« 追突事故 | Main | 100年後の未来 »

大型旧新人

新人が入ると、歓迎コンパが開かれる。新人は芸を見せるように言われる。ここで、どのような芸を見せるかは、実はかなり重要だ。なぜなら、キャラがそこで決定してしまう。キャラが決定すると、そのように周りが扱うので、本当にそういう人なのかどうかとは無関係に、そのようなキャラの人格ができあがっていくからである。

中須賀研究室の新歓コンパに参加。
今年も多芸多才な人材が集結。芸も達者だし、性格もよさそう。

歴代天皇の名をすべて暗記しているという歴史大好き青年には脱帽。歴史が好きだという人は多いが、彼のように、史実と天皇の名前がすぐに連関して思い起こせるという人は少ないだろう。こういう宇宙工学者が出てくるのもいい。

フレッシュ感は感じられない「大型旧新人」のS氏。戻ってきた理由がふるっている。

「戦闘機パイロットは、戦闘機に乗れなくなったからといって、輸送機のパイロットにはなれないんです。戦うために戻ってきました」

最初のカンサットのプロマネを経験し、キューブサットに最初から最後まで関わってきた彼の大学生活は、変化に満ちていたに違いない。毎日が新しいことへの挑戦。

高くそびえたつように見える壁を、しっかり見極めて、乗り越える。一瞬一瞬、全力を出してその場を生き抜き、同時に次の手を考える。己の能力をすべて使い切り、仲間と知恵を出し合い、最適な解を常に求め、迅速に行動する。

そんな「戦闘機乗り」のような生活を味わうと、決まりきった航路を飛ぶ「輸送機パイロット」の生活では満足できなくなるのかもしれない。

お金では買えないものは、確かにあるらしい。
皆さんのこれからの活躍がおおいに期待される。

|

« 追突事故 | Main | 100年後の未来 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 大型旧新人:

« 追突事故 | Main | 100年後の未来 »