« アメ横のタラコ | Main | 石峯寺の夕陽 »

はやぶさくんの冒険

はやぶさくんはすごい。
太陽より遠いところにある小惑星に行って、がんばっているのだからすごい。そこがどれくらい遠いかというと、交信するのに16分(ご指摘いただいたので、訂正。片道の時間)もかかるそうだ。といってもぴんとはこないのだが、電話して答えが返ってくるのに30分以上かかるという感じだろうか。

今日未明、サンプルリターンミッションが、その遠いところで行われた。8時40分の段階で、的川先生のVサインが出たそうだ。本当にサンプルを持って、地球に戻ってきたら、どんなに嬉しいだろう。大歓迎会をしなければなるまい。

松浦晋也さんのブログがまたすごい。たぶんどこよりも早く、正確に、読者が知りたいことを伝えてくれる。彼の視点は、ときに製作者側になり、ときに読者側になるように見えて、一貫してプロのコミュニケーターの足場を崩すことはない。

世の中にはすごい人たちがいる。そういう人たちが、そのすごさを100パーセント発揮できるような場があるといい。宇宙研には「24時間戦う天才」たちがいて、彼らが文字通り、24時間奮闘している。

宇宙研もやりにくくなったと嘆く声を耳にすることもあって、少し心配だけれど、はやぶさくんの冒険が契機になって、もっと宇宙研らしいことが自由にできていくようになるといい。

がんばれ!はやぶさくん。

|

« アメ横のタラコ | Main | 石峯寺の夕陽 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

宇宙」カテゴリの記事

Comments

正しい情報をありがとうございます。
久しぶりに「二〇〇一年宇宙の旅」を読み返しております。二〇〇五年宇宙の旅・現実バージョンも、そんなに悪くないかしらと思ったりしております。

Posted by: Rei Kawashima | 2005.11.27 10:57 PM

>交信するのに12分

16光分離れているそうで、コマンドの応答は32分後に返ってくるようです。

Posted by: みーや★ | 2005.11.27 10:46 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference はやぶさくんの冒険:

« アメ横のタラコ | Main | 石峯寺の夕陽 »