« ひので君のパパ | Main | 雪のち晴れ »

アルケミスト

スウェーデンからお客様。Swedish Space Corporationの方。
東北大と千葉工大の方々がミーティングをされるというので、同席させていただいた。

スウェーデンは極に近い地理的条件を上手に生かして、衛星運用ビジネスではちょっと知られている。ホテルやレストランなども完備していて、世界中から衛星運用のために人がやってくるそうだ。まだ衛星を打ち上げてはいないそうだけれど、強みを知り、それを生かした宇宙開発に取り組んでいるあたり、さすがだ

大学衛星はお金がないので、このサービスを利用できるかどうかはわからないが、どこで何がつながってくるかわからない。

ミーティングが終わってから、お茶でもさしあげようと、お時間のある方々を事務所にお招きする。皆さん快くいらしてくださって、狭いながらも楽しいオフィスはあっというまに満員。皆さんがコーヒーとおっしゃる中、スウェーデンのお客様は日本茶がよいとのこと。なんとなく嬉しいのはなぜだろう。

日本の伝統菓子といって、「かりんとう」をお出しする。

彼女といろいろ話をする。ちょっとした偶然が楽しい。

ブラジルの作家でパウロ・コエーリョさんという方がいらっしゃる。ちょっと不思議な作風で、ファンが多い。かくいう私もその一人。童話のようでもありファンタジー小説のようでもあるが、たぶんもっと精神性に富み、深く、そして愛に満ちている。

彼の作品に、「アルケミスト」(錬金術師)という本がある。

話しているうちに、彼女が、その本のことを知っているかと聞いてきた。私が言ったことで、その本に書いてあることを思い出したのだという。

宇宙業界の方と、この本の話をしたのは初めてのこと。話ができる人が現れたことに驚いた。そういったら、彼女は「わかるわ」と一言。

主人公は羊飼いだった少年。宝をさがして旅に出る。そして、多くを学び、愛を知り、宇宙とつながり、宝をさがしあてる。こう書いてしまうと冒険小説みたいだが、一つ一つの言葉に深い意味があって、短い小説なのに、私は読み終わるのにとても時間がかかった。

主人公はアルケミストに会って、砂漠の旅を導かれる。最後のほうにアルケミストが実際に金を作る場面がある。そのとき、アルケミストは、少年にできるのだということを見せたかった、という。

「できるのだということを見せる」

この一文に、私はとても惹かれる。
本当にそうだ。できるのだということを見せられないアルケミストは、アルケミストでなくてただのほら吹きだ。

本の中で、アルケミストが少年に言う。少年が風になれなければ殺されてしまう場面だ。

「その時は、おまえは夢を実現する途中で死ぬのだ。それでも、自分の運命が何か知りもしない何百万人よりかは、ずっと良い死に方なのだよ」

続けて言う。
「しかし、心配することはない。普通、死の脅威は、自分の人生について、人に多くのことを気づかせてくれるものだ」

もうダメだと思うとき、知恵が湧き出してくることがある。あるいは授けられるといってもいいかもしれない。

明日から、東北大でUNISECワークショップ

UNISECの活動の中で、「ただの学生」が「すごい学生」に変わるのを何度も見てきた。
「普通の先生」が「すごい先生」になるのも見てきた。

今年は過去最高の180人近くが参加と聞いている。一人ひとりが「すごい人」になっていく場にいられるのは、本当に幸せなことだ。

明日はかなり早起きをして、仙台に行く。たくさんの元気な顔に出会うのが楽しみだ。

|

« ひので君のパパ | Main | 雪のち晴れ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

宇宙」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference アルケミスト:

« ひので君のパパ | Main | 雪のち晴れ »