« ケニアから帰国 | Main | ケニアその2 »

ケニアその1

Airplane
1月19日の夜、羽田から関空へ飛び、そこからドバイを経由して、ナイロビへ飛ぶ。

今回の旅の主メンバーは、GRI日本フォーラムという「持続可能な循環型社会の構築を目指す」NGOに関わっておられる方々。私は知人がお誘いくださったというだけのご縁だが、昨年もごいっしょしたので、懐かしい友人との再会という感じがする。一年たって、違和感なく会える人たちがいることの幸せに感謝。

ドバイの空港は巨大。飛行機が着いてから、延々とバスにゆられてやっと乗り換えゲートに着く。こんなに何もないところに作られた空港は、いまも工事が続いている

ドバイの空港の待ち時間。お茶を飲みながらのおしゃべり。

エミレーツ航空には初めて乗ったけれど、なかなかの乗り心地。映画も音楽も多種多様、選び放題。食事も悪くない。プラスチックではないフォークとナイフが出てくるのがいい。

今回は、私がアフリカへ行くというので、学生さんが、Mike ResnickのSF「キリンヤガ」を貸してくださった。キクユ族のユートピアを作り守ろうとした男の話で、かなりおもしろかった。おかげで飛行機も退屈せず、ケニアの歴史も少し理解できて、旅の準備は整った。本を貸してくださってありがとうと小さくつぶやく。

羽田を発ってから24時間後にナイロビ到着。
陽射しは強くて暑いけれど、日陰は涼しい。だから夕方、日がかげると涼しくなるのだという。
ナイロビの街はどこかアンバランス。ロバがいる後ろに高層ビルが建っている。

Naivasha1

ナイロビからまっすぐ、本日の宿泊地であるナイバシャへ向かう。
道が悪いと聞いて覚悟していたせいか、それほどでもなかった。(後日、道が悪いというのはどういう意味なのかを悟ることになるのだが)

ナイバシャの湖のほとりにあるホテル。コテージになっていて、とてもロマンチック。豪華リゾートホテルの趣。

Naibasya2
夕食はバイキング。レストランにすわっているのは、ほぼ全員が白人。
庭に出ると、バーベキュー。熱々の焼きたての肉はおいしい。肉を100グラム作るのに、どれだけの植物を消費するかを考えると、菜食主義にならないといけないのだろうなあと思いつつ、あまりのおいしさにおかわり。ミントソースなるものがマスタードの横においてあったので、試してみる。お肉によく合って、ますますおいしい。知らない土地で、初めてのものを食するのはなんと幸せなことだろう。

まわりの風景が珍しい。
大きな木かと思ったら、巨大なサボテンだったり、びっくりすることがたくさん。世の中には知らないことがたくさんあって嬉しい。

Saboten

好奇心は旺盛なのだが、24時間の飛行機はさすがに少し疲れたらしく、その日はホテルについてご飯を食べて、少し片付けをしたら意識がなくなった。

ケニアの旅は始まったばかり。
ともかく、ここはアフリカなのだ。


|

« ケニアから帰国 | Main | ケニアその2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

アフリカ!
まさに冒険の予感が……

Posted by: Hiroshi Akatsuka | 2007.02.15 07:05 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ケニアその1:

« ケニアから帰国 | Main | ケニアその2 »