« マイコミジャーナルに掲載! | Main | ロケット職人の夢 »

おめでとうの日

本日、ピグへ。
ピグというのは、N研究室御用達の、ニクメニュー中心の店のことだ。

学生さん向けなので、安くておいしくて量が多い。たいそうリーズナブルなところで、ニク好きなN研究室は、何かあるとここにいく。

私も呼んでいただいたので、インドでの学会発表の論文の締め切りが延びたのをいいことに、ホイホイとうかがう。(本当は明日が締め切りだったので、それどころではなかったのだが)

今日は、大学院の入試の発表日。研究室の4年生4人の運命やいかに、というところだったのだが、全員合格の報。ああよかった。

「おめでとう」、というのは、それを言う側にもどれほど喜びを与えてくれるのだろう。
そして、そういうことが本当の意味でわかるようになるまで、どれほどの涙を流す必要があっただろう。

「おめでとう」と言われる人の陰に、泣いている人がいる。努力が足りなかったんだろうという言い方は冷たすぎる。椅子の数が決まっているところでは、必ずすわれない人が出てくる。人への思いやりがありすぎると、すわれないことがよくある。

けれど、すわらなかったことで、新しい場所へ向かえることもある。その場所のほうが、その人にとってずっと幸せなことだってある。

自分の椅子をとれなかったことを、祝うか呪うか。

呪と祝は、似た字だけれど、どれほど違う未来を作ることだろう。

同じことが起こっても、どちらを選ぶかで、その後の人生は違ってくる。
自分がつらい目にあったら、人はそういう目にあわないように祈れるかどうか。
祈れる人は、そういう行動がとれる。そういう行動がとれる人は、「祝」を道にふりまきながら歩いているようなものだ。

願わくば、「祝」を選び続ける自分でいられますように。 
そして、「祝」であふれる世界でありますように。

|

« マイコミジャーナルに掲載! | Main | ロケット職人の夢 »

「キューブサット物語」カテゴリの記事

「宇宙」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

赤塚様

いえいえ、よーく見ると、たくさん「祝」がありますよ!見えなければ、まずは自分から誰かに何かお祝いをいってあげると、とても楽しくなりますよ。
小さなことでいいんです。
「珈琲おいしかったですよ」みたいなことでも、ね。

Posted by: Rei Kawashima | 2007.09.01 at 06:56 PM

世界中を眺めると、
「呪」がうごめいているのが悲しいです。

Posted by: 赤塚 洋 | 2007.09.01 at 05:47 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« マイコミジャーナルに掲載! | Main | ロケット職人の夢 »