« 芸食の秋 | Main | MV-7、打ち上げ成功! »

内之浦へ

鹿児島内之浦へ。

19日に鹿児島市内のビジネスホテルに午前1時までいて、それから1時半発の桜島フェリーに乗って、内之浦へは未明に到着。片道航空券より安い格安パックで来るために、こういう旅程となった。普通なら、鹿児島空港から内之浦へ直行するところなのだが、おかげでいろいろ楽しい初経験ができた。寄り道バンザイである。

まず、鹿児島駅前のホテルの横にあった居酒屋。深夜1時の出発だから、ささっと食べることにして、近くの店へ。これが大当たり。9時まで料理は全品半額。そしてこれがおいしい。料理の腕もあるのだろうけれど、たぶん素材がいい。

お刺身類はもちろんすべてマル。ブタもトリも、味が濃くてしっかりしている。「きなこ豚」をその場で焼いていただく。脂身がとろけるようにおいしい。トンカツのまあジューシーなこと。そして、かかっているデミグラス系のソースが絶妙。トリのお刺身に、この地方特有の甘い醤油がよくあう。

野菜もすごい。トマトサラダのトマトときたら、トマト嫌いのイラストレーターNさんが、追加注文をしてパクパク食べるほどのおいしさなのだ。

「野菜嫌いの子供には、おいしい野菜を食べさせるに限る」

同行者が3人。歯医者さんにしてイラストレーターでもあるKさんは、お酒は飲まないがグルメ。

その彼が、「もうここで帰ってもいい」というくらいだったので、いかにおいしい店だったかがわかろうというもの。

この経由のツアー提案者にしてドライバーでもある編集者Iさんに感謝。この方は、「キューブサット物語」を世に出してくださった方。企画がいいと、できあがりもよくなるのは、ツアーも本つくりも同じらしい。

夜の桜島フェリーはなんともロマンチックで素敵だった。二十四時間運行というのがいい。船室にいるのがもったいなくて、外で風に吹かれる。こんな時間でも、ちゃんと船内のうどん屋さんは営業している。(さすがに食べられなかったが)

朝6時にMV-7号機の打ち上げリハーサルがあって、プレス説明会があるとのことで、それに間に合うように来た。MVロケットの最後の打ち上げ。あのはやぶさも、これで深宇宙へと旅立ったのだと思うと、なんだかもったいないような気もする。

射場プレスツアーのあとの質疑応答が宇宙作家クラブの掲示板にアップされている。

MVは、やっと安定してきて、これからが本番というところなのだという。現役真っ最中に引退しろといわれたようなものなのだそうだ。MVを廃止して、2010年を目処に新小型ロケットを開発するらしい。このあたり、なぜこうなったのかはよくわからないが、大学衛星にとっては、打ち上げ手段が減ることになるので、痛手。大学生の寿命は短いから、4年間打ち上げがないというのは相当に痛い。H2Aの打ち上げ公募はありがたいけれど、すでに21件もの応募があるから、全部載せてはもらえまい。

今回は、HITSATもいっしょに打上げてもらう予定。北海道で作られた初めての衛星が宇宙へ行く日はもうすぐ。道工大と北大の皆さんも現地入りして調整に励んでおられる。今は、先のことをあれこれ心配するより、まずはこの一歩を着実に進められることを祈ろう。

いつも、未来は、今ここから始まるのだから。

|

« 芸食の秋 | Main | MV-7、打ち上げ成功! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

宇宙」カテゴリの記事

キューブサット物語」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 内之浦へ:

» 内之浦へ [ごんざぶログ]
機械学会に参加した学生5人は、熊本から鹿児島直行。 私は金曜の仕事を終えて、夕方から内之浦へ。 大学から学生1人を連れて一旦帰宅。防寒具などを積み、妻と犬を乗せて、18時すぎに出発。 妻も宇宙好き。妻... [Read More]

Tracked on 2006.10.02 12:26 PM

« 芸食の秋 | Main | MV-7、打ち上げ成功! »