« ケニアその2 | Main | ケニアその4 »

ケニアその3

1月21日(続き)。
ナイバシャからマサイマラまでは遠い。しかも悪路。
Car

舗装道路に大きな穴があいたままになっているところを、ドライバーは巧みによけてくれるが、そのたびに車は大きく揺れる。乗り心地はすばらしくよいというわけではないが、悪くもない。どこでもクークーと寝てしまえる特技を持っている私は、ここぞとばかり、特技を発揮。長いドライブだったが、寝たり、外の景色を見たり、おしゃべりしたり、おやつを食べたりで、退屈するヒマなしでよかった。

途中から土の道になった。雨が降っていたらぬかるんで大変だろうと思うような道。晴れていてよかった。

どこまでも草原。こんなにも遠くまで見渡せる場所にいたら、目もよくなるだろうと思う。

Lunch
ランチは、ホテルで作っていただいたお弁当。途中のドライブインのようなところでいただく。サンドイッチにジュースにフルーツ、ゆで卵にチキン。こちらの卵は黄身が白い。卵の黄身は、やはりもっとあざやかな山吹色でなくちゃと思いながら、おいしくいただく。自由に歩き回っている鶏のせいか、チキンがとてもおいしい。ずっと車中で動いていないのに、ほとんど全部をいただいてしまう。食べすぎの傾向あり。

道はますます悪くなる。途中、トイレ休憩と称して車が止まった。
トイレなど見えない。したい人は、藪のかげでしなさいということらしい。

道で亀を見つけたといって、わざわざ運んできてくれる御仁がいる。かわいそうに亀さんは、首も足もひっこめて小さくなっている。皆が集まって写真撮影。

Kame
「亀に出会うなんて、幸運だね」

なるほど。我々は幸運だけれど、亀さんのほうは幸運だったろうか。突然理由もなく持ち上げられ、運ばれて、自分よりずっと体の大きな動物にじろじろと見られ、写真を撮られ、そして捨ておかれた亀さん。願わくば、今後の人生ならぬ亀生で、食べ物に恵まれ、長生きをされますように。

マサイマラ野生保護区に入るには、ゲートを通らなければならない。そのゲートで待つ間、たくさんの「おみやげ売り」が寄ってくる。うとうとしていたら、窓に顔がぬっとあらわれ、ギョッとした。この「押し売り風売り子」の存在には、この後、ずっと悩まされることになる。

|

« ケニアその2 | Main | ケニアその4 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

トイレ休憩がちょっとやっかりですねw

Posted by: Hiroshi Akatsuka | 2007.02.15 07:01 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ケニアその3:

« ケニアその2 | Main | ケニアその4 »