« ケニアその6 | Main | ケニアその8 »

ケニアその7

1月23日。
エコホテルをチェックアウトして、国連環境計画(UNEP)へ向かう。

ここのホテルの従業員は、誇りを持って働いているように見えるのがいい。働いている人たちが誇りを持てる職場になっているのは、とても素敵だと思う。

Unep1
UNEPはナイロビの近くにある。午後3時にミーティングのアポイントが入っている。国連の立派な建物が近づくにつれ、まわりの景色が一変する。立派な車や家が並ぶ。さっきまで「野生動物がそこらじゅうにいるのが普通」だった世界にいたのに、これはいったいどうしたことだろう。

早く着いたので、国連のスーパーでお買い物。外国製品ばかりが並んでいる。ケニア産らしきコーヒーと紅茶を購入。

そのせいか、3時のお約束に少し遅刻。時間を守るはずの日本人にしてはちょっと失態。お忙しい方々を待たせてしまった。

「旅ダレ」の症状か。
「旅慣れ」はいいことだが、「旅ダレ」はよくない。緊張感がないと、こういうことが起こる。
旅慣れた人に起こりがち。

かくいう私も、今回は旅ダレで、もってきたプラグが合わなかった。まあなんとかなると考えてしまうのが旅ダレ。たいへん幸運なことに、ルームメイトが持ってきてくださっていて、いっしょに使わせていただいたので助かったけれど、合わないプラグを持ってきているのは旅ダレの証拠。

Unep2
このミーティングで、私は言うべき何も持っていないので、ビデオ係になる。

今回の旅行は、以前にGRIでお仕事をされ、今はUNEPにお勤めの方(とても素敵な女性だった)が、ツアーの手配もアテンドもしてくださって、このミーティングも彼女がいなければとても実現しなかった。

ケニアでも日本人が活躍している。異国でがんばっている人を見ると、なぜか嬉しくなる。がんばれーと言いたくなる。

もう18年とか14年もの間、ケニアに住んで仕事をしているという方もいらっしゃる。
長期間、海外に住むと、日本に戻りたくなくなるのだろうか。そういう経験はないのでよくわからない。

Mugwe3
ミーティング終了後、UNEP勤務の友人に電話。国際宇宙大学時代の友人だ。
ほんの短い時間だったけれど、楽しいひとときだった。彼の家に行き、2歳と7歳の子供といっしょに記念撮影。二人ともとってもかわいらしい。家に帰ったときに、迎えに飛び出してきてくれる子供がいる生活は、張り合いがあるのだろうなあと想像。

その後、Kentmere Clubというちょっと素敵な宿泊場所まで、家族全員が車に乗り込み、送ってくれた。ここは彼らの結婚披露宴をした場所なのだという。

Fireplace
古きよきヨーロピアンテイストのホテル。
なんと、部屋にはホンモノの暖炉がある。早速、火をつけて、悦にいる。昼は暑いが、夜は、暖炉のぬくもりが恋しくなるくらい気温は下がる。

一輪挿しのバラの花の向こうで、パチパチとはじける暖炉を見ながら、ルームメイトとため息をつく。

「都会だねー」と。

人は、「差異」のみを認識できるのだと聞いたことがある。
お湯がちゃんと出るというだけで、感動できる体になったのはいいことに違いない。

このルームメイトは、某コンビニの環境マネージャー。とってもキュートでかわいらしいのだが、職場ではなかなかのリーダーらしい。気配り上手の彼女のおかげで、旅はよけいに楽しくなった。

|

« ケニアその6 | Main | ケニアその8 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

「旅ダレ」って起こるんですねw

Posted by: Hiroshi Akatsuka | 2007.02.15 06:52 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ケニアその7:

« ケニアその6 | Main | ケニアその8 »