« 桜三月花吹雪 | Main | 都ぞ弥生 »

かな習字

かな習字を習い始めた。
お料理を習っている根津くらぶの先生が、書道も教えておられるというので、体験入学をさせていただいた。

「根津くらぶの秘密」は、こういうところにもあったらしい。秘密のベールは少しずつはがれていく。

パソコンのせいもあって、すっかり縦書きとはごぶさたで、あまり美しい字も書けず、恥ずかしい思いをすることがよくあった。しかしながら、気になるところがある、というのは実はとても幸せなことだ。何をすればいいかを教えてくれるのだから。

新しいことをするには勇気がいる。
特に、苦手だと思っていることをするには、とても勇気がいる。
けれど、こんなふうに、すっと新しいことに入っていけるときもあるらしい。幸運とご縁に感謝。

ちょっと緊張して行ったのだけれど、書いているうちに、とても楽しくなった。
墨を静かにするのもいいし、一人半紙に向かうのもいい。

墨の香りの中、いつもと違う時間が流れているのを感じながら、筆を握る。

子供のころの書道教室で習った、いわゆる「明朝体」の書き癖がついているらしく、なかなか、かな習字にならない。これはちょっとショックだった。私の書道は、中学校くらいで終わっているようで、それ以降の成長はなかったと見える。

その「呪縛」から、ゆっくりと放たれていく快感。字を書くということは、もっと自由なものだったのだ。

お手本は、やわらかい線、細い線、濃い線が微妙なバランスをとって、一枚の紙の中で、これしかないだろうという位置を占めている。

 「鐘一つ売れぬ日はなし 江戸の春」

これだけの一文が、半紙の中で芸術になる不思議。

4月に入って、たくさんの方が新しい環境で新しいことに挑戦している。そういうときは、ストレスも多いけれど、学びも多い。これまでの環境にいて、新しい人を迎える側は、それほどストレスもないかわりに、たぶんそれほど学びもない。

そして、おおいに学んでいるフレッシュな新人に対して、いろいろと難癖をつけるようになる。自分がそのとき、どんなだったかというのは、忘れてしまうものだ。誰もが子供だったことがあるはずだが、子供の気持ちが本当にわかる大人は、たぶんほとんどいない。「わからない」というところからはじめないと、よけい混乱する。

子供の気持ち、新人の気持ちを理解しようとするのもいいけれど、自分が何か新しいことに挑戦すれば、きっと「共感」できる。

共感できれば、そこから新たな地平がみえはじめる。
すべて、いまここから始めるしかないのだ。戻ることはできない。それは、悲しいことなのではなくて、むしろ大いなる喜びである。

いつ、なんどきでも、「いま」、「ここから」、始められる世界に、私たちは生きている。


|

« 桜三月花吹雪 | Main | 都ぞ弥生 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference かな習字:

« 桜三月花吹雪 | Main | 都ぞ弥生 »