« ローズマリーの戦い | Main | 内之浦へ »

芸食の秋

芸食(つまり、芸術と食欲)の秋にはまだ間がありそうだった暑い日曜日。

横浜は本郷台のギタリストさんのお宅で、音楽とお食事を楽しみつつ、未来を考える会があって、参加。

この会は、ずいぶん前から、「サステイナブル」に続いている。つまり、鳴かず飛ばず大きくならず、でも続いている。

11時に駅で待ち合わせして、スーパーで買い物。私はなぜか10時過ぎに着いてしまって、駅前の小さな公園にすわって本を読む。いつもは出会わないタイプの方々がすわっていて、ほんの30分の間にいろいろドラマがある。
暑いのだが、風が気持ちよく吹いている。すぐそこで大声が聞こえていても、動じないで本を読めるというのは進歩なのか鈍化なのか。

この会は、おいしいものとお酒と音楽、それに楽しいおしゃべりで構成。しかし、廊下で寝ている人がいたり、外にお散歩に出かける人がいたり(すぐそばに、気持ちのよい遊歩道が川沿いにある)、各自、気ままに過ごす。

たいそう贅沢なことに、プロのギタリストやらオルガニストやらがいて、ごく普通に演奏をしてくださる。オルガニストさんは、80日間のドイツ研修が決まっていて、その壮行会も兼ねてのこと。アマの笛吹きさんやギタリストの生徒さんなどもいらして、演奏してくださる。

すばらしい料理の数々を作ってくださるシェフさんは、謡もお上手。

ゲストも歓迎されるので、今回は知人を二人、お誘いした。
知人は洗い物が天才的に上手であった。お皿もグラスもピカピカになる。おかげでシェフは料理がどんどん進んで、メニューはフルコースの最後まで達成。こんなことは、いまだかつてなかった。誰かの小さな貢献は、見えないところで別の人に大きな影響を与えるらしい。

メニューは全部は覚えていないのだが、たぶん以下のような感じ。

トマト&豆サラダ
ソーセージ盛り合わせ
チーズ
生しいたけのソテー
ホタテのバター焼き

このあたりからパフォーマンスタイム

生春巻き(ピリ辛トマトソース)
マレー風(だったかな?)焼き鳥
ポーク肩ロースのトマト煮
里芋(あら塩をつけて頂く)
浅漬け
おにぎり(大葉とにんにくをつけこんだ醤油で味をつけたものを握る、大葉でまいて頂く。美味!)
実だくさんのお味噌汁
二種類のブドウ
デザート(桃のコンポート・サイダー割り)
マロンケーキ

私は歌を歌いたい気分だったので、歌ってみた。なんと、ピアノ弾き語りに初挑戦。ピアノが家にないので、空想の中で練習していたが、指はうまく動かず、歌とピアノの両立も難しく、度胸のみで演奏。しかし、拍手は暖かい。調子にのって、オルガニストさんの伴奏で、アメージンググレースを歌う。(たいそう気持ちよかった。)みなさんやさしくて感謝。

お皿を洗ってふいて食器棚にしまって、ゴミをまとめて、後片付けをして帰路につくと、もう深夜。

会場のオーナーであるギタリストさんは、こういった会をすると、次の日の午前中をつぶして、片付けと掃除をされるそうだ。食器棚の配列もぐちゃぐちゃにしてしまっているし、これを元に戻すのは大変なことだろう。素直に感謝。

未来は、いつも、今ここから始まる。よき未来は、幸せな今からだと作りやすいように思う。幸せは自分が決めるので、「楽しいねー」とつぶやくだけでいい。楽しい未来があちこちにできていきますように。


|

« ローズマリーの戦い | Main | 内之浦へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

料理」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 芸食の秋:

« ローズマリーの戦い | Main | 内之浦へ »