« October 2007 | Main | December 2007 »

ムンク展

国立西洋美術館でエドヴァルド・ムンクの展覧会。
ノルウェーの画家。19世紀末から20世紀初頭に活躍。

絵から異様な雰囲気が漂ってくる「叫び」という作品は有名。
この絵の印象が強かったので、気分が暗くなることを予想して、けれど何かひきつけられるように美術館へ。

子供のころに母と姉を亡くしていて、それが作風にも影響しているとのこと。
「病気の子供」の絵など、救いようがないほどに表情に諦めがにじみ出ている。
「不安」「絶望」というタイトルの絵は、「叫び」によく似て、空は不気味に赤く、人の表情は暗い。

ああ、もっと明るい展覧会へ行くべきだった。。。と後悔するのは早い。

ムンクは、作品を一点ずつ鑑賞するというよりは、並べて鑑賞するものとして考えたらしい。
「生命のフリーズ」というのは「全体として生命のありさまを示すような一連の装飾的な絵画として考えられたもの」だと、パンフレットに書いてある。

並べて鑑賞するには最適なのが壁画。彼はあちこちに壁画も残している。
チョコレート工場の食堂には彼の壁画がある。こんなところで食事ができるなんて、なんて幸せな人たちだろう。

今回、最高に印象に残った作品は「太陽」。オスロ大学の講堂の壁画の正面に描かれたもの。この壁画は7年の歳月をかけて一人で描いたのだそうだ。

その「太陽」。
寒色を中心に描かれているのに、明るいのである。
なんともすがすがしくて、光がこちらの心の中までさしこんでくるような作品。
10分くらいボーっと見ていた。至福。

ああ、これに出会うためにここに来たのだなあと勝手に納得する。
芸術鑑賞は「思い込み」で楽しむに限る。

悲しい子供時代を経て、悩み苦しんだ時期を経たからこそ描けるこの太陽。

その太陽の光を時代を経て、海を越えて受けることができる幸せ。

こういう企画展の作業は気を使うことが多くて、相当に大変らしい。
けれど、こういう幸せな時間を作ってくれるのだからすばらしい。ぜひぜひ気合をいれた企画展をどんどんやっていただきたいものだ。

| | Comments (0)

11時間半の宴会ミーティング

11時間半 - お客様のレイランド滞在時間。最長記録かもしれない。
昨夜というか、今朝まで、レイランドにお客様。

本日は、N研究室の学生さんをご招待。
PRISMという衛星の開発メンバーの皆さん。
16日に迫ったCDR(= Critical Design Review 設計審査会)を目前にして、多忙を極める皆さんは、時間をやりくりしていらしてくださった。

071109salad_s

7時開始。
準備ができていなかったので、生ハムのサラダをいっしょに作っていただく。
ゆでた卵とじゃがいもの皮をむいていただく。そして、きれいにデコレーションしたあとで、生ハムを一枚ずつはがして、美しく盛り付けていただく。ドレッシングは、タイ産のちょっと辛いドレッシングを使ってみた。生ハムと野菜の相性は抜群。

本日のメインは鳥鍋であるが、N研究室の方をお呼びする場合は、通常の3倍の量を用意すべしという過去の経験則をもとに、食材を大量に準備。前日に骨付きの鶏肉は2時間ほどかけてじっくり煮込んで、あくをとってある。この一手間だけで、不思議なくらいに味がぐっとよくなる。

071109nabe_s

「本能のままに」飲み、食べ、語りながら、夜は更けていった。
本当に皆さん、よく召し上がっていただき、お鍋は買いおいてあった豚肉まで投入。最後にうどんをいれる。最後のうどんは、だしとからまって、実においしい。

最後に希望者にのみ、カレー。なぜ、これだけ食べた後でカレーが食べられるのか不思議なのだが、彼らに不可能という文字はないらしい。

コーヒーと紅茶。コーヒーは豆をひいて。紅茶は頂き物の高級品。

11時半過ぎに、衛星運用を終えたメンバーが加わり、ワインを飲み始める。(6リットルのワインが消費された模様)

午前2時を回ったあたりから、プライベートな話に移行。
「キューブサット物語」では、いわゆる「恋愛物語」はあまり書かなかったのであるが、やはりお年頃の皆さんのことで、実はいろいろある。書けないけれど、せつないお話をいろいろとうかがう。衛星開発は、こんな中で行われているのだなあと、パラレルに進行している物語が無数にあることを改めて実感する。

人生は複雑。その複雑な人生がからみあっているのが、世の中。学生といえども、複雑であることに変わりはない。その中で、衛星という新しい命を生み出そうとする努力をしているわけで、それは一筋縄でいくものではない。

朝6時半。
皆さん、いっこうに帰る気配がない。このあまりすわり心地のよくない椅子に11時間半もすわっているのに、疲れた気配もまったくない。
「あと十二時間くらいなら、軽くいられます」という不気味な発言。朝ごはんを出したら、昼ごはんを出すようになりそうだ。

さすがに私も眠くなってきたので、そろそろお開き宣言。

雨の中、明るい笑顔になって帰っていく皆さんを見送って、ほのぼの気分で後片付け。

たまには、こんな夜もいい。
皆さんのプロジェクトがうまくいきますように。


本日のメニュー

生ハムとジャガイモのサラダ
サツマイモのレモン煮
豆もやしとわかめときゅうりの和え物
栗入り五目たきこみごはん
カリスマ豆腐

鳥鍋
カレーライス

果物
コーヒー、紅茶
チョコレート

ワイン
クラッカー

バターブレッド


| | Comments (2)

UNISECスタッフ募集

UNISECからのお知らせです。

=============
UNISEC事務局のスタッフを募集しています。

条件:週3日(一日4時間以上)以上勤務できること
   イベント等の際は、土日の勤務も可能なこと
   長期勤務が可能なこと
   パソコンが使えること

仕事内容:事務・経理(知識がなくても大丈夫です)
報酬:時給1000円~、交通費別途支給(上限往復1000円まで)
勤務地:東京都文京区弥生2-6-7-101
(最寄り駅は千代田線根津駅、南北線東大前駅)

ご興味のある方は、下記まで履歴書をお送りください。
(メール添付でもOKです)
お問い合わせも、同じところにお願いします。

113-0032
東京都文京区弥生2-6-7-101
UNISEC事務局
staff(at)unisec.jp (at を@に置き換えてお送りください)

お知り合いの方で、ご興味がありそうな方がいらっしゃれば、ぜひ教えてさしあげてください。
どうぞよろしくお願いいたします。

| | Comments (0)

北海道で学会

札幌で行われた宇宙関係の国内学会に参加。
たくさんの見知った顔に出会う。この世界が狭いのか、私の顔が広くなったのか。。。
この学会は、「出された論文はすべて受け取る」システムなのだそうで、今回もたくさんの発表件数があり、セッション数も多い。学生さんもたくさん参加していて、なかなか楽しい。

3日間のセッションの中で一番印象に残ったのは、「旭山動物園の園長さんのご講演」だというのは、我ながら情けないが、事実なのでしかたない。動物のお話を聞くのはそれだけで楽しいのだが、園長さんはお話が上手で、動物たちへの愛情にあふれていて、ついつい引き込まれてしまう。

会議終了後、テクニカルツアーが予定されていた。
私は、赤平の植松電機さんへのテクニカルツアーに参加。30人以上の参加があった。
植松専務のご講演は相変わらずすばらしかったし、無重力実験の落下塔のデモンストレーションもいつもどおりすばらしかったし、カムイロケットエンジンの燃焼実験も至近距離で見せていただき、鼓膜が破れるかと思うほどの迫力だった。

しかし、最高に楽しかったのは、子供用のモデルロケット製作と打上げ。
実は、初体験だったのだが、これは文句なしに楽しい体験だった。
手順は明確だし、簡単にできるし、わからなかったら、植松電機の社員の先生たちが親切に教えてくださるし。。。

Dscf1993


お昼休みにやりたい人だけ、ということだったのだが、はっと気づくと、ほぼ全員が。。。
業界では有名なエライ先生たちも、ほとんど全員が参加。
作っている顔は、童心に帰ったようで本当に嬉しそう。完成して記念撮影するときの笑顔など最高!

Dscf1979


冷たい小雨の中、植松電機の敷地で打ち上げていただいた。
(雨の中、燃焼実験・落下塔デモンストレーションやモデルロケット打ち上げ・回収作業をしてくださった植松電機の皆様、北大の学生の皆様、ありがとうございました!)

自分で発射スイッチを押すときなど、ドキドキだし、ちゃんとあがると感激だし、パラシュートを開いてちゃんとおりてきたりすると、小さなロケットがいとおしくなるあたり、しっかりはまってしまったらしい。もちろん、大事に持って帰ってきた。他の皆様も同様。

Photo

「ああ、こんなことが人は(大人でも)嬉しいのだなあ」と、少しとまどいながら、その事実を受け入れる。


東京に戻ってきてから、植松さんの講演で感じたこと、モデルロケット打ち上げ体験で感じたことなどを含めながら、考えた。

本当にやりたいこと、自分が信じられることをやるべきだ、と。
しかし、それが何なのか明確になっている人は少ない。オタクと呼ばれる人ですら、まったく揺らがずに信じているかというと、そういうわけでもない。みんな、多かれ少なかれ、揺らぎながら、迷いながら、歩いている。
(オリンピック金メダルの荒川静香さんも、スケートがいやになってやめていた時期もあると言っておられた)

けれど、それ(やりたいこと・信じられること)はどこか外にあるわけでなく、自分の中にある。自分と真正面に向き合って、心に問いかければ、出てくるはずだ。

そのために、今、3つの質問を自分に投げかけている。

1)人に誇れる得意なことは何か?

2)最も夢中になれることは何か?

3)何をしているとき、一番幸せを実感できるか?

急がず、ゆっくり時間をかけて答えを出そう。
ないものを求めるのはやめて、事実に身をまかせよう。

ともあれ、とても楽しく、学ぶところの多かった北海道滞在だったことに感謝したい。

| | Comments (0)

« October 2007 | Main | December 2007 »