« 7年目の8月4日 | Main | おめでとうの日 »

マイコミジャーナルに掲載!

カムイロケットの取材原稿が、マイコミジャーナルに掲載された。

本来であれば、4日に打ち上げなので、5日は原稿ができているのが普通のプロライターであるが、私の場合は、いろいろと考えてしまって、なかなかかけず。。。カムイロケットは、UNISECとしても応援したいし、北海道出身者としても応援したいし、超小型衛星ビジネス化を推進する人間としては、将来のロケット確保につながるのだから、早期に成功してもらいたい。いったい、どの立場で書けばよいのか。ジャーナリスティックな話ではなくて、主観を入れて書いてくださいとのリクエスト。どうでも立ち位置を決めねばなるまい。

そんなこんなで、どういった切り口で書くのかを決めるのに時間がかかってしまった。しかし、怪我の功名で、赤平の植松電機さんまでうかがった話までいれることができたので、まあよかったとしよう。

この原稿は、本当は宇宙作家クラブの別のメンバー(大塚実さん)が書くことになっていたのであるが、彼が行けないので、よかったら書かないかと声をかけていただいて、チャンスをいただけた。

しかし、ビデオを持っていったのに、うまくとれず、打ち上げの写真もとれず、途方にくれていたところ、植松電機の安中さんが、画像も動画も提供してくださって、本当に助かった。そうでなければ、打ち上げ準備中の写真のみで構成するしかなかった。

植松電機さんもHASTICさんも、いまどき珍しいくらい「譲り合う」人たちで、写真にクレジットを入れるのは、どこにしましょうと聞いたら、互いに「あちらをいれてください」とおっしゃる。結局、「カムイスペースワークス」で入れることにして、一件落着。こういうやりとりは楽しい。

そして、マイコミジャーナルの担当編集者の千葉さんにも無理を聞いていただき、素人写真をセンスよく配列していただき、感謝である。WEBジャーナルは、慣れないと難しい。というより、たぶん、文章を書く以外のセンスが必要とされる。で、私はそのセンスはどう考えても発展途上。ブログで適当に写真をはりつけるのとは違う。

いずれにせよ、拙ブログのたぶん何百倍も何千倍もアクセスがあると思うので、多くの方にカムイロケットのことを知っていただけると思う。

少しでもお役に立つことができれば、こんな嬉しいことはない。

よろしかったら、どうぞマイコミジャーナルの記事をお読みください。打ち上げの感動的な動画が見られます。(Quick Time が必要です)

たったの7年で、こんなふうになるのだと、本当に感心すると同時に、暖かな希望の灯火がぽっとともったような気がする。

ただただ、感謝、である。
すばらしい方々との出逢いに恵まれていることの幸運に、ひたすら感謝である。

(ところで、記事でお気づきの点がありましたら、ぜひ教えてください。気をつけてはいるのですが、いろいろミスもあるかと思います)


|

« 7年目の8月4日 | Main | おめでとうの日 »

「カムイロケット物語」カテゴリの記事

「宇宙」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

take様
コメントありがとうございます。

万難を排して行った甲斐がありました。打ち上げには、その場にいた人だけが共有できる「何か」がありますね。

次回はぜひぜひ見学におでかけくださいませ。

Posted by: Rei Kawashima | 2007.08.11 at 01:37 AM

おつかれさまでした。
行けなかった114人目(他にもいっぱいいると思う)とすれば、その場に居合わせなっかことがよけいに募るレポートでした^^;
次があるから、と言えるのは凄く幸せなことと思えたり。

Posted by: take | 2007.08.09 at 03:55 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 7年目の8月4日 | Main | おめでとうの日 »