« 中国の宇宙開発 | Main | 銀ブラの夜 »

スマちゃん設計会議

先週(10月6日)、スマートサットの1-bの概念設計のミーティングに出席した。
出席した大学は、7大学。12人+オンライン参加の1人。東大、東工大、東北大、日大、創価大、香川大、それに、道工大だ。

私の役割は、ここではアドミなので、契約や経理関係の説明をする。経理処理のしかたは、最初にきっちり言っておかないと、あとで大変なことになる。関係者がたくさんいる場合には特にそうだ。優秀なアドミの助っ人がいたら、どんなにか助かるだろうと、いつも思う。誰かいい人がきてくれないだろうか。きっちりしていて、気配りができて、きれい好きで、細かい作業が苦にならない人がいい。

先生の都合がつかなくて出席できなかった大学は、学生が代理できている。高度な技術用語が飛び交う真剣な場に身をおく彼らの表情はきりりと引き締まっている。口がぎゅっと結ばれ、眉間にしわを寄せて、一心にメモをとっている。こんなに若いときに、こんな場所にいられるなんて、なんと幸せな人たちだろう。

「キューブサットを作るのとは、わけが違いますよね」

皆が、そのことを認識している。自分たちのために衛星を作るのと、大きなプロジェクトの一部として衛星を作るのとでは、プレッシャーが違う。調整も大変になるし、気楽にひょいひょいとできるようなものではない。

「たいへんなのは明らかですので、それぞれ検討していただいて、おりたい大学は、おりてください」

まずは展開物の機構や構造を決めることになり、25日の夕方から、「大検討会」をすることになった。遠方の方も多いので、ホテルを確保して、深夜か朝方までみっちりとやることになりそう。

翌26日は、ドニエプルロケットのコスモトラス社がプレゼンテーション。その次の27日は、いよいよキューブサットXI-Vの打ち上げ予定が入っている。

この目白押しのスケジュールを見ると、何かの加速度を感じずにはいられない。最近、とみにスピードアップしているように思える。そのうえ、来週は福岡でIACが開かれる。

1ヵ月後に起こっているであろう状況を考えると、ワクワクする。あちらこちらで花開いていく物語のストーリー展開を想像するのは実に楽しい。

たくさんの心からの笑顔が満ち溢れていきますように。

|

« 中国の宇宙開発 | Main | 銀ブラの夜 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

宇宙」カテゴリの記事

スマートサット物語」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference スマちゃん設計会議:

« 中国の宇宙開発 | Main | 銀ブラの夜 »