« インド料理で反省会 | Main | 大型旧新人 »

追突事故

ある学習塾が、保護者向けの雑誌を出すことになって、それにキューブサットを取り上げてくださることになった。巻頭はノーベル賞の小柴先生インタビューで、それをあけると、学生たちの衛星開発モノが出てくるらしい。光栄なことである。

その取材をお手伝いすることになって、本郷で取材をしてから相模原の宇宙研まで車で移動。滅多に車に乗ることはないうえに、絶好のドライブ日和でウキウキしていた。渋滞もなんのそので、同乗者たちと楽しくおしゃべり。

ガクンという衝撃。赤信号でこちらは停車しているところに、タクシーが追突してきた。こちらの車は高級ベンツで、運転していた方は、ちょっと目立つ体格。タクシーの運転手さんは震えている。お気の毒に。

同乗していたプロのカメラマンがおもむろにカメラを取り出して、現場撮影をする。ぶつけられたベンツは、同じところを修理したばかりだそうで、こちらはもっとお気の毒。

何もしていなくても、誰にも悪意がなくても、こういうことは起こる。ちょっとした間の悪さ、ちょっとした不注意で起こってしまう。怪我がなくてよかったけれど、ムチウチは後になって出てくるらしい。外傷はすぐにわかるけれど、見えない傷のほうがたちが悪い。

「今年は当たり年ですよ」などと、意味のない慰めの言葉をつぶやくけれど、こういうとき前向きになるのは難しい。

こちらは取材の時間もあるので、警察に行くのは後回しにして、相模原へ向かう。気持ちを切り替えるのも大切。ファミレスに入って、ちょっと気分転換をしてから、宇宙研に向かう。

取材は楽しかった。キューブサット開発者が三人就職しているので、一度にインタビュー。小学校時代の話など、こんなことでもなければ聞くこともない。三人三様の子供時代。そして、未来を語ってもらった。

衛星製作・打ち上げを通してみた宇宙工学の醍醐味は、「しびれる経験ができる」という一言に凝縮されるようだ。彼らの一言一言を、原稿に紡いでいく楽しみ。

いつか彼らが描く未来が現実になるときがくるといい。
たくさんの物語が生まれそうだ。

|

« インド料理で反省会 | Main | 大型旧新人 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 追突事故:

« インド料理で反省会 | Main | 大型旧新人 »