« 大阪のカレーうどん | Main | あかりちゃん誕生秘話 »

ナノ・ジャスミンのPDR

ナノ・ジャスミンのPDR(基本設計審査)。
午後2時から6時過ぎまでびっちり。審査する側と審査される側の机は分けられ、別々にすわっている。その他大勢は、まわりにすわって見学。私もその他大勢に入れていただいて、見学。

関係者の皆さんは、ここ数日というもの、目の下に隈を作って、資料の作成に追われていた。卒論の締め切りを1週間後に控えた4年生の稲守さんは、卒論そっちのけで準備にあたっていた。今日から泊り込みで卒論にとりかかるらしい。

審査のために呼ばれた方々は、この世界ではよく知られた方ばかり。ついこのあいだまで学生だった方もまじっていて、懐かしい雰囲気。筑波JAXAからはN田さんとT木さん、NICTからはK村さんとM下さん、ISAS・JAXAからはM原さんとT田さん。

審査される側は、天文台の郷田先生をはじめとするジャスミンチームの皆さんと、中須賀研究室のナノジャスミンプロジェクトチームの皆さん。D2の初鳥さん、M1の田中さん、4年生の稲守さん。ミッションや設計について、次々と発表していく。

酒匂プロマネが仕切っているので、進行はきわめてスムーズ。本日は紺のスーツにネクタイでびしっと決めている。ヒゲはいつもどおり。進行を仕切りながら、お茶やコーヒーの気配りも忘れないのが酒匂流。スターバックスのコーヒーまでちゃんと用意されているあたりがすごい。

どんな厳しいことを言われるかと思っていたが、PDRは、Positive Design Review の略だったのかな、というくらいに前向きなコメントが多く、ちょっと拍子抜け。

2008年に打ち上げの希望。H2A打ち上げ公募でも、Aランクの評価をいただいているそうだ。

PDRの後に、ピザとビールで簡単な懇親会。

素人の私がコメントすることはないので、懇親会でうかがったコメントをいくつか載せておこう。

「ついに、ここまできたかという感じです。今まで、(大学衛星は)動けばいいというレベルだったのが、これは完全にオトナになって、このままではうかうかできないな、と思いました」(審査員)

「はしにも棒にもひっかからなかったら、誰も何も言わない。できそうだから、みんな言うんです」(審査員)

「難しいけれど、物理的に不可能とは思わない。2008年?うーん」(審査員)

「2個作るというのがいい。1個あげて、不具合を直してまたあげればいいからね」(審査員)

「大成功まちがいなしです」(天文台)

「Yくんがなんと言おうと、精度を下げてでもやる。やってみるということが大事」(天文台)
(注:Yさんは、この精度が出なければやる意味がないとずっと主張しておられる)

「PDRまで到達したのがすごい」(どなただったか記憶が不明)

懇親会のあと、ナノジャスミンの検討会が引き続き行われ、審査で指摘されたことについて、議論されたらしい。

PDRが終わって、これからがプロジェクトの本番。実際に衛星を作っていくフェイズに入る。

もし、これが成功したら、実はすごいことなのだそうだ。
天文台ミッションとしては、もちろん世界初の成果となるが、工学的技術的な成果としても大きいものになる。

なぜなら、このミッション要求にこたえるためには、超小型衛星での3軸姿勢決定・制御、温度制御が必要で、それを2年で実用化しなければならない。これは、普通なら、チャレンジすることも思いつかないような高い壁である。

「工」という字は、「天と地を結びつける人の営み」を意味するそうだ。天と地を結びつけるのは「人」。
(引用:「宇宙樹」p63、竹村真一著)

天と地を結びつけるには、そびえたつ高い壁があったほうが結びつけやすいのかもしれない。高い壁は、きっとそのために与えられるのだろう。

|

« 大阪のカレーうどん | Main | あかりちゃん誕生秘話 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

宇宙」カテゴリの記事

ジャスミン物語」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ナノ・ジャスミンのPDR:

« 大阪のカレーうどん | Main | あかりちゃん誕生秘話 »