« 銀ブラの夜 | Main | 究極のカムバック »

福岡で宇宙会議

福岡は住みやすい。住んだことはないけれど、転勤族の評判を聞くと、福岡について文句が出ることは、まずないらしい。私自身は数回しか行ったことはなく、通算しても1週間程度しかいたことはないのだが、確かに居心地のよいところだ。

街のサイズがちょうどいい。気候もよいし、ラッシュもあまりないし、食べ物もおいしいし、空港も市内から近いし、交通の便はいいし、海もあるし、山もあるし、文化もあるし、大学もあるし、まったく言うことはない。

そんな福岡で、大きな宇宙の会議が開かれた。International Astronautcial Congress, 略してIACである。千人を越える人が世界中から集まる。

UNISECは、IAC事務局のご好意で展示ブースを出させていただいた。
学生さんたちだけで展示物のアレンジを行い、当日の対応もすべて彼らが行った。お金をかけている企業ブースと比べると、もちろん派手さはないけれど、たくさんの学生が入れ替わり立ち代わり、説明要員としてブースに立ってくれたので、パワーというか、勢いのようなものがそこにはあったように思う。(これは欲目かもしれない)

展示会場でパネルディスカッションがあり、本音トークが炸裂。HASTICの伊藤先生と九州工業大学の趙先生は北と南で相当に過激。どちらも、地域から宇宙を目指す。最後のパネリストの的川先生のコメントが傑作。
「どなたからも、JAXAに対してこうしてほしいということが出てきませんでしたね」

私も論文を出していたので、発表の機会があった。まったく準備する時間が取れず、結局、前日と当日の午前中を使って何とか発表準備をした。前倒しでやろうと思っていたのだが、ぎりぎりになってしまい、反省することしきり。しかし、この論文を書いたおかげで、未来学のシナリオスタディを学びなおすことができて、よかった。やはり、実践は一番よい先生のようだ。

福岡のおいしいものといえば、とんこつラーメンにモツ鍋に鳥の水炊き。この短期間にすべていただけて、幸せ。
「長野」というお店の鳥の水炊きは、五臓六腑に染み渡る味であった。ヨーロッパからやってきた友人と、昨年までUNISECの学生で、今回は社会人としてUNISECと仕事をしてくれた方とごいっしょする。おいしい食事と楽しい会話。こういう場があると、いろいろなうざったいことが消えていって、元気になる。

インターネットが発達して、国際会議の意味も変わってきたように思うけれど、「胃袋のつながり」は、物理的にいっしょにいることで、とてもやりやすくなる。同じ味をともに味わうことで得る一体感。

幸せは胃袋から。つながりも胃袋から。

|

« 銀ブラの夜 | Main | 究極のカムバック »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

宇宙」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 福岡で宇宙会議:

« 銀ブラの夜 | Main | 究極のカムバック »