« February 2007 | Main | April 2007 »

レイランドに花!

レイランドは、3月の最終週に2回もお客様があって、にぎやかだった。
報告書の嵐で、心が殺伐としそうな中で、ほっと一息つける楽しい時間。来てくださった皆さんに感謝。

忙しくて身動きできないときこそ、楽しい時間を作りたい。心がせわしないときこそ、つらいことや悲しいことがあったときこそ、楽しい場に身を置きたい。

最初のお客様はオトナの方々。最適人数の3名様にてご来島(レイランドは「島」なのであった。。。)。
3名様だと、私を入れて4名なので、ゆったりとすわれる。

お土産にいただいた「グルジアのワイン、赤と白」。
グルジアってどこだったかしらと思いながら、おいしくいただく。ちょっと変わったお味。

Flower
そして、ピンクのリボンをかけた素敵な花束をいただいた。
レイランドが一気に春になった感じがして、感激。
やっと私も、「花よりダンゴ」人生から「花もダンゴも」人生へと進化(?)できるのかもしれない。

お花の美しいことといったら、1週間たった今も、十分に楽しませていただいている。香りもよくて、部屋に帰るのが楽しみ。

メニューはこんな感じ。食道楽の皆さんにおいしいと言っていただけて、嬉しい限り。

ラタトゥイユとパン
トマトのサラダ
焼ブタ
エリンギとエビとレタスのオイスターソース炒め
牛肉のステーキ ガーリックソース漬け
チーズハンペンのバター焼き
チーズ(カマンベールとミモレット)
トマトと卵のスープ
炊きたての白いご飯
いぶりがっこ(沢庵をいぶしたおつけもの)
日本茶


二回目のお客様は、学生さんとOBの方々。
1年前からお鍋に来たいといっていた方にやっと来ていただけてよかった。
来てねといっているうちに卒業してしまった方もいて、何事も早いほうがいいと思った次第。
こちらは、どんどん人が増えて、最大収容人数の7名様でご来島。

久しぶりの顔もあり、よく会う顔もあるけれど、文句なしに楽しい時間。
就職した人、就職活動中の人、それぞれに悩みはあるのだろうけれど、おいしいものを真ん中にして皆で集まれば楽しさだけが引き出されるらしい。

こちらのメニューは、お鍋。(しかし、急いだせいか、思った味が出なかった。。。。皆さんにはまたいらしていただかねば。。。。)

「生協(の学生食堂)と違いますねー」とのお褒めの言葉をいただく。しかし、あの値段であの量のものを私が作れるかといえば、それは難しそうなので、ノーコメント。

生春巻き(以下のものを手巻にしていただく)
 タイ風チキンサラダ
 春雨のサラダ
 焼ブタ
 チキンの酒蒸し
 エビ
 たっぷりの野菜
牛肉のステーキ ガーリックソース漬け
大根の煮物
ニラ豆腐
ハンペンのバター焼き
ザーサイ鍋(最後はラーメンで)

「桜モンブラン」やアップルケーキなど、おみやげにいただいたデザートがとてもおいしかった。

終電を気にする方々は12時ちょっと前に帰り、近所にお住まいの方々は、それからしばらくおしゃべりを楽しんでから帰宅。

私は、後片付けをささっとして、お風呂にはいって、幸せな気分で眠りにつく。

レイランドは、ゼロになるところ。
鎧兜を脱ぎ捨てて、裸の自分になるところ。

そんな場を創ろうとすることで、私自身が素に戻れるのかもしれない、などと思う。

余計なものは捨てて、芯の「ほんとう」に出会おう。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

ドアが開くとき

2週間ほど前のことになるが、懐かしい顔がたずねてきてくださった。しかも、彼女を連れて二人で。
こういうサプライズは嬉しい。

キューブサット物語の登場人物の一人。卒業してから、もう2年になる。

ブラジルからの国費留学生だった彼は、無事に修士号を取得して、今は浜松の会社に勤めている。

いろんなことを思い出す。

来日前にブラジルからかけてきた電話の向こうの不安そうだった声。
砂糖を大匙三杯も入れた甘いコーヒーを飲んでいたこと。
ブラジルに残してきた恋人にかける電話代の高さを嘆いていたこと。

彼の嘆きのせいか、ブラジルで栄養士をしていた日系人の彼女は、名古屋で仕事を得て来日。
今度は名古屋までの新幹線代の高さを嘆くようになった。

「二週間に一度は行っていたから」

今は、これまでで一番近い。名古屋と浜松。

就職して2年が無事に過ぎ、そろそろ3年目に入る。
最初の1年は必死だけれど、だんだん慣れてくると、このままでいいのだろうかという疑問が頭をもたげてくる。

これは、ごくノーマルなこと。

社会貢献をしたいという彼。

「ボーイスカウトをやっていたので」そういう気持ちが自然に沸き起こるらしい。

日系人だけれど、将来はブラジルへ帰りたいという二人。
二人とも日本語は流暢だが、二人の間の会話はポルトガル語なのだそうだ。

「だって、母国語ですから」

ブラジルは、ロケットの射場も作って、宇宙開発ではやる気満々に見える国。
新興国だからこそ、失敗を恐れずにやりたいことがやれるかもしれない。

「じゃあ、ブラジルで衛星を打ち上げることがあったら、現地で会いましょう」といったら、嬉しそうな顔をしていた。

人生のドアはたくさんあるように見えて、実は一つしか開かない。ブラジルに帰れば、日本でのキャリアはないし、日本にいればブラジルでの生活はない。

タイミングと縁と運と自分や周りの人たちの気持ちと、それからもしかしたら見えない何かの力と。

彼らの未来には、どんなドアが開くのだろう。

おみやげの浜松名物「うなぎせんべい」をおいしくいただきながら、ブラジルの宇宙開発に大きな影響を与えるかもしれない彼らの未来を考えて、なんとなく嬉しくなった。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

林檎舎のお披露目

Imgp2404
3月18日の日曜日は大安吉日。
優雅な日曜日の第二部は、「林檎舎」のお披露目会。

「林檎舎」は、書道(山田昴雪先生)に華道(柳澤瞳生先生)日本文化(佐々木千尋先生)を教える小さな場所の名前。

料理教室でお世話になっている「根津くらぶ」の先生が書道教室の先生。近くに、古い民家を借りることができて、そこで教室を開けることになったと嬉しそうに話しておられたのが、とうとう実現。控え目な表札がかかっている。

祝賀会場は、もちろん「根津くらぶ」。
美しく生けられているのは、「すもも」の花。桜に似ているが、似て非なるもの、らしい。

Imgp2409_1
「根津くらぶ」のスタッフも勢ぞろいで、こころのこもった素敵な料理が並べられている。
ここのスタッフは、素敵な方ばかり。全員が女性。
スタッフ全員が女性というのは、日本料理屋さんには珍しいのだろうけれど、いつもおいしくて気持ちのいい場所になっている。「手作りあられ」がすばらしくおいしかった。買ってくれば簡単なのに、お餅からあられを作る手間をきちんとかけているのがすばらしい。

Imgp2415
お花の先生は、松本にご在住。
教室のときだけ、こちらに来られるそうだ。
全員で一本ずつ生けていく「全員生け花」。
みんなが思い思いにさしていくのだが、最後はそれらしくまとまったのがすばらしい。

根津くらぶは、「根付くラブ」と同音。ホームページには、「根津区ラブ」となっている。
小さなところから、少しずつ、でも確実にラブが根付いていく。その場にいられるのは嬉しいことだ。

優雅な日曜日の午後は終わり、夜は事務所へ直行して、仕事の山を片付ける。

どんな忙しいときにも楽しみがあっていい。
時間は、MOMOに出てくる「時間泥棒」にあげるためのものでなく、自分がいつくしんで大切に過ごすためのもの。

「とき」を愛で、「ひと」を愛し、「いま・ここ」に集中して生きていれば、そこから未来の芽が生まれてくる、と思う。

林檎舎からも、素敵な未来たちがたくさん生まれてきますように。

**********************************


Imgp0533
(これは、根津くらぶの山田悦子先生の料理教室のときの写真です。お披露目会のときには、ペンギン風の黒の素敵なジャケットを御召しでしたが、写真がうまくとれなくて残念!)


| | Comments (2) | TrackBack (0)

青の色

久方ぶりの優雅な日曜の午後。

知人と銀座でランチ。

日曜日の銀座なんて、本当に久しぶり。
明るい陽光を浴びて歩く銀座の目抜き通り。

華やか。
ああ、世の中にはこんなところもあったのだと、しみじみ思う。

怒涛の報告書シーズンに突入し、ほとんど生活にゆとりとか潤いというものがない今日このごろ。めったに会えない方からの突然のお誘いをいただき、嬉しく出かける。

カーヴ・エスコフィエ。
彩りも美しいフランス料理。
ランチコースはちょっとお得な気分。ゆったりとした時間を楽しむ。

久しぶりなので、四方山話を楽しむ。
一年ほど前に網膜剥離の手術を受けたという知人は、おもしろいことを教えてくれた。

手術したほうの目で見ると、青色が鮮やかな青に見えるのだが、手術していないほうの目で見ると、黄色っぽい青に見えるのだそうだ。両目で見ると、その中間くらいに見えるらしい。

同じものを見ていても、年齢によって、見え方は微妙に違うらしい。幼い子供が見ている空も海も、きっと私が見ているよりもずっと青いのだろう。

同じものが違って見えてくることの不思議を感じつつ、優雅な日曜日の第二部へと移動。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

カンサットワークショップ

2月23日と24日、International CanSat Workshop開催。かわいいロゴは、UNISECのWEBマスター氏の作。海外参加者にも大好評で、Tシャツも作ることになった。(予約受付中!

Intlcansatworkshop2007flagsdisplay
朝から大雨。
そういえば、UNISECのイベントは、雨や雪のことが多い。いつぞやの総会では、地震まで起こった。

ものは考えよう。すべては気づきと学びのため。

宇宙技術開発は、雨でも雪でも台風でも、そのためなら喜んで出てくるような人でなければ、続かない。

この世界では、何かをしようとすれば、どちらを向いても、壁だらけなのである。技術開発だけを一生懸命やっていればいいというわけでなく、打ち上げ手段の確保、インターフェイス調整、そして周波数の国際調整、法的問題のクリアなど、実際に何かをしようとすると、面倒なことがたくさんある。協力していただかないといけない人がものすごくたくさんいる。やりたいと思ったからといって、簡単にできるものではない。(ということを身にしみて理解するまでに、何年もかかる)

技術開発では、目立たない地味な努力を恐ろしいほど積み重ねることが必要。今の技術の世界は、作ってしまってから不具合を直せばいいというのが主流。しかし、宇宙の世界は根本的に違っている。宇宙へ行ったら、もう手が届かない。その場へ行って、修理することなど不可能だから、あらゆることを想定して、すべてに対応できるところまで徹底的に作りこむことが要求される。どんなことがあっても壊れないように作るのが使命でもある。

そうやって考えられる限りの努力を積み重ねても、成功するかどうかはわからない。自分がどんなに一生懸命やっても、何かの具合ですべてがパーになってしまう世界でもある。そうなっても、人を恨まず、そこからまたやり直すだけの精神力が必要とされる。

カンサットは、エントリーレベルの衛星トレーニング。
失敗しても、回収できるので、何が悪かったのかがわかる。この段階で、うんと失敗して、悔し涙を流して、それでもやっぱりやりたいと思う人だけが、宇宙開発の世界に行くといい。夢やあこがれだけでできる世界ではない。

こう書いてきて、この世界は、かつて私が関わっていた会議通訳者の世界に似通っているような気がしてきた。

会議通訳者養成所のマネジメントをしていたころ、「英語が好き、あるいは”できる”」という理由で会議通訳者を目指そうとする人にどれだけ会ってきたことだろう。そして、彼らのどれだけが挫折していったことだろう。いや、挫折という言葉は似合わない。もっと別の道を選んだ、ということだ。フリーランスの会議通訳者をし続けるには、相当に強靭な精神力というか、これを天職あるいは自分のミッションと思うような何かが必要らしい。でも、そういう人たちが確かに存在するのも事実だ。

宇宙エンジニアであり続けることは、それが職務の上では公務員であれ、会社員であれ、厳しいことだ。良心を持ち続けることで、その人はずっと矛盾に悩み続けることになる。エンジニアとしての良心と、組織の論理は違う軸の上で動くからだ。そうでない場を創れないものだろうか。

ここで、私の役割は何だろう。それは、いったい私が進むべき道だろうか。私が背負うべき荷物だろうか。

そんなつまらぬ思考を吹っ飛ばしてしまうメールをちょっと前にもらった。日大の学生さんからのメールだ。

彼は素直にカンサットワークショップが作り出した場について感謝を述べ、そうして、
「Twiggs先生に日本で会えるなんて!」と書いてくれた。

まったく同感。
1999年以来、カンサットの発案者であるTwiggs先生にはお世話になるばかりで、何ひとつお返しができなかった。今回、日本にいらしていただくことができて、カンサットの広がりを実感していただくことができて、本当によかった。Twiggs先生もアマチュアロケットグループの方々も、初来日だという。初めての日本を楽しんでいただけただろうか。

Twiggs先生のすごいところは、いまだに自分でレンタルトイレを手配したり運んだり、当日の参加費や打ち上げ費を自ら集めたりするのを全く厭わず、軽々とやってのけるところだ。そろそろ引退というご年齢なのだが、決してえらそうにすることなく、自分が手を動かして活動を続けているという姿勢には、頭が下がる。そして、日本の学生の成功を、自分のことのように喜んでくれるのも素敵だ。自分がこの年齢になったとき、そんなふうに軽々と動けているといいなと思う。

そうだ。
ものごとは、すべからく単純に考えたほうがいい。複雑に考えるから、複雑になるのかもしれない。先を心配するから、心配な未来が出現するのかもしれない。

そうして、何事もやらないより、やったほうがいいのだろう。

やってみよう。
心の声を聞きながら。
その声にノイズが入らぬよう、気をつけながら。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« February 2007 | Main | April 2007 »