« August 2005 | Main | October 2005 »

天晴れ!東北大ローバー

ARLISSは無事に終了して、皆が帰国してきた。今回は参加していないため、いろいろな方の断片的な情報から、何があったのかを消化するのにちょっと時間がかかってしまった。UNISECのホームページ用の原稿は、参加した学生さんにまとめてもらっているところで、もう少し時間がかかりそう。

優勝したのは、東北大のローバー。記録は222メートル。
記録までニッコリ笑っているように見える。過去三年間にわたり、東北大チームは辛酸をなめてきた。パラシュートが開かずに、地上に激突したこともあったし、地上についてから動き出すはずが動かなかったり、毎回、自信作を持ち込んではうなだれて帰国していた。

それが、今年は、とうとう成功した。また、例年にない暴風も関係して、パラフォイル組の成績が伸びない中で、ローバーは圧倒的な強さを見せた。しかも、優勝記録を出したときは、一メートル先も見えないような砂嵐と大雨の中を、ローバー君は一人で走っていたのだという。「ノコノコ」という名前どおり、ノコノコとゴール目指して雨風の中をひた走ったローバー君は、見事であった。

実は、このローバーは、「幻の大記録」を一日目のフライトで作っている。目標地点に4.2メートルの近さまで寄ったのだという。しかし、このときは、ローバーがわだちに足をとられて動けなくなったときに、手で道をならしての走行だったので、記録としては認められなかった。

カムバックコンペが宇宙とどう関係するのか、よく聞かれる。これはもともと、惑星探査をするときに、衛星が自力で降りて、自力で目的地に行くということを想定している。

だから、カンサットは自力で方向を見つけ、移動しなければならない。ルールには明文化されていなかったために、わだちはならしてよいという一部の誤解もあったようである。

東北大の永谷先生からコメントをいただいた。能代コンペでローバーコンペの審査員をされた方だ。この春から東北大に赴任されたので、ARLISSは今年初めてのご参加。

昨年度の参加者から,暗黙のルールとして,ローバコンペでは,深いわだちをならして良いと聞いていました.今回,雨の後だったたようで,例年に無く非常に深いわだちがありました.我々がこの状況を想定していなかったため,製作したローバでは,これを踏破することが不可能であると考え,わだちをならしました.ルールが徹底されていなかったために起こった混乱と考えております.なお,コンペとしての可能性を残すために,ローバ自体に手を触れることは行いませんでした.

なお,ローバの耐久性や長距離走行性能を試すという意味では,想定外のわだちにかかって途中で終了という事態を避けたかったため,仮に「いかなる状況でも環境を変更してはいけない」というルールがあっても,手を出していたと思います.これは,いたたまれなくなって手を出すのではなく,積極的に,自分たちのローバの性能を最後まで評価するためです.その結果,コンペとしてのゴール達成では無くなってしまったわけですが,自分たちが想定して目標設定したゴールは,完全に達成することができましたので,我々は,その結果に満足しております.

どうやら、技術を確かめたいという強い欲求が、エンジニアのマインドにはあるらしい。そのマインドがあればこそ、地味で地道な試験を長時間・長期間にわたって、ひたすら黙々とこなし、寝ずとも食べずともがんばれるのかもしれない。

東北大チームは、ローバー君のわだちでの苦闘をじっと観察して、どうすれば越えられるだろうと必死で考えたらしい。そして、あれやこれやと工夫を重ね、二日後に、わだちを一人で越えられるように改良して、再度挑戦。悪天候にもめげずに走ったローバー君の健気さとそれを可能にしたチームの努力に拍手!

ARLISS報告では、初参加の香川大チームのブログが新鮮。情景と気持ちがイキイキと伝わってくる。香川大チームは、能代コンペの後、軽量化の課題に取り組み、審査に通ったのが出発直前。カムバックにも参加したが、制御はあまりうまくいかなかった。しかし、通信が取れたのはすばらしい。アンテナを持っていて、データがとれたとき、きっとたまらない快感だったろう。

例年通り、悲喜こもごもの結果が出たけれど、無念のパラフォイル組には、10月22日の福岡コンペがある。IACに参加する外国人学生も参加してのコンペということなので、こちらも楽しみだ。

カンサットは、衛星製作のエントリーレベルと位置づけられているけれど、なかなかどうして、奥が深い。ここからたくさんの革新的技術が出てくるといい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

マクドナルド、宇宙へ?

なんと、この冬に、マクドナルドが宇宙へ行くことになった。
正確に言えば、マクドナルドで使っているストローが宇宙へ行くのである。あの派手な黄色と赤のストライプの太めのストローである。

なぜ、あのストローが宇宙へ行くのか。もっといえば、ストローに加えて、伸縮自在の包帯や爪楊枝もいくのである。いったいなぜ?何のために?

宇宙飛行士がマックを食べたいといっている?彼らの怪我に備えて包帯が必要?食後に爪楊枝を使いたい?いずれも違っている。これは有人宇宙飛行に使うわけではない。

網展開実験を宇宙でする計画がある。網を宇宙で展開して何になるかというと、いろいろあるらしい。(が、ここでは書けません)

この計画は、もうすぐ実現することになっている。この冬に、内之浦から打上げられるロケットに網を載せてもらって、高度130キロメートルのところで展開実験をすることになっているのだ。

それで、その網展開機構の製作に、某研究室では忙殺されている。もう何日も徹夜を繰り返している。何が大変といって、すぐに絡まってしまう細い紐をからまらないようにたたんで、それを展開する実験を何度も繰り返さないといけないのである。宇宙では一度しかチャンスがないから、10回やって、10回とも開くという再現性が大切なのだそうだ。

某研究室のホームページにはこう書かれている。

外周1辺24m正三角形状に展開される。素材はケブラー。構造部材となる粗なメッシュとロボット移動部分の密なメッシュからなる。打ち上げ時はコンパクトに収納されており、この状態から糸が絡まらずに展開させることが目的である。

この網は、一辺が17メートル(24メートルから変更になった)の正三角形になるそうだが、それだけの網を広げられる実験場所の確保も大変なら、糸が絡まらないための工夫も大変。そして、その作業たるや、「工学部の学生さんって、本当にエライ!」と思うような忍耐力のいる作業なのである。

たたんでは展開し、修正を加えて、再びたたんでは展開する作業を黙々と繰り返す。展開するときはあっという間なのだが、丁寧にたたんでいく作業はかなり時間がかかる。私も猫の手がわりにお手伝いさせていただいたが、腰が痛くなり、忍耐力がほんの少しついたような気がする。

それはともかく、糸が絡まらない工夫に、ストローと包帯と爪楊枝を使っている。ストローはいろいろな太さのものを使っているが、マックのストローのサイズのものがどうしても必要なのに、市販されていないのか、見つからない。

アメリカのマックだったら、どさっとおいてあって、とり放題のストローだが、日本のマックは管理が行き届いていて、2本くらいしかくれない。くださいといってもくれないし、ストローの卸業者を聞いても「企業秘密」とやらで教えてくれない。某先生は、ストローのために8回もマックへ行ったらしい。

マックのホームページを見たら、「社会貢献」という文字がある。さっそく電話をして、研究に必要なのでストローを100本寄付してほしいといったところ、「すぐ送ります」との返事。

マクドナルド社のご好意に感謝。これでもう卑屈に「ストロー、もう一本いただけませんか?」といわなくてもよくなった。

ご寄付いただいた100本のストローは、本番用に丁寧に加工されて、気持ちよく宇宙へ行くことになるだろう。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

XI-Vの打ち上げ、再び延期

XI-Vの打ち上げが再び延期になった。
今度こそは上がるのだろうと思っていたが、そうはならなかった。世の中はなんでも起こりうるらしい。

マスコミ関係者に打ち上げの詳細情報をお送りしたのが今日の午後。今度こそは大丈夫と思ってのことだった。最後まで気をぬいてはいけないのが宇宙業界の鉄則らしい。

「打ち上げが遅れるっていうメールがきてます」
冗談かと思ったが、本当だった。他の衛星の都合による、とメールには書いてある。電話でも先方と確認をとってのことだから、これはもう決定的。遅れるのは1ヶ月程度ということだが、もっと延びるかもしれない。

ピギーバックは、余剰空間に載せさせていただいているので、メインの衛星の都合には従うしかない。延びたからといって補償を要求できるような契約にもなっていない。そんな契約にしようと思ったら、契約額が跳ね上がるに違いない。

ここから何を学べるだろう。
辛抱か?忍耐か?我慢か?平常心か?

辛抱も大切だが、たぶん、もっと前向きな発想の転換が必要なのかもしれない。もう少し頭をひねって、先を見通して考えてみたい。プロアクティブに動きたい。

打ち上げ延期のお知らせをマスコミ関係者に送ったけれど、某新聞の記者の方からは、もう記事として一部で出てしまったとの連絡。少しも責めるような口調ではないのがありがたいが、読者の方には申し訳ない。

1ヵ月後に、今度こそ、無事にあがりますように。他にいっしょに上がる予定の衛星たちも、みな成功しますように。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

XI-V打ち上げは9月30日に

XI-Vの打ち上げは、どうやら今月末になりそうだ。何度も延びたが、今度は上がりそうだ。
狼少年の物語の大事なところは、たぶん、「とうとう狼が来た」というところにあるのかもしれない。「だまされた」といってふてくされていると、狼に食べられてしまうだろう。

9月30日の午後3時52分に打ち上げられ、分離はその2時間後、そして、日本上空を最初に通過するのは、夜の9時過ぎ。詳細情報は、中須賀研のホームページでチェックできる。船瀬プロマネが送ってきてくださった予定時刻は以下のとおり。

9/30 15:52:26 (日本時間) 打ち上げ
9/30 17:37:26 (日本時間) XI-V分離
9/30 18:08:00 (日本時間) CW送信開始
9/30 21:09:45 (日本時間) 日本上空初通過

XI-IVは、全日照の軌道だったので、「太陽光食べ放題」で、エネルギー切れになることはなかったが、XI-Vの軌道は、三割くらい日陰のときがあるらしい。七割のときにためたエネルギーで、三割の時期を乗り切らないといけないとのことで、ちょっと心配。お仕事量を少し加減することになるのだろうか。

XI-IVが撮影した地球画像をデザインしたTシャツを製作。ご支援いただいた方で、希望される方にお送りしている。さいめーるステーションのサポーターのところからオンラインで申し込める。このTシャツは、着るのがもったいないくらい素敵。デザインしてくれた方は、今はボストン。彼がいなければ、ありえなかったということがたくさんあるが、このTシャツもその一つ。

XI-Vの打ち上げはもうすぐだ。
ただただ、無事に打ちあがって、元気に産声をあげてくれることを祈りたい。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

ARLISS出発前夜

9月21日から23日まで、アメリカのネバダ州ブラックロック砂漠で、カンサットの打上実証実験が行われる。ほとんどのチームは、明日夕方の便で出発する。つまり、今日がまともに準備にあてられる最終日となる。

折悪しく、その大事な日に、東大は停電。あちこちに散らばって最後の作業を進める学生たち。

カムバックコンペの出場チームは、年々増えている。こんなにたくさんのカンサットが、ネバダの空に舞うのである。カムバックに出ずに独自ミッションを試みるカンサットもあるし、同型機を作り、毎日打上げるというチームもあるから、確実に20以上になりそうだ。ご提供いただけるロケットが足りるのかというほうが心配。

今年は諸事情により、私は不参加。能代コンペの成績からして、かなりの好成績が期待できるので、残念。ゴール地点で待っていて、ゆっくり近づきながらおりてくるカンサットをこの目で見てみたかった。しかし、私のビデオは現地に行くので、あとで見るのを楽しみにしよう。

きっと今日はみんな徹夜だろう。飛行機に乗った瞬間にほっとして寝てしまうという経験をする人は少なくないだろう。これからの数日間、どんなドラマが展開されるのだろう。

何はともあれ、全員が無事に帰国できることを祈ろう。もちろん、成功してくれれば、もっといい。1週間後が楽しみだ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

1000分の1の神様

カムイロケットが米ベンチャーに見初められたという記事を書いたら、植松さんからメールをいただいた。

神様はいます、という植松さんは、自らが「神様の手足」のような働きをされる。

突然の代役でロケットプレーン社のチャックさんが室蘭を訪れることになったとき、余分の招聘予算はなかったらしい。室工大の棚次先生から電話で事情を聞いた植松さんは、自腹を切ることを即決した。3000ドルほどだ。

中小企業の経営者にとって、会社のお金と自分のお金に区別はほとんどない。そのお金は、ほかのことに使うはずのお金だったろう。しかも、植松さんは、落下塔などの施設を作るために、2億円もの借金を個人で負っているのだ。あまっているお金があろうとは思えない。大企業の「サラリーマン」が「決済」する場合は、重役であろうと部長であろうと、自腹はまったく痛まない。同じ30万円でも、意味が大きく違うのである。

しかし、中小企業の親分たる植松さんは、ただのお人よしではない。厳しい製造業の世界で、従業員とその家族の生活を背負って生き抜くのは並大抵のことではない。

「3000ドルも支払ったからには、チャックさんとお近づきになろう」

こう決めて、シンポジウムのレセプション用に、ビデオ放映ができるようなスクリーンやプロジェクターなど大荷物を持ち込んだ。そして、レセプションの席で、ビデオのセットを終えると、さりげなくチャックさんの横に立った。たまたまではなく、意図的にそこにいた、というのである。

ビデオの中で、打ち上げ直前になると、チャックさんはワクワクした表情で、隣にいた植松さんに聞いた。
「打ち上げだね。酸化剤は何を?」

そして、それを発端に、二ヵ月後にチャックさんが再来日するようなことが起こったのである。とんとん拍子に話は進んで、8月に、チャックさんは自費で来日された。

神様が作ったチャンスをさらに大きなものにする手助けをしたのは植松さん。永田先生が、「植松さんには神様がついている」とおっしゃっておられたけれど、植松さん自身が、神様の手足のように動いているように見える。

「神様の1000分の1くらいのこと」と謙遜しながらも、チャックさんと話す時間が持てなくて、ちょっと残念そうな植松さん。

「実際に物をつくっている、うちの工場に来てほしかったんですけどね」

しかし、すぐに「こっちから行けばいいことだ」と、英語の勉強にとりかかる植松さんは、前向きだ。

誰もが神様の1000分の1でも1万分の1でも1億分の1でもいいから、神様の手足のような動き方をすれば、世の中はどれほどスムーズにいろいろなことが流れることだろう。

まずは自分から。
いわゆる「陰徳」(匿名の善行)を積むことが、神様の手足への第一歩かもしれない。そうして、世の中がよくなっていくのを、「ムフフ。ちょっとは役にたったかな」とにやにやしながら見ているなんて、想像するだけで気分がいいではないか。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

スマートな衛星

スマートサットという、相当に野心的な衛星の開発計画がある。静止遷移軌道まで行くというのもすごいし、二つの衛星がランデブーしてフライアラウンドするというのもすごい。しかも、静止遷移軌道でランデブーさせるのは、よけいに難しいのだそうだ。当初は、静止軌道の外に、という目論見もあったらしいが、それは断念。

ミッションは3つ。

●宇宙天気観測実験
●軌道上保全システム先行実証実験としてランデブ及びフライアラウンド/検査実験
●再構成通信機実験

いったいスマちゃん(なれなれしい?)が宇宙で何をするのか、これだけではよくわからないが、ともかく、これまでできなかったようなすごいことができるのだということは確からしい。

これは、NICT(総務省系の研究機関)と某民間企業がボトムアップで練ってきた計画で、実現すると相当なインパクトがある。もちろん、技術的にもチャレンジングなことはいうまでもない。

このすごい計画に、なんとUNISECが参加することになった。1-aというのが大きな本体の衛星で、小さなターゲット衛星が1-bと呼ばれている。この1-bの概念検討を受注したのである。

スマートな衛星の契約は、スマートな方が担当しておられるようで、契約に要した時間はほんの15分。競争入札とはいえ、まことにスピーディで効率よく進められるのにはビックリ。

打ち上げまでの道のりは、スマートにエレガントに進むことを祈ろう。打ちあがってから、やっと衛星はお仕事を始めることができるのだから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Rocket Boys, Be Ambitious!

Boys, Be Ambitious!
その昔、アメリカから札幌に来て、当時の若者たちに、クラーク博士が言った言葉。 その言葉を受け継いだのかどうかは不明だが、北海道のロケットボーイズたちは志が高い。

カムイロケット開発にあたる北大の永田晴紀先生は、米国の民間ロケット会社と近未来のビジョンを共有しつつある。永田先生のメールから転載:

米国Rocketplane社のChuck Lauerさんが6月と8月に来日され、彼らのRocketplaneの上段にCAMUIロケットを搭載して小型衛星打上げビジネスに参入することを検討しています。サブオービタル飛行に よる宇宙旅行事業の開始が2007年、その数年後に衛星打上げビジネスに参入の予定だそうで、CAMUI大型化開発のペースと丁度合うのではないかという話になっています。これが実現すれば、3000 mの滑走路を備えた全ての空港が小型衛星打上げ射場になります。

チャックさんの6月の来日は、偶然のこと。室工大で棚次先生の主催により開催された「飛行実験シンポジウム」に招聘されてのことだが、当初はスペースシップワンのジム・ベンソンが来日の予定だったそうだ。一週間前を切ってから急にキャンセルになり、3日前に急遽来日が決まった。

カムイロケットのことを何も知らなかった彼は、レセプションで打ち上げ実験のムービーを見て、たまたま隣にたっていた植松さんに「このロケットの酸化剤は何なんだ?」と質問。「液体酸素だ」と答えると、「そんなはずは無い。あんな小さな機体にどうやって液体酸素供給系を組み込んだんだ。燃料は何を使ってる?加圧の方法は?バ
ルブは?」と矢のような質問。英語許容能力を一気に超えてしまった植松さんが、「この人が、液体酸素使ってるって言っても信じてくれないんです。何とかしてください」と永田先生を紹介。

仕組みや性能を説明すると感心することしきり。やっぱりロケット屋さんにはCAMUIの価値が判るんだなあ、と機嫌を良くして帰宅した永田先生は、後日、信じられないメールを受け取る。

社内会議の結果、CAMUIを上段に使ったシステムを社の方針として検討することになった、というのである。

カムイロケットの技術は、一ベンチャー企業とはいえ、アメリカが初めて欲しがった国産ロケット技術となったといえるのではないだろうか。

出会いは不思議なもの。偶然が重なり合って起こった出会い。
「神様はいます」という植松さんの言葉を思い出す。

カムイは神様。本当に神様がついているのかもしれないということが起こっているようにも見える。

camui400

図は、カムイロケットのイメージデザイン。炭鉱の町からロケットを、という、ロケットボーイズのモチーフをイメージしてデザインされたそうである。10月に福岡で開かれるIACでは、このデザインがあちこちで見られるかもしれない。

推力400 kgf級の燃焼実験も着々と進み、そろそろ騒音公害の元凶になりそうなカムイロケットのエンジン。ご近所対策用に空気取り込みミキサー付きのサイレンサーも同時に製作中とのことだ。

9/27-29の日程で東京国際フォーラムでイノベーションジャパンが開催され、その展示会で、推力50 kgf級CAMUIロケットの廉価版モデルが展示されるそうだ。

Rocket Boys, Be Ambitious!!
高き志で、どこまでも高く飛びたてますように。

| | TrackBack (1)

学生理事懇談会

UNISECには学生理事のポストがあって、学生の中で選ばれた二名が学生理事となる。新学生理事の尾曲さんと和田さんの就任祝いを兼ねて、レイランドで学生理事懇談会を開いた。昨年までの学生理事に、資金調達担当を買って出てくれた学生さんも参加して、にぎやか。それに、ドイツから戻ってきたばかりのバリバリのエンジニアもひょんなことでご参加いただいた。

和田さんは、エビアレルギー。ひとつのことがどういう影響を与えるかというのは、本人でないとわからない。彼の場合は、エビがダメなために、生春巻きというものをついぞ食べたことがなかったのだという。そういえば、生春巻きにはたいていエビが入っている。

レイランドの定番は「手巻き生春巻き」。エビぬきでやってみた。生まれて初めて食べたという生春巻きは、おいしかっただろうか。たくさん召し上がっていたのを見れば、気にいっていただいたらしい。

本日のメニュー

生春巻き
タイ風チキンサラダ
春雨サラダ
サツマイモのレモン煮
紅茶ブタとコンニャク
若布と豆もやしときゅうりの和え物
ビーフの和風マリネ
厚揚げのキムチ炒め
マンゴー味のヨーグルトシャーベット
ゆかりしそご飯
梅干
コーヒー
チョコレートとクッキー

未来は、未来に一番近い人に聞くといい。100年以上も前に文化人類学者のマーガレット・ミードがいった言葉だ。100年前、すでに世の中は変化が激しくなっていて、過去のつながりとしての未来が描けなくなり始めていたのだろうか。

若い人は、過去のしがらみに取り付かれていない分だけ、自由に未来を切り取れるかもしれない。自分よりも年若い人の声に真摯に耳を傾けることで、未来が見えることもあるかもしれない、と思う。

新しい学びはいつも、どこででも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2005 | Main | October 2005 »