« UNISEC総会 | Main | 永久欠番 »

レイランドの夕べ

久しぶりに、レイランドでおもてなし。
いそいそとお買い物をして、台所に立つ。大量の食材を買い込んでいるので、何でも作れそう。大型冷蔵庫のおかげだ。

今日のお客様は学生さんばかり。
学生の中では、25歳ともなれば、りっぱな「シニア」。カンサットも、十代での参加が出てきたこともあり、コンペで25歳に近くなってくると、「シニアチーム」などといわれる。25歳が若いかどうかというのは母集団次第。すべては相対的なものらしい。

本日のお献立

ゆず豆腐とトマトのカナッペ
(このゆず豆腐、チーズのような味わいがあってなかなか)
手巻生春巻き
タイ風チキンサラダ
ニラ豆腐
ビーフの酢醤油漬け
エビとエリンギと赤ピーマンの中華風いためもの

ここで、梅ジャムいりヨーグルトシャーベットで中休み
(シャーベットが凍りすぎて、食べる人に自分で削り取ってもらう羽目に)

ジャガイモと豚肉とザーサイの炒め物
ご飯
梅干
コーヒー

日本茶
インド豆

さすがに若い男女はよく食べる。こんなにたくさんと思って作ったが、すべてきれいに食べてくれた。最後のご飯に梅干も、意外と好評。おいしいといって食べてもらった食材たちは、なんと幸せものだろう。

反省会も兼ねてと思っていたが、反省らしきものはまったくなく、楽しいお話ばかり。こういうのもいい。勢いがあるときは、前へ進んでおこう。高速道路ではとまったり急に曲がったりすると命にかかわる。道を信じて進むしかないのだ。

集まるネタには事欠かない。そして、集まりでは、そこに関係ないように見える人にいらしていただくといい。知らない人にわかるように話すことで、かなり論点は整理されるし、新しい風も吹き込む。

幸せな胃袋からは、幸せな未来が描かれる、と思う。
薄汚れた部屋で、まずいお茶をすすりながら議論して出てくる未来は、やっぱりそういう未来になるような気がする。

映画「地球交響曲」で拝見した佐藤初女さんの作るおにぎりは、映像なのに、おいしそうなにおいがした(ような気がした)。心がこもった料理には、確かに何かの力がある。佐藤さんの心づくしのほどのことはとてもできないけれど、私にできることを少しずつやっていこう。

|

« UNISEC総会 | Main | 永久欠番 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference レイランドの夕べ:

« UNISEC総会 | Main | 永久欠番 »