« 小さな落下塔 | Main | UNISECな人材 »

もっと!ドラえもん

ドラえもんの雑誌がある。
もっと!ドラえもん」というタイトル。ドラえもんのフィギュアがついて、1380円。子供向けというわけではなく、ルビもふっていない。ドラえもんファンがこぞって購入するらしく、10万部の発行部数。

そんな雑誌に、学生の衛星開発の話を載せていただけるということになり、先日、ご担当者と打ち合わせ。衛星の話は、1,2ページでまとめることになった。編集企画はこれから。ネタはたくさんあるので、絞り込む作業が必要。

それ以外の話が大いに盛り上がり、そのうち「ドラえもん衛星」を打ち上げたらとか、ドラえもんレシーバーを作って、衛星からの電波を受けとれないかとか、想像の翼が大きく羽ばたいて、思考は一気に大気圏を脱出してしまった。

このキャラクターの力は大きい。ユニクロで作ってもらったドラえもんTシャツは、4月に売り出して、もう売り切れだというし、テレビの視聴率も映画の観客動員数も、常に安定している。ドラえもんは魅力的でかわいいし、登場人物も、悪人というものがいない。善意を基にして成り立つ社会が、そこにはある。意地悪や怠け癖があっても、悪意はない。

2112年生まれのドラえもん。ロボットを友達としてみる日本人ならではの発想。ここには、アシモフのロボット三原則とは全く軸を異にする世界観がある。

ドラえもんは、22世紀のお店で、いろんなものを買ってくる。ちょうど、秋葉原でいろんなものを買ってきて衛星を作るのに良く似ている。

秋葉原の部品は、すべて誰かが考えて作ったものだ。とすると、そのポケットから、人工衛星キットが出てくるようになるとすれば、誰かがそのキットをそれまでに作っていたということだ。

「この"クラシック人工衛星キット”は、100年以上昔に、日本の大学生たちが作ったんだよ」

いつか、ドラえもんがそういってくれる日がくるといい。

|

« 小さな落下塔 | Main | UNISECな人材 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference もっと!ドラえもん:

« 小さな落下塔 | Main | UNISECな人材 »