« 能代宇宙イベント無事終了 | Main | カムイロケットが夢の扉に »

根津くらぶで食事

8月の最後の土曜日に、お料理を習っている根津くらぶで食事。
お客さんとしていくのは初めてのことで、ちょっと緊張。
予約の電話などいれて、おでかけの服をきて、いそいそと出かける。今日はエプロンなし。

ちょうど先生は、タイに出張中とのこと。もうじき、タイでも根津くらぶの料理が味わえるようになるらしい。それも楽しみ。<注:タイのお話はペンディングになったとのこと(9月11日)>

一度お客さんとして行ってみたいと思っていたのだが、なかなか機会がなかった。
たまたま母が遊びに来ていたので、いっしょに行く。

ディープな根津の路地をはいったところに、ひっそりと根津くらぶはある。
玄関は引き戸。黒い格子戸。シックな暖簾がさらっとかけてある。

中に入ると、そこから、お店の中にまた路地がある。そして入ると、なんとも居心地のよい空間ができている。

たいそう入りにくく見えるお店に、勝手知ったる顔をして入っていって、見知った顔が笑顔で迎えてくれるのは、なんという快感だろう。

同じ空間ながら、お料理教室のときとは雰囲気が違う。ああやっぱりここはお料理やさんなのだと改めて思う。

メニューはお任せコースのみ。
スープから前菜からデザートまで、ひとつひとつ「選ぶ」ことを強いられる西洋料理と比べて、なんと楽なのだろう。もちろん、おまかせしますとも。絶対においしいものが出てくるという確信があるので、安心して料理を待つ。

ちょっとだけ、冷酒も頼んでみる。父がC型肝炎なので、アルコールは実家ではご法度。こんなふうにお酒を飲むことはまずない。

まずは、あなごのにこごり。それに、茶豆と里芋の衣かつぎにピクルス風の野菜。枝豆はちゃんと両端を切っている。お料理教室で習ったとおりで、嬉しくなる。

おつくりはこち。ぷりぷりというか、コリコリというか、おいしい。

その後、何かぬけているような気がするが、以下のようなメニューが続く。
なすと魚の揚げ物
夏野菜の煮物(冷やしたもの) トマト、レンコン、冬瓜、ズッキーニ。
黒豚の照り焼きマスタード添え
貝ごはんとお味噌汁(中身はこち)
おつけもの(なす、かぶ、きゅうり、きゅうりの古漬け)
白玉あずき
(おまけに美しい透明なようかん風のもの)

お食事を楽しむことに全身全霊をかけていた(?)ため、写真を撮るのを失念。

サービスで出してくださった「骨せんべい」。魚を三枚におろしたあとの骨の部分を塩水につけて干した後に、焼いたもの。カリカリで本当においしい。
骨粗しょう症と診断されたという母が、喜んで食べていた。人間はやっぱり単純なのがいい。この作り方は、教えていただいたのだが、作ったことはない。やれるのにやっていないことの、なんと多いことだろう。

いつもお料理教室で教えてくださっている助手の先生に、母はご挨拶。
「まあ、本当に何も知らない娘で、お世話をかけております」

助手の先生たちはお若いのだが、確かに私よりはるかに料理や食事の常識をご存知だ。もちろん、かつらむきもスイスイだ。知らないことがたくさんあるのは本人は楽しいのだが、親としては冷や汗ものらしい。

Nezuclub060716

ゆっくりお食事をして、デザートを頂いて、大満足で帰宅。

先生はいらっしゃらなかったので、以前に撮った先生の写真を載せておこう。

おいしいお食事と楽しいおしゃべり。
夢のような夜だった。

|

« 能代宇宙イベント無事終了 | Main | カムイロケットが夢の扉に »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

料理」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 根津くらぶで食事:

« 能代宇宙イベント無事終了 | Main | カムイロケットが夢の扉に »