« MV-7 打ち上げ動画 | Main | 湖のほとり »

バレンシアの空

スペインはバレンシアへ。
IACという宇宙関係の会議があって、参加。教育セッションで論文発表するほか、リサーチの宿題も抱えてのことで、さらには、UNISECの活動がグローバルになりつつあって、なにやらバタバタとしているうちに1週間がたってしまった。

10月1日の夜遅くに到着。奇跡的に荷物が出てきた。奇跡的というのは、ロンドン乗換えだったから。1時間ちょっとしか乗り換え時間がないためか、ほとんどの人は荷物が届かなかったそうだ。たまたまこの日は、ロンドンーバレンシア間の飛行機がシステムダウンで1時間半ほど遅れたため、十分に荷物の乗り換え時間もあったらしい。

バレンシアは、年間日照率が300日という、毎日が晴天の地域。10月とは思えないくらいの暑さ。大雨だったという日本のことを想いながら、太陽の恵みを尻目に、会議場の中で過ごす。

ここの会議場は、会議場として作られたところではなくて、博物館。セッション会場は、運がよければ屋内、運が悪ければ、屋外に作られたプレハブ小屋になる。いずれも、遮音性があまりなくて、小さな会場でもマイクが必要。

このあたりはパエリアで有名。4日の夜には、近くの公園でパエリアがふるまわれた。騒音といってもいいぐらいのボリュームで、歌が歌われ、フラメンコが舞われる。いずれも、まあね、という感じであったが、最後がちょっとすごかった。

花火。日本ならありえないくらいの至近距離で打上げる。相当な迫力。
「下がってください」と何度も言われた意味がやっとわかった。

空一面に星が広がるような花火。ため息がもれる。
一瞬で消えていくものが、価値がないわけではないと想えるものに出会えるのは幸せだ。

Baloon
会議は金曜日に終了。
土曜日に、能代コンペでの優勝チームがヨーロッパでデモをする機会があった。
日本から持ってきた黄色い気球は、バレンシアの青い空にたいそう映えた。風もなくて最高のコンディション。

ローバーのマモルくん(東北大)は、安定した走りを見せ、大人気。パラフォイルのウルブズ(慶応大)は、あまり調子がよくなかったのか、ちょっと飛びすぎて木にひっかかってしまった。いろいろ道具を借りてきて、無事におろせたときには、一同胸をなでおろした。

たくさんの方に出会い、意見交換ができるのが、こういう会議のよいところ。海外の方はもちろんだが、日本の方でも、なかなか会えない方が、こういった場では簡単に会える。いろいろな視点の方からお話をうかがえるのは、貴重。自分はどんな視点を持っているのか、相対化して考えられる機会を多く持つことで、新たな視野が広がっていく。

これから、どんな視点を持てるだろう。楽しみだ。

|

« MV-7 打ち上げ動画 | Main | 湖のほとり »

「宇宙」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

本場のパエリア、なかなかでした。
巨大な鍋で作るパエリアは、その大きさだけでも感激です。
パエリアは魚介類と思っていましたが、バレンシアでは、豆や肉などがはいっていました。

日本のスペイン料理店のパエリアもなかなかのものと思います。作るのもサフランがあればそんなに難しくないそうなので、チャレンジしてみる予定です。

Posted by: Rei | 2006.10.13 at 12:28 AM

本場のパエリアを食べてみたいですw

Posted by: hiroshi0720 | 2006.10.09 at 06:24 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6542/12180832

Listed below are links to weblogs that reference バレンシアの空:

» 未来への飛行コンテスト2006/2007 [герой〜我が上なる星空と、我が内なる…〜]
ハインライン賞アジアでの窓口を、弊社営業部で担当していますので、紹介させていただきます。 このコンテストは、日本を含むアジア地域の30歳以下の学生や企業人から論文形式でビジネスプランを出してもらい、競うコンテストです。 ぜひ、個人でも構いませんが、研究室や学生団体、若手社会人のグループで取り組んでいただけたらと思います。 一から取り組んでもらっても構いませんが、今現在行っている、研究や勉強会(学会発表を含む)等を手直ししたものでも構わないそうです。 近年成長著しいアジア相手に、宇宙開... [Read More]

Tracked on 2006.10.18 at 11:27 AM

« MV-7 打ち上げ動画 | Main | 湖のほとり »