« September 2007 | Main | November 2007 »

異星の踏査

「異星の踏査」というスゴイ名前の展示が、東大の博物館で行われている。秋田大の某先生のお勧めに従って、行ってみた。(「異星の探査」と思っていて、失礼いたしました。ご指摘くださった方、ありがとうございます。)

ちょっと見てきたのだが、これはなかなかお勧めである。
「アポロからはやぶさへ」というキャッチフレーズの意味はよくわからないのだが、要するに、人類が他の星へいって探査しているのだということらしい。小さな空間にぎっしりとエッセンスがつまっている。これで無料なのだから、お得感は最大級。大学の博物館、恐るべし、といったところか。

ロケットや火星の映像をまず楽しむ。よく見ているものなのだが、こういうふうにしつらえてあると、ちょっといい感じに思える。「月の石」の展示もある。

月面探査機かと思う車がおいてあって、よく見ようと思ったら、「セコム」と書いてある。見学者が中に入らないように監視するためのものらしい。すぐにボランティアのやさしそうな女性が飛んできて、「すみません、中にお入りになれないんですよ」と申し訳なさそうにおっしゃる。

このあたりはまだまだ前座。はやぶさの展示があって、それから、目玉は「彗星の塵」。スターダスト探査機が取ってきたものなのだそうだ。

しかし、、、ガラスケースにおさまっているのは、白いケシゴムに恐ろしく細いガラス管が3本ささっているもの。まったく、塵など見えない。小さすぎて肉眼では見えないらしい。「なーんだ」と思うのは早計で、ちゃんと顕微鏡(?)で見ることができる。

画面にうつった「彗星の塵」は、なんだか虹色にきらきらとして、とてもきれいだった。「結晶体」になっていると書いてあったが、そのせいなのか、「塵」と呼んではいけないような輝きを持っている。

いっしょに行った方々と、精神的な満腹感を共有しつつ、感想を述べあう。これも楽しい時間。

「異星の踏査」以外の通常展示物もせっかくなので見る。
植物の進化の展示でちょっとインスピレーションをいただいた。

Adaptive Radiation(適応放散)とConvergence(収斂)。

キク科トウヒレン属の植物は、環境に適応して、どんどん形が変わっていく。ルーツは同じでも、それぞれの環境に適応して、まったく違う植物になっていく。多様化の方向。

一方、水生植物の場合、ルーツが違っていても、水の中で生きやすいように同じような形になっていく。もともとは全く違うものなのに、見たところは似たものになる。収斂の方向。

いかに環境が生物に影響をおよぼすか、というところは驚くべきであるが、これを人間社会にあてはめて考えると、ちょっとぞっとする。

健全な社会では、多様化の方向が許されるし、歓迎されると思う。

UNISECは、それぞれの地方で、それぞれの強みを生かして、それぞれの大学が独自にやっていくという方向で始まった。当初から多様化の方向を目指している。

環境が厳しいとき、生き抜くために収斂の方向に行くのはいい。けれど、通常の状態で、収斂の方向にいくとしたら、そこに明るい未来を見つけるのは難しい。ひとりひとりが持っている力が発揮できないような状況になっているということだからだ。

熱帯雨林のように、多様な植物が繁茂して、全体として豊かな森になっていればいい。

流れに沿って泳ぐのは、「死んだ魚だけ」。
懸命に泳ぐ人たちを応援したい。そして、それは自分自身が同じように懸命に泳ぐことによってのみ、可能なのだということを肝に銘じたい。


| | Comments (2)

豆乳鍋の夜

Imgp4219
花の金曜日、レイランドにお客様。

実は、先週の日曜日にもお客様があったのだが、凡ミスがあって、肝心の方にいらしていただけなかったため、とても書く気にならなかった。。。。気をひきしめよう。

それはさておき、旅が好き、おいしいものが好き、という人たちとの食事は楽しい。
20年前の中国・チベット旅行の話は抱腹絶倒。帰国後、劇症肝炎になって3ヶ月入院したという話も、実に楽しそうに語ってくださる。楽しい人には、おしなべて楽しい昔話があるらしい。そういう話があるから、楽しい人になったのか、楽しい人だからそういう経験ができたのか。因果関係のループはどうつながっているのかはわからない。

あまりに楽しくて、ついつい午前様に。

終電のころ、一瞬の躊躇。
しかし、結局、皆さん、タクシーで帰ることにしたらしい。花の金曜日だものね。

それではということで、そこからまたワインをあける。チーズに生ハムにクラッカー。
食後のお茶も終わったところで、新しいワインをあけるのは悪くない。
こんな仕切りなおしは、何回あってもいい。

ワインを楽しみながら、ひとしきり盛り上がる。
楽しい場を共有できることの幸せ。
あっというまに、またまた数時間が過ぎていく。

いつのまにか、雨もやんでいる。
そうして、笑顔の皆様をお見送り。

楽しいおしゃべりとおいしいお鍋。
ほんわかとあったかいひととき。
また、嬉しい季節がやってきた。


本日のメニュー

アンチョビドレッシングの野菜サラダ(アンチョビのカンヅメの使い道に困るときにはこれがおススメ)
ブロッコリーのオリーブオイル煮(ガーリックを入れて)
紅茶ブタ(メタボ対策でコンニャク入り。しかしこのコンニャクがおいしい)
サツマイモのレモン煮(某S氏の絶賛をいただきました)
おみやげのお寿司

カリスマ豆腐で一休み

豆乳鍋(じんわりあったまります。ポン酢でいただきます)
白いご飯

日本茶

珈琲
デザート(おみやげのチーズケーキとクレープ)

ワインとチーズ、生ハム、クラッカー

チョコレート

花の紅茶

| | Comments (2)

インドの宇宙会議体験記

インドの会議体験記がマイコミジャーナルにアップされましたので、よかったらごらんください。

インド旅行記は、ぼちぼち書いてまいります。

| | Comments (3)

フラガール

ずっと見たいと思っていた映画「フラガール」をやっと見ることができた。半年以上の間、レンタルショップで借りることができなかったのだが、やっと入手した。

常磐ハワイアンセンターの設立の際にがんばってフラダンスを覚えた炭鉱の娘たちの物語なのだけれど、炭鉱で育った私にはとてもよくわかるところがあって、たくさんティッシュを消費した。

ネガティブなもの(借金)を抱えて東京からやってきたプロのダンサーが、炭鉱の合理化・首切りでネガティブな感情であふれている町で、ずぶの素人をプロのダンサーに育てていく。その過程で、ネガティブな気持ちが消えていき、やさしい表情になっていくのを、松雪泰子が好演している。本当にあった話がもとになっているせいか、説得力がある。

人生で起こることは、何も遅すぎることはないし、早すぎることもない。すべて、ベストのタイミングで起こる。

この映画のモデルになった方は、70歳を過ぎた今も、「フラガール」養成に勤しんでおられるという。40年たって、自分がモデルの映画ができるのは、どういう気分なのだろう。

「カムイロケット」が主人公の「夢の扉」を途中から見た。ビデオにもとれなかったのだが、「困ったときの植松電機の安中さん」が送ってくださるとのことで、ただ感謝。(道内限定番組もいっしょに送っていただき、さらに感謝)

何十年かたったときに、「カムイボーイ」みたいな映画ができるだろうか。

「カムイロケット物語」の第一巻は、私の中ではすでに終わっている。構想もできつつある。あとは書くだけだ。第二巻がどうなるかは、まだわからないけれど、何かが起こりそうな予感がある。

10月下旬に、札幌で宇宙科学技術連合講演会がある。「ウカレン」と呼ぶことが多い。そのテクニカルツアーのひとつに、「植松電機訪問」がある。せっかくなので、参加することにした。

また、新しい何かに出会えることを楽しみにしている。


| | Comments (2)

インドその1

インドは二回目。
一回目は、添乗員つきのツアーで、かゆいところに手が届く、いたれりつくせりの旅だったので、テレビでインドを見たのとか、インド料理屋さんでインド料理を楽しんだ、ということとあまり変わらなかった。安全で楽しい旅だった。

二回目の今度は、現地で目的があるので、のんびり自由旅行というわけにはいかず、個人で移動せざるをえず、かなり緊張した。

出発が9月19日。
18日には、それでなくても時間がないのに、15日に発症した湿疹をみてもらうために、皮膚科へ。たいそう繁盛している皮膚科のようで、2時間待って、5分で終了。でも、人気があるのがわかるようなとてもやさしいお医者さん。
これは相当に強い薬を使わないといけないとのことで、1週間だけぬりなさいとステロイド剤をもらった。大丈夫かと想いつつ、考える余裕はない。

なんといっても、荷物はもちろん、現地でのワークショップの準備も、その後の会議の発表準備も何もできていないのである。日本での仕事も終わっていないのはいつもどおりなので自業自得だが。。

今回の目的は3つ。
キューブサットワークショップ、IAC参加、そして、打上のスロット探し。

最初の目的地はVellore(ベロー)。バンガロールから車で3時間くらい。車で迎えにきてくれるというので、安心していたら、なんと、「やっぱり迎えにいけない」とのメールが!じゃあ、バンガロールのホテルを探してといったら、「それはできない」とのこと。バンガロールから勝手に来なさいということらしい。

乗り換えのタイのバンコクの空港で、私は宿探し。タイで待ち時間がけっこうあったので、とても助かった。無料の無線LANがある空港にくると、その国自体がすばらしい国のように思えるから不思議。うまい具合に、電源も近くにあって、同行の日大の宮崎先生の延長コードをお借りして、ネットでインドのディスカウントホテルエージェンシーと連絡がとれて、なんとかなりそうな感じ。

Imgp3660

深夜にバンガロールに到着して、ドキドキしながら、「プリペイドタクシー」を申し込む。悪いうわさをたくさん聞いていたのだが、無事にホテルに到着。Comfort Innの系列で、Vijay Regidency という名前。けっこうまともなホテルで、wifi も無料にて使える。ベッドも快適。無事に着けたことに感謝しながら、眠りにつく。

午前中、朝食の後、少しバンガロールの街を歩いてみる。うーん、これがインドか。。。エネルギーにたじたじとなりながら、そぞろ歩き。悪くない。

昼間から、気持ちよさそうに外で寝ている人がけっこういる。渦巻くエネルギーと静かな眠り。対照的なようでいて、実は根の部分は同じなのだろうか。

Imgp3662


そして、横断歩道とか信号というものがほとんどない中を、車とオートリクシャーと人と、ときには牛がいっしょに移動して、まがったり、道を渡ったりするのだ。コツは、流れに身をまかせること。決して急がないこと。しかし、行きたい方向には行くこと。それだけで、行けてしまうのはなぜだろう。

日本でこれをやったら、たぶんドライバーから怒鳴られ、パトカー(救急車か?)がくるだろう。

いつもの日本での生活となんと違うことだろうと思いながら、人の流れにくっついて、ふらふらと移動する。


Imgp3669


ホテルでインド風(?)中華料理を食べてから、午後、アメリカから参加のKirkさんと駅で落ち合い、いっしょに列車に乗って移動。ワークショップをいっしょにオーガナイズすることになっているので、さっそく打ち合わせ。

4時間しかないワークショップを、いかに充実したものにするか。参加者の人数もバックグラウンドもあまりよくわからないのだが、知恵を絞る。けっこう楽しい。プレゼンだけだと退屈だろうから、参加型のものにしたいというところでは意見が一致。若くて優秀なオーブコムの技術者としては、いろいろ難しいことをさせたいようだが、私のほうがたぶん現実を知っている。初めて会う人とチームを組んで、一時間くらいで結果が出せるものにしないといけない。

その間、ひっきりなしにお茶やお菓子を売りにくる。検札もある。
Eチケットを、出発直前にKirkさんがいっしょに購入してくれたのを、出発直前の早朝、事務所でプリントアウトして持ってきていてよかった。これがなければ、検札でひっかかるところだった。


| | Comments (2)

インドから無事帰国

インドより無事帰国。

某旅行社の信じられないミスによって、予定より一日早く帰国。旅程表でもらっていた航空券の日程とは違う航空券が発券されていた。たまたま確かめたので、予定を変更して飛行機に乗ることができたけれど、確かめなかったら、いまごろは恐ろしく高いノーマルチケットを購入して帰国する羽目になっていたに違いない。。。。しかし、予定していたことをキャンセルせざるを得ず、精神的にちょっとまいって、帰国。成田でちゃんと荷物が出てきたときにはほっとした。

まあ、何事もきちんと自分の目で確認することの大事さを教えてくださったのだと前向きに考えよう。

報告書と記事をまとめつつ、考えることがいろいろある。あまりにいろいろありすぎて、自分の中で収拾がついていない。おいおいに書いていくこととしよう。

戻ってきて一番ショックだったことは、編集者のOさんが脳内出血で倒れたとの報。
幸い、一命はとりとめたとのことだけれど、本当に驚いた。
若くてフットワークが軽くて、相当に大変な仕事でも飄々とこなす方で、しかも恐ろしいほどの気配り上手で、編集者というのはすごいなあとよく思っていた。かくなるうえは、素敵な作家の奥様と二人三脚で「病院モノ」の傑作を出版していただきたいものだ。

何もできないけれど、せめて、一日も早い御快復を心より祈りたい。
そして、私にできること、一日一日を精一杯、大切に生きることをしていこう。

2007年10月4日
スプートニク50周年の日。
そして、「かぐや」月周回軌道投入成功の日。
今日から、きっといいことがあると思って、ひとつひとつやっていこう。


| | Comments (2)

« September 2007 | Main | November 2007 »