« レイランドに法律家 | Main | 大樹町へ »

夢の扉、再び

今年のUNISEC総会は日曜日だった。
もう第5回目。設立総会をいれると6回目。

当然雨だと思っていたが、雨は朝に少し降っただけだった。
200名もの参加をいただいた。その4分の1は東海大だというから、その巨大さに驚く。東海大は、今年は学生理事も出したし、衛星も始めるというし、ロケットは100キロ到達を目指すというし、相当に気合がはいっている様子。

総会はいつもどおり30分でささっと終了し、あとは活動報告会と大懇親会。

活動報告会は、講演と各団体の今年の目標やら、学生プロジェクトの採択結果など、盛りだくさん。

仕切りは新しい学生理事
「新人なので初々しい」と言いたいところだが、すでに貫禄ありで、余裕の運営。近頃の若い者は、度胸があってすばらしい。

講演では、3人の講演者が登壇。北大の永田先生、東大の中村さん、それに総務省の田野様。
新しい宇宙開発の道を切り拓こうとしている人たちと、できる限りサポートしようとする人たち。
それぞれの持ち場で最高のパフォーマンスができるといい。

永田先生には、打ち上げを間近に控えているカムイロケットの話をしていただいた。相変わらずのスリムさは、学生さんとあまり変わらない。毎日一キロ泳いでおられるとかで、ますます身が引き締まってこられたようだ。ちょっと見習わねば。

TBSのテレビ番組「夢の扉」の取材のため、製作ディレクターさんがカメラをかついで来られていた。カムイロケットは、一度登場したのだけれど、打ち上げ延期になったので、再登場するらしい。

ディレクターの柳瀬由紀子さんは、笑顔がくっきりと印象に残る素敵な女性。
昨年の打ち上げ延期のとき、感情移入してしまって、とても苦しい想いで、「泣きながら」編集されたそうだ。

「宇宙戦艦ヤマト」世代なので、永田先生や植松さんとはヤマトの話で盛り上がったとのこと。
今年の打ち上げがうまくいくことを、心の底から祈っておられるのが伝わってくる。

メディアの方がそんなふうに思ってくださるのは、きっと永田先生や植松さんや、関わっている学生さんや植松電機の社員の方々の熱意が伝わっているからだと思うけれど、「青空に向かって飛んでいくもの」を、人間という生き物は好きなのではないのだろうかと思ったりもする。

以前、スペースシャトルの打ち上げを見に行ったとき、「感動しました」といったら、「Why?」と聞かれ絶句したことを覚えている。感動したから感動したのであって、理由など必要ない、とそのとき思ったのであった

永田先生のご講演の中で印象的だったのは、失敗を重ねる中で、元に戻ってやりなおそうとしたとき、2年前にできていたことができなくなっていて、愕然としたというところだった。大学の技術開発の難しさが凝縮されている。学生がどんどん入れ替わってしまう中で、技術伝承は難しい。

これは、各大学の共通の悩みであるが、ここで、永田先生は決心する。大学じゃなくて、会社として技術開発をしたい、と。そして、自分は経営はできないから、植松さんに泣きついた・・・。

そうしてできたのが、カムイスペースワークス、なのだそうだ。

こうしたいと思っても、永田先生お一人では、決してできなかったこと。
植松さんがいたから、できたこと。

この二人のコンビが巻き起こすことは、たぶん外からはメカニズムが見えにくい。一人ではありえないことが、二人なのでスイスイといっている・・・それ以上のケミカルが働いているのだろうけれど、それが何かはおそらくご本人たちにもわかっていないだろう。

この先に何があるのかわからないけれど、時の流れの中で、すべては通過点。どのようになろうとも、それは通過点なのだから、かまわない。大きな分岐点であろうと、ただの通過点であろうと、過ぎてしまえば、過去。だからこそ、ひとつひとつ、一歩一歩を大切にしたいもの。その通過点には二度と戻れない。

そのときそのとき、精一杯考えて、決めたことなら、そこから未来は開けていく、と思う。

その後の発表を聞いていると、「精一杯やっている」活動がひしめいていて、ちょっとゾクゾクした。こんなに意欲が高い優秀な若い人たちが全国各地にいて、それぞれにがんばっているというのが、信じがたいくらいだ。

北大の混沌系研究室の学生代表の松島さんの発表が傑作だった。
「北大といえば、カムイと思われがちですが、僕たちは衛星をやっています。北大はロケットだけじゃないんです!それを言いたくて北海道から来ました」

彼らは、カムイロケットに関わっている学生さんと同じ北大生。
北海道工業大学といっしょに衛星を作っている。
もう、一機目(HITSAT)は宇宙へ行っている。

けれど、「夢の扉」の取材は彼らのところには来ない。

So What?

真実はいつもシンプルだ。
注目されようがされるまいが、己の信じることをやりぬくと、最高の充足感を得られる。
どんなに注目されてももてはやされても、自分のハートからずれていると、空しさだけが残る。

人の評価でなく、自分の中心にあるハートの部分で感じることを大切にしたい。

カムイロケットの中心にある価値はなんだろう。

打ち上げに向けての調整をしつつ、関係者のハートも、同じベクトルを向き始めるのだろう。

そして、関係者全員のハートが一点に集まる瞬間が来る。

8月4日早朝。
お天気がよいことを祈ろう。


|

« レイランドに法律家 | Main | 大樹町へ »

「カムイロケット物語」カテゴリの記事

「宇宙」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

コメントありがとうございます。

今年は、能代は学生の皆様におまかせすることにしておりまして、行かないのです。(行くと、老婆心でまくりになってしまって、皆さんの成長を妨げそうですので)

でも、絶対すばらしいイベントになると思うので、ぜひ楽しんでくださいませ。

Posted by: Rei | 2007.08.01 at 06:41 PM

ごぶさたしてます。
大樹町には行けませんが、能代には顔出します。
暑い日が続きますが、体調お気を付けてお過ごしくださいまし。

Posted by: take | 2007.08.01 at 11:41 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« レイランドに法律家 | Main | 大樹町へ »