« ホンダの飛行機 | Main | 桜祭りと宇宙の講演会 »

内之浦,開放か?

東海大でロケットを打ち上げているグループが日本航空宇宙学会で発表をした。大樹町での打ち上げ実験結果もいれて、よくまとまっていたプレゼンテーション資料は、実は前日の夜というよりは当日の朝にできあがったらしい。

その帰りにUNISECの事務所に寄ってもらって、いろいろおしゃべりをした。ここは、民間アパートの1階で、晴れた日には、2階に布団がほしてある。

来てくれたのは、修士2年の和田さん、学部4年の野畑さんと山本さん。
彼らの仲間同士の会話はまことにほほえましい。プロジェクトを通して、心から相手を認め合えた者同士だけができる、ずばずばしたやりとりは聞いていて気持ちがいい。

後輩の成長を目を細めて語る和田さんと、先輩はすごいと思いつつも、「いないほうがやりやすいです」と照れ隠しに言ってしまう後輩たち。その後輩たちは、すでに下の学年の学生から「いないほうがやりやすいです」といわれ始めているらしい。

一年の違いがプロジェクトでは圧倒的な差になるのがすごい。そして、プロジェクトを経験することが、「別人」のごとくに人を変えてしまうらしい。急激に成長する若者たちは、見ているこちらにまでエネルギーを伝えて、元気にしてくれる。

学生たちとJAXA理事の懇談会のようなものがあって、その中で出てきた「射場がほしい」という要望に、内之浦を開放してはどうかという案があるという。「前向きに検討して、来年くらいには」という話らしい。内之浦から学生ロケットが飛び立つ日がくるとはすばらしい。

宇宙開発の世界も、少しずつ変わり始めているのかもしれない。
よき未来を創るための道のひとつに、宇宙開発が数えられるようになったら、本物だろう。

|

« ホンダの飛行機 | Main | 桜祭りと宇宙の講演会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

宇宙」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 内之浦,開放か?:

« ホンダの飛行機 | Main | 桜祭りと宇宙の講演会 »