« 後追いエイプリルフール | Main | 保全と和全 »

初めての道産子衛星

初めての道産子衛星がそのうち誕生しそうな気配。

宇宙研で振動試験を終えたばかりというEMを見せていただいた。HITSAT(Hokkaido Institute of Technology Satellite)という名前。
キューブサットの仲間なので、小さくてかわいらしい。けっこう丈夫そうなアンテナが二つ。

Hitsat_2

見せてくださったのは、北大の戸谷先生。
白い手袋をはめて、何重にもくるまれた中から、大事そうに取り出す顔が嬉しそう。

道工大のO野さんは、学部の四年生だが、もう一ヶ月も相模原に宿泊して、各種試験の準備にあたってきた。大変だったのだと思うけれど、本人は屈託がない。

「好きでやっていることですから」とあっさり。

「やりなさい」と言われてやることと、「やりたい」と思ってやることは、なぜこうも違う結果を生み出すのだろう。人の心のダイナミズムと、それがまわりに与える影響を考えると、本当に不思議。

お二人とキューブサットの写真を撮らせていただいた。

Hitsat_1

「いやー、僕たちだけが写っていいんでしょうか」と、ちょっと照れ気味の戸谷先生。

みんなで作っている衛星なので、そういう言葉が出てくるのだろう。気持ちはわかるが、ほかにHITSAT関係者はいなかったのでしかたない。それに、主役は真ん中にいるキューブサットだ。二人と比べると、本当に小さいのがよくわかる。

TEAMという言葉に、「I」はない、とよく言われる。
一人ひとりが「私」を捨てることによって、「TEAM」は生きてくる。皆が我をはっていては、TEAMはうまく機能しない。本当に大切なことのために、自分ができることを「我を忘れて」真剣にすれば、TEAMは一つの生命体のようにしなやかに動き出す。

しかし、「私」を捨てるのは、実はとても勇気がいることである。封建時代のように滅私奉公が当然という時代ならともかく、現代の日本のように、中途半端な個人主義礼賛の風潮があるところで、「私」を捨てて、何かにのめりこむのはなかなか難しい。

「好きでやっていることですから」といえる人は、「私」を捨てる価値のあることに出会えた人であって、それはある意味で、本当に幸運な人なのである。

幸運な人がこれからどんどん増えていくような予感がする。
そのとき世界はどうなるだろう。楽しみだ。

|

« 後追いエイプリルフール | Main | 保全と和全 »

「キューブサット物語」カテゴリの記事

「宇宙」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6542/9775967

Listed below are links to weblogs that reference 初めての道産子衛星:

» 北海道大学のキューブサット HITSAT [JE9PEL/1 デジタル衛星通信日記]
について、川島レイ女史のブログにて 解説されています。いまや日本の衛星 は大学主体となってきているようです。 http://future.way-nifty.com/reiland/2006/04/hitsat.html [Read More]

Tracked on 2006.04.30 at 08:11 AM

« 後追いエイプリルフール | Main | 保全と和全 »