍しいリッチなセッティング。追われるほうの主役の一人はケニアに旅行中であったが、4名が無事卒業。そのうち3名が就職して研究室を離れる予定。今回の追いコンは3つの研究室が集まってのことで、なかなか壮観。卒業生も多数参加。

プレゼント贈呈。後輩たちが先輩の進路や個性を考えて選定。もちろん、花束などではない。実用的なものが多い。時計とか枕とかはともかく、「納豆製造機」とはいかに。贈られたのは、ブラジルからの留学生。納豆が大好きで、日本で就職が決まっているが、彼は果たして納豆菌をいれて豆から納豆を作るだろうか。

「キューブサット物語」の登場人物(すでに私の中では俳優化しているかも。マズイ)もたくさん来ていて、テレビドラマに入り込んだ気分。彼らの物語にどっぷりつかっていたので、実在の「動く彼ら」に会うと、実に不思議な気分なのである。それぞれに成長して、一回り大きくなっているのが何とも頼もしい。

風邪をひいたことをブログで読んで知っているという方がいてくれて感激。しかし、この更新頻度ではちょっと申し訳ない。マイペースという言葉は、言い訳に使いたい言葉ではない。

学校のいいところは、よどむことなく人がいれかわることだろうか。ほんの数年しかいない私だが、もう何度も追い出しコンパと新歓コンパに出席。この年頃の方々の成長の速いことには驚かされる。顔つきが一年でこんなに変わるんだろうかというくらいに変わる。

成長著しい人たちに刺激を受けて、少し脳細胞に発奮してもらおう。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

風邪を楽しむ

週末は風邪としゃれこんだ。

・・とでも書かないと、あまりにかわいそう過ぎる週末であった。何ヶ月ぶりかでやっと手にした休日。美容院へ行こうか、美術館へ行こうか、何をしようかと楽しみにしていたのだが、午後からかなりの熱が出て、からだじゅうが痛い。これはもしやインフルエンザか?

とにかく布団に入る。体の裏側が「ハスキー」な痛み。太ももの裏、腰、背中、肩など、すべてが痛い。日ごろからぼんやりした頭が一段とぼんやりする。ああ、美術館まで歩いていける地の利があっても、体がこれでは・・・

いつもの魔法をかけてみる。言葉は言霊を持つから、けっこうこの魔法はきく。魔法は簡単にかけられる。
その魔法とは・・・・

「どうせAだからB」を「せっかくAだからC」というふうに言い換えてみるだけ。簡単で、一瞬でできる。Aの中身が悲惨であればあるほど、逆転のご褒美も大きい。そこには創意工夫が必要だけれど。

たとえば
「どうせ風邪をひいているから、寝ているしかない」というのを
「せっかく風邪をひいたから」と言い換えて、その後を考えるのである。

とはいっても相当ぼんやりした頭で考えるので、
「神様がくださったプレゼントと思って、一日中寝ていよう」
くらいしか出てこない。

とりあえず、何もしないことにしてひたすら眠る。そういえば、ここのところあまり寝ていなかったなあ。ありがたいことだ。風邪をひかなければ今日もたくさんしたいことがあったから、休むどころではなかっただろう。風邪をひいてよかったのかな。

二日間で30時間くらいは眠ったかもしれない。
峠は越えたから、あとはよくなるのを楽しみに待とう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ナノ・ジャスミン

天文台のジャスミン検討室の「反省会」に顔を出す。確か前はちゃんこ料理だった。今回はもんじゃ焼き。食べたものがタグになって、ミーティングの内容が整理されるという、なんとも自然の摂理に従った仕掛け。

位置天文学というなにやら難しげな学問領域に取り組むこのチーム、全員が「理学博士」の肩書きなのに、とても気さくで楽しくて、アタマのよさをひけらかすようなそぶりを見せたことがない。知らない人が見たら、ただのヨッパライ集団にしか見えないかもしれないのは、やはり「能ある鷹は爪を隠す」ということわざのとおりか。

この陽気な鷹軍団がもくろんでいるのは、しかし、相当にアンビシャスでチャレンジング。衛星を使って、星の距離を測るということらしいのだが、相当に精度をあげなければならないから、姿勢制御もかなりきっちりとやらなければならない。大きな衛星でやる前に、小さな衛星で試してみたい、経験を積みたいということで、大学衛星との接点ができた。もとの計画は、英語の計画名の頭文字をとってジャスミンと呼ばれていたから、小さな衛星を使う計画のほうはナノ・ジャスミンと呼んでいる。あと3年ほどで打ち上げの予定。

この軍団を率いるのは、郷田直輝氏。ムーミン風の笑顔の裏にどのような特殊能力が隠されているのか、はかりしれない。その郷田氏を超小型衛星を製作している研究室に引き合わせた「目利き」が小林行泰氏。2003年3月に六本木で行ったキューブサットシンポジウムに参加したことがきっかけだったという。あのオーガナイズは大変だったが楽しかった。土曜ワイド劇場に出ても違和感がなさそうな雰囲気をお持ちのこの方は、ひねもすのたりのたりかなのごとくにビールを飲みながら、しかし鋭いのである。さらに、京都からやってくる山田良透氏がまたいい味をかもし出す。細い目は眼光鋭いが、笑うと「人のよいお公家さん風」になる。

そして、「愛される運転手」の矢野太平氏。この方のキャラは漫画にしたいくらいかわいい。ちょうど1年前のこの日(3月1日)に、助手になられたそうで、一周年記念。アルコールが飲めない体質なので、常に運転手待遇。学生のころからずっと運転手で、たぶんこれから十年たっても二十年たっても、やはり皆様のための運転手をお努めになるのだろうなあと、ほほえましい未来がちらりと見える。新人研究員も加わったが、この方のキャラはまだ不明。

卒業設計でナノジャスミンを設計した四年生の二人に聞いてみた。
「この設計のまま、作って打ちあげていいですか?」
二人は大きくかぶりをふった。相当に難易度の高い衛星らしい。

天文台のほうでは望遠鏡をちゃくちゃくと試作しているという。郷田家の庭ではジャスミンの花を植えているという。
なにやらわかるようなわからないような話であるが、優秀な日本の天文学者たちの夢が美しく花開く日が早く来ますように。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2005 | Main | April 2005 »