« 男の子たちのロケット祭り | Main | Dice-k星からの使者 »

野菜畑

Think the Earth が主催している集まりに初参加。といっても、その前のミーティングが長引いて、参加は懇親会から。狂牛病の話は聞き損なってしまった。結論だけを他の参加者の方から聞くところによると、フグにあたるよりは少ない確率だが、まだ危ない・・・らしい。

懇親会の会場のレストランがとても素敵。
オーナーの奥様のご実家が農家で、そこでとれる野菜をふんだんに使った「村祭り風」の献立。もともとプロバンス風のお店だったそうだが、旬のほうれん草を使った白和えが山盛りになっているあたりがもうたまらない。味ももちろんだけれど、作り手の愛情が感じられて、本当においしく、楽しく頂いた。

そこで野菜も売られていて、買って帰る。家で料理して、またまたおいしく頂いた。市場で売れないものは農家では通常捨ててしまうそうなのだが、捨てられるところにもおいしいものがたくさんあるらしい。これはなにやら暗示的。

日ごろ捨て去ってしまっていることがいかに多いか。そして、その中に価値を見出す目利きがいかに少ないか。

ある人には不要なものが、別の人にはとても有用なものであることも少なくない。リサイクルセンターはそういうところから始まったのだろう。

今、ガラクタ整理にいそしんでいる。かつては大事だったけれど、今はそれほど大事ではないというものがかなりある。この作業がけっこう楽しいから不思議。片付けが一段落したら、快適生活が待っているに違いない。

|

« 男の子たちのロケット祭り | Main | Dice-k星からの使者 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 野菜畑:

» アメリカの食肉処理の現場で内部告発が続いている [BSE&食と感染症 つぶやきブログ]
昨年の、米国最大食肉加工企業のタイソン社労組の内部告発や農水省への陳情書提出、米国食肉検査官組合の告発などに引き続き、米国は内部告発が続いているようです。 ■(4/9)「米農務省はBSE秘匿の疑い」元食肉検査官が告発 http://health.nikkei.co.jp/bse/child.cfm?i=2005040904373bs&c=0 現地時間の4月12日に、カナダで公聴会と、プレスカンファレンスがあるそうです。 詳細は【笹山登生の掲示板】の発言[1... [Read More]

Tracked on 2005.04.26 09:57 AM

« 男の子たちのロケット祭り | Main | Dice-k星からの使者 »