« February 2006 | Main | April 2006 »

ロダンとカリエールとナスカ

久々に「文化」に触れようと思いたち、上野公園へ。
「ロダンとカリエール」展が、国立西洋美術館で開かれていた。たまには彫刻で目を喜ばせよう。お金を払わなくても、西洋美術館の入り口のところには、ロダンの芸術品がどーんとおかれている。こういうところは太っ腹でよろしい。

「考える人」で有名な彫刻家ロダンには、カリエールという画家の友人がいたのだという。互いに刺激を与え合い、影響しあい、互いの作品を大事に持っていたという二人は、彫刻と絵という表現方法は違っていても、似た魂を持っていたらしい。

持つべきものは、よき友だ。
友には利害関係がない。もしあるとしたら、それは友ではない。
利害関係がないとき、友は自分の鏡といってもいい。利害関係が生じると、鏡はたちどころに曇る。だからいけないというわけではなくて、曇ったら磨くことを知っていればいい。磨き続ける努力を惜しまないことで、鏡は本当の姿を映し出し続けてくれる。

カリエールの絵は、セピア色の肖像画や人物画が多い。鮮やかな色彩が好きな私には、やや物足りないような気がしていたのだが、見ているうちに色が浮かび上がってくるような気がするのが不思議だ。ちょうど、水墨画は白と黒だけなのに、見ていると色がふっと見え隠れする(ような気がする)のに似ている。カリエールは色彩豊かな絵で知られるマティスの師だったという。これも不思議。

そして、確かにロダンの彫刻とカリエールの絵は、なにやら似ているように見える。カリエールはロダンの肖像を描き、ロダンはカリエールのデスマスクを制作監督したのだという。

美術館でいつも考えること。
「ひとつ、好きな作品を持って帰ってよいといわれたら、どれを頂こうか?」
そんなことを言われることはありえないが、そう思って作品を見ると、いちいち真剣にしっかりと見ることを楽しめる。

今日の中では、ロダンの大理石の彫刻が素敵だった。タイトルは「復活」と書いてあった。
La Convalescente (The Convalescence) 

「復活」というような劇的な感じはなく、「ゆったりした回復期」とでも命名したいような、柔らかな作品だ。真っ白な大理石の中に浮かび上がるやさしい顔と手。見ているだけで、和やかな気持ちになるような作品。こんな彫刻が部屋にあったら、毎日が幸せだろうと思いながら、しばらくそのやさしい顔を見つめていた。

芸術作品は、鑑賞するより、「ともにいる」ほうがいい。好きな作品と「ともにいる」贅沢で大切な時間。意外にすいていたので、たっぷり楽しめた。

それから、常設展をぶらぶらと見て、帰ろうと思いきや、美術館の半券でナスカ展が割引、というポスターが目に入り、そのまま科学博物館へ。(200円割引だった)

ミイラや当時の食器類、織物類の展示。織物類は、インベーダーゲームにちょっと似た絵柄だが、すばらしい芸術品だ。よくぞ復元できたものだと思う。目玉は子供のミイラの展示。黒目があるなどと説明がある。こんな昔の子供が、そのまま残っているなんて、不思議でならない。

そもそも、ナスカの地上絵というのは、単に地表のゴロゴロとした石をよけて作っただけの道らしい。日本にいる私の感覚でいうと、そのようなことをしても、10年ももたずに道はなくなってしまうと思うのであるが、乾燥地帯では「ときの流れ」のスピードが違うのだろうか。

ナスカの地上絵を大スクリーンで体験できるというので、楽しみにしていった。確かにセスナで飛んでいる気分になるようで、なかなかの迫力だが、私は、こういうのを見てしまうと、ホンモノを自分の目で見たくなる困った性分なのである。うーんとうなりながら、帰宅。ナスカのツアーなど、ネットでつい調べてしまった。

誰が何のために作ったのか、という論議はつきないらしいけれど、今そこに、それが残っていて、現代の私たちが見ることができるということ自体、奇跡的だ。

ロダンとカリエールとナスカは何の関係もない。単に、私が同じ日に展覧会を見た、というだけのことである。しかし、あえて結びつけて考えてみると、「残す行為」の普遍性のようなものを感じずにはいられない。

ミイラとして残したい、デスマスクにして残したい、肖像画にして残したい、というのは、「何かを残したい」という気持ちであって、古今東西を問わず、人に備わっているものなのかもしれない。とすると、デジカメやビデオは、その欲望を満たす格好の製品といえる。普遍的な欲望をとらえる製品開発をすれば、売れるわけだ。とすると・・・・意外なところにヒントがありそうだ。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

キュート1.7の双子の弟

東工大松永研究室にお邪魔した。
Cute1.7が復調したようなので、見学と取材を兼ねてのこと。

プロマネの宮下さんをはじめとする松永研究室の学生さんや、理学系の河合研究室の皆さんからお話をうかがうことができた。ドラマがありすぎて、簡単には書けない感じがする。ほんの数時間でこれだけ濃い話が聞けるとは思わなかった。もっと取材を重ねて、整理をしたいと思う。

20060315_131457_0071

ここでは、Cute1.7の双子の弟くんをご紹介したい。今回のCute1.7の危機的状況を打開した「特殊リセットコマンド」は、この双子の弟くんの働きによるところが大きいそうだ。アポロの事故のときに、NASAの人たちがやったように、運用メンバーはこの弟くんを使って、宇宙にいる双子の兄が直面している状況を再現して、解決策を探った。

リセットコマンドが通らないのが問題だったのだが、あることをすればすべてリセットできることを、弟くんをいじっているうちに発見し、さっそくそのコマンドを実行したら、危機一髪のところで間に合ったのだそうだ。

衛星は、手の届かないところに行ってしまう宿命を持っている。けれど、連絡はとれるし、指示を送ることもできる。だから、地上に同型機をおいて、何をすれば問題が解決するのかがわかるようにしておくことが大切、とのこと。

Cute1.7の二機目を打ち上げるとしたら、新たに製作するとのことなので、双子の弟くんがこのまま宇宙へ行くことはなさそうだけれど、すばらしい働きをしたことに違いはない。

20060315_170101_0097


午後の運用。
軌道の関係で、8分から10分程度しか運用できないそうなので、2003年に打ち上げたCUTE-Iのときよりも、ずっと短い。当然、緊張感はたっぷり。理学系の皆さんもいっしょに運用練習。

皆さんの表情がとてもいい。
私は、こういう表情をする人たちが大好きなのだと改めて実感。

的川先生のような方ですら、「毎回薄氷を踏む思いでやっている」とおっしゃるのが宇宙開発の世界。しかし、だからこそ、味わえる醍醐味もある。

険しい道を苦労して登って、高い山から見る景色を楽しむか、なだらかな道を楽に登って、低い山から見る景色に満足するか。いつも選択権は自分にある。


| | Comments (0) | TrackBack (1)

地球交響曲を1万人に

地球交響曲(ガイアシンフォニー)という映画のシリーズがある。
龍村仁さんが作り続けている映画で、5作目まで完成している。

この映画は、普通の映画と違って、有名映画館で上映されることはない。自主上映をあちこちでやっている。人に寄り添って作ったドキュメンタリーといったらいいだろうか。響く人には響く、不思議な映画だ。

この映画を1万人に見せるという目標をたてた方がいる。
青樹洋文さん。2年半ほど前のこと。ガイアシンフォニーのブログにも記事が載っている。

彼の上映会は、いつもKNOBさんのディジュリドゥで始まる。その演奏がまたすばらしい。ディジュリドゥというのは、シロアリが木の中を食べて空洞になったユーカリの木を利用した楽器で、口で吹く。しかし、口でずっと吹いていて、鼻で息をする演奏法なのだそうで、音が途切れることはない。アボリジニの楽器だそうだ。

そして、3月11日の土曜日、第四番の上映会で1万人を達成した。記念すべきその上映に、私は立ち会うことができた。彼のこれまでの歯をくいしばっての努力をほんの少しだけ知っていたので、そこにいて、祝福してあげたかった。

何不自由ない大企業のエリート駐在員からの転身。右も左もわからない中で、お金もなくコネもなく、何をしたらいいかもわからず、手探りで進んできた彼の「旅」。1万人達成したから何かが大きく変わるわけではないけれど、「やろうと思ったことができた」というのは、たぶん、何にも代えがたい収穫だろう。そして、旅で出会う人たち、触れ合う心。本当の旅をしている人なら、誰もが共感できるであろう「奇跡」の連続。

龍村監督ファミリーも駆けつけて、祝福。
龍村監督のヨチヨチ歩きのお嬢さんが、自分と同じくらいの大きさの花束を持って、青樹さんに手渡した。かわいらしいことこのうえない。彼女は、第五番に誕生シーンで赤ちゃん役(役といっても、演技をしているわけではないが)で登場している。あの赤ちゃんがこんなに大きくなって、と不思議な感慨。ここでは、観客と映画が一体になっている。

龍村監督と青樹さんの座談会が上演後行われた。

龍村監督は、「生活のため」に、地球交響曲を製作したという。青樹さんは、その話を聞いて、「生活のため」に上映していいんだ、と思ったという。

この映画は確かに人に感動を与え、崇高なる何かを感じさせるのだけれど、その舞台裏はやはり人間の営みがあるわけで、もちろんお金の苦労もある。

「聖なるものは、最も俗なるものから生まれる」と監督。

俗なるものから聖なるものを生み出せるのが、本当の人間の力なのかもしれない。俗なるものから俗なるものを生み出しているのでは、単細胞の分裂と変わらない。

今、撮影中の第六番は、響きあう音がテーマだそうだ。そして、シタールのラビ・シャンカール氏が登場するという。彼は私の師匠の師匠。恐れ多く、また自分の腕を考えると、とてもそのようなことを口には出せないが、事実関係はそうなっている(のが我ながら信じられない)。第六番を見るのが今から楽しみだ。

青樹さん主催の地球交響曲の次回上映は3月25日。青山の東京ウィメンズプラザで。詳細はこちら

| | Comments (2) | TrackBack (0)

祝!キュート1.7復活!

キュート1.7が復活した。

昨日の朝は、CWが聞こえなかったとのことで、とても心配していた。声が聞こえないというのは本当に不安なものだ。世界中のアマチュア無線家たちが聞いていてくれたみたいなのだが、誰も取れなかったらしい。JAMSATやAMSATの掲示板をクリックしては見てみるが、取れなかったという情報ばかり。

それが、昨日の午後パスの二回目(5時)に、「特殊リセットコマンド」を送信したら、復活したのだという。CWのスピードももとどおりで、大丈夫とのこと。昨日は一日中気になって、仕事をしながら、何度もキュート1.7の運用ブログの更新ボタンを押してしまった。赤字で「成功」という文字が見えたときには、嬉しいやらほっとするやらで、なんとも言えない気分。

思わず、おめでとうと書き込みをした。このココログが昨日はずっとメンテナンス中で使えなかったので、むこうのブログにコメントを書いたら、お疲れだろうに、すぐにお返事がアップされた。

あーもう、本当に寿命が縮んだ気分。この数日間には、さまざまなドラマがあったらしい。お話を聞かせていただくのが楽しみだ。そうして、ドラマを再現していく過程で、いろいろなことが見えてくる。寿命が縮んだ分を引き伸ばしてくれるようなワクワク話もたくさんあるに違いない。

念のために、しばらく様子を見るらしいけれど、キュート1.7は、低エネルギー(10-30keV)荷電粒子の計測を行うという大事なミッションを持っている。元気になって、どんどんデータが取れるといい。
(訂正:キュート1.7では、ガンマ線バーストの観測はしないそうです)


まずは、運用メンバーの皆さん、ゆっくりお休みください。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

がんばれ、キュート1.7!

東工大の生まれたばかりの衛星、キュート1.7が危険な状態になっているという。

松永研のブログによると、「衛星はCWのPTTが常時ONになっており,電力的に危険な状態」(3月8日11時23分)だという。

内部の計算機がおかしくなって、CWをどんどん送ってきているらしく、電力を異常に消費してしまっているらしい。打ち上げ成功、受信成功でほっとしたのも束の間、キュート1.7は宇宙空間で病気になってしまったのだろうか。

東工大の皆さんは、地上予備モデルを使って早朝から対策を練っておられるようだ。何かよい知恵が出ていることを祈ろう。

はやぶさくんは、地球から太陽方向に約3億3000万キロメートルも離れたはるか遠いところで、満身創痍ながら、息を吹き返したらしい。キュート1.7もなんとかがんばって危機を乗り越えてほしい。

がんばれ、キュート1.7!
がんばれ、運用チームのみなさん!


| | Comments (0) | TrackBack (0)

カムイロケット打ち上げ延期

3月18日に予定されていたカムイロケットの打ち上げが延期になった。HASTICのホームページに詳細が載っている。

ロケットモータの燃焼安定性に関して不具合が見つかり、不具合対策および信頼性の確認に必要な日程を確保するのが困難であると判断されたため、3月中の実施を見送ることと致しました。現在は対策のための地上燃焼試験を引き続き継続中です。打上げ実証試験の新たな実施日程につきましては、対策を完了後に改めて調整の予定ですが、現状は未定です。

不具合の内容は、「液体酸素供給開始から1~2秒後に異常燃焼による急激な圧力上昇が発生し、モータが破損する」と発表されている。関係各所との調整を重ね、やっと打ち上げができるようになっての延期の決断。無念だろうけれど、技術開発はそんなに簡単ではないのだろう

また一からやり直し。
航空管制や漁協の方々との調整など、ひとつずつ全部やり直し。
でも、やったことで無駄になることはない。無駄に見えても、決して無駄ではないことが後になるとわかる。

3月中に、地上燃焼試験を行う予定。
すでに、3 機分のフライトモータが製作済み。
植松さんの「全部破裂させても 3 回実験できますよ」という言葉が頼もしい。

プロジェクトリーダーの永田先生から頂いたメールの末尾に書いてあったことを、ご本人の了解を得て、転載する。

航空管制も含めて1から調整し直しということで最短でも夏以降の実施になるのですが、大樹漁協からは、「4月中は3隻船が出ている。協力する。」との言葉を頂きました、有り難くて泣けてきます。

しかし、これで、「夏のロケット」の可能性も出てきた。川端裕人さんの小説の題名。あさりよしとおさんは「なつのロケット」をマンガで発表されている。「夏のカムイロケット」も悪くない。試行錯誤を繰り返し、信頼性の高いモーターができあがっての打ち上げを期待しよう。

すべては、善きことのために、ベストタイミングで起こる。そう信じて、ひとつひとつ乗り越えていく力を、私たちは誰もが与えられている、と思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

DSPACEに登場

DSPACEに記事を掲載していただいた。とても好意的な記事で、嬉しい。

ライターは林公代さん。
取材の申し入れがあったのは、ほんの少し前なのに、もう記事になった。さすがに早い。

久しぶりに彼女と電話でおしゃべりをして、とても楽しかった。この方は、子育てもして、仕事もして、というスーパーウーマン。最近はそういう方が増えてきた。私はそういう人生を選ばなかったけれど、子育ては、未来を作る大事な仕事。私も、次の次の人生では、ぜひ子育てをしてみたい。(次の人生はシタールをひく物理学者の予定(?)なので、ちょっと無理かもしれない)

日大の佐瀬さんがりりしく写真に写っている。本当に、最近の学生さんたちは頼もしい。彼らの能力と意欲がすくすくと伸びていける環境があれば、すごいことができるに違いない、と思う。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

ドイツの大学衛星

ドイツから友人が訪日。招待状をいただいて、ドイツと日本の交通関係のシンポジウムに参加。交通関係なので、鉄道や道路が主なのだが、なぜかセッションのひとつに「小型衛星」があった。彼はその司会役。

ISUでいっしょだった彼は、10年間の宇宙機関勤めを経て、いまはベルリン工科大の先生になっている。そして、今、キューブサットを作っているのだという。大きな衛星の経験はあっても、小さな衛星を作るのは初めてのこと。まだEM製作の段階だが、学生といっしょに作るのがとても楽しいらしく、その話になると、顔がほころぶ。

最初のミッションは、小さなリアクションホイールの宇宙実証だという。1キロの衛星用のリアクションホイールを開発中という、社員38名の小さな会社の社長さんのプレゼンはドイツ語。英語への通訳がついた。お値段を聞いたら、「まだ開発途中なので」と口ごもりながら、「ESAスタンダードを満たさないといけないなら、500万円程度」だそうだ。ESAスタンダードなんていらないと、ベルリン工科大の友人。

学生衛星プロジェクトの悩みはどこも同じ。
資金難と打ち上げ手段。
しかも、ドイツはロケットを持っていないから、自国ロケットでの打ち上げという選択肢はない。優れたロケット技術者を輩出した国が、ロケット設備を持たない歴史の皮肉。そういう点では、先人たちの努力の甲斐あって、日本は本当に恵まれている。

「日本のロケットで打ち上げてもらえないかな」とつぶやく彼。
そんなことが本当にできたら、どんなにいいだろう。キューブサットを大事そうに抱えて、次々に日本の空港に降り立つ海外の大学生たちの姿を想像するのは、楽しい。

ピギーバックの調整は、JAXA内では、かなり真剣になされているらしい。それと同時並行で、新しいコンセプトの小型ロケットの開発も、JAXA外で進んでいる。

打ち上げロケットについては、光が見え始めたといってもよいのかもしれない。関係者の皆様のご苦労には頭が下がる。

工夫を重ねて、苦労して、ものを作り、動かしていくのが、エンジニアの醍醐味らしい。「うまくいかないこと」にこそ、彼らの喜びの源泉がある。ここを理解すると、いろいろなことが見えてくる。

「簡単にできてしまったらつまらない。できてしまったら、そこで楽しみは終わる」という不思議なメンタリティを持つ人たちにとって、宇宙という世界は、チャレンジの種がつきることのない楽しい世界。しかも、一発勝負でやり直しがきかない厳しい世界。ふつうの研究者や技術者が身をおく世界とは、いささか趣を異にしている。

そんな世界で生きる人たちの思考は、基本的にボーダーレス。「うまくいかないこと」を「うまくいかせる」ことだけを考える。そこには、国際も学際もなく、ただ目的に向かってまっしぐらに突き進む魂がある。

そんな人たちが思う存分に力を発揮できる場があるといい。そんな場を作りたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2006 | Main | April 2006 »