« キューブサット2歳の誕生日 | Main | 続・お誕生日のイベント »

お誕生日のイベント

6月30日。キューブサットの二回目の誕生日。

午前中は、「キューブサット物語」の編集者とともに、小さな集まりへ。オフレコでいろいろとお話させていただいた。編集者は、「人前で話すことはないので」、といいつつも、お話はわかりやすくて、好評だった。

彼の「この本を出したい」という想いを強く後押ししたのは、昨年のキューブサット一周年記念講演会」。このブログにも書いた記憶がある。学生たちの企画・運営で、アマチュア無線の方々や、キューブサットのためにアマチュア無線の資格を取ったという女性の方にもご講演いただいた。最近、こんなページも知った。詳細な情報と写真ですばらしい。他の記事もなかなか。人財はあちこちにいるらしい。

講演会の後で、東大の運用を公開したのだが、それを見て、「これはすごいかもしれない」と思われたとのこと。その時の実感が、たとえば編集会議で企画を通すときや、その後の「なかなか書かない著者」のお尻をたたくときにも、力になったのかもしれない。

彼がいなければ、こういう本にはならなかったと思う。キューブサットと誕生日が同じという編集者に出会えたのも、何かのご縁。ものごとがうまくいくとき、小さな縁があちこちに落ちているように思う。

いらしていただいた方たちに本をお配りするのだが、サインは編集者と私の二人で。こんなことはめったにないので、プレミアム本になるかも(?)

その後、「マリンクラブ」という素敵なレストランで、談笑しながらお食事。マリンクラブなのに、全員がお肉料理を食べてしまった・・・・。というようなささいなことは気にせずに、楽しい時間をすごせたことに感謝しよう。

午後3時から、中須賀研究室で「通常ミーティング」。研究室の向かいの教室に、いつものように集まった。

お誕生日のケーキを、S氏が準備していた。この日のために、銀座三越のケーキ屋さんで注文したという、豪華絢爛のイチゴとラズベリーのケーキは、ほっぺが落ちるほどおいしかった。

「ミーティングの配布資料を希望」している、不在の学生たちのために、切り分けられたケーキはアルミホイルにくるまれて冷蔵庫へ。

そのケーキ屋さんの名前はGIOTTO。S氏は、その名前が気に入ってそこにしたらしいのだが、残念ながら、彼よりほんの少し若い学生さんたちは、GIOTTOを知らない様子。

Wikipediaの説明によると、

「ジョット(giotto)またはジオットは、欧州宇宙機関(ESA)によって1985年7月2日に打ち上げられ、ハレー彗星に最接近した探査機。1301年に出現したハレー彗星をパドヴァのスクロヴェンニ礼拝堂の壁画のモチーフに描いたイタリアの画家ジョット・ディ・ボンドーネにちなみ命名された」

ということなので、この名前の由来は、700年前にさかのぼるらしい。

GIOTTOは、ハレー彗星の核に近づいて画像撮影してから、通信が途絶えてしまうのだが、4年後に再起動して復活し、別の彗星のデータを観測したという、不屈の衛星だ。

衛星のミッションは、人が与えている。しかし、そのミッションを超えたことを、成し遂げてしまう衛星がいる。たとえば、キューブサットは、本になることで、多くの人たちに「何か」を伝えているわけだが、それは与えられたミッションの範囲を超えている。ミッションを達成しようとがんばることで、何か考えもしていなかったことが起こる。

自分のミッションは何なのか。真剣に取り組むべきことは何なのか。それがわかったとき、人は何度でも生まれ変わることができるように思う。

Happy Birthday!!


|

« キューブサット2歳の誕生日 | Main | 続・お誕生日のイベント »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

宇宙」カテゴリの記事

キューブサット物語」カテゴリの記事

Comments

文月さん

コメントありがとうございます。
また、昨年の一周年記念講演会では、楽しいお話をありがとうございました。

また、遊びにいらしてくださいね。

Posted by: Rei | 2005.07.04 10:11 AM

キューブサットと同じ誕生日の編集者さん、
相変わらず「こだわり」を炸裂されているS氏、
そのS氏が選んだケーキ屋さんの名前、
そこのケーキがまあなんとおいしそうなこと、
GIOTTOは不屈の衛星だったってこと・・・、
本当に、小さなCubeSatの回りで、たくさんの素敵な「縁」が
連鎖されているのが、伝わってくる文章で、
読んでいるこっちまで、なんだかわくわくしてきました。
「キューブサット物語」も、ミッションを越えて、
どんな成果をみせてくれるのでしょう?
本となって散っていった種が、その先で、
どんな花を咲かせてくれるのか楽しみですね。
CubeSatは、あんなに小さくて、
そして、ただニコニコと地球のまわりを回っているだけなのに
(って、それがものすごいことなんだけど!)、
人の眠っていた才能を呼び覚ましたり、
見えなかった関係の糸を気付かせたりする、
不思議なパワーを持った物体(子供?)だな、
と2歳の誕生日にあたり、改めて感じさせられています。
Happy Birthday!!

Posted by: 文月 | 2005.07.03 10:23 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference お誕生日のイベント:

« キューブサット2歳の誕生日 | Main | 続・お誕生日のイベント »