« ケニアからの便り | Main | UNISEC5周年記念事業 »

ポトフの夜

レイランドにお客様。

Photo

ポトフを用意。こんなにおいしくて、失敗の少ない料理はないと思う。
必要なのは、材料と、皮をむいたり切ったりすることと、あとは時間だけ。
今回は、豚肩ロースの塊を買ってきて、ごろごろと切っていれた。それに、ジャガイモ、にんじん、大根、そしてキャベツにたまねぎ。ウインナーソーセージも。

前夜に、ゆっくりとコトコトと煮て、新聞紙とバスタオルでくるんで一晩おいておいたら、肉はトロトロになり、野菜はまったりとやわらかくなった。キャベツの甘みが出て、スープはまろやか。好みでマスタードか胡椒をかけていただく。

これからの世界を背負ってたつであろう若い方々とのおしゃべりは楽しい。最近の若い方は、物知りで、かつ勉強熱心で恐れ入る。宇宙の世界も変わっていくかもしれない。ちなみに今日は、法律関係の方々がいらしてくださった。

「ポトフって何語?」
「さあ、ロシア語?」
という会話があると、さっそく携帯を取り出して調べる。

なんとポトフはフランス語だそうな。。。

大学時代に法学部なのに三国志を勉強したという方が、おもしろいことをおっしゃっておられた。

天才といわれる人たちは、家柄がよくお金持ちだったのだそうだ。財力を持ち、情報をたくさん手にした人が賢明な判断ができた、というのが彼の解釈。

なるほど、情報があふれているといわれる現在でも、本当に必要な情報を持っている人がどれくらいいるかは疑問。いまは、どの情報を信じていいかというところから考えないといけない。

情報を解釈する力、複数の情報を統合する能力が問われる。
表面的なところだけをなぞっていては、決してわからないことがある。

検索エンジンを使えば、なにごともすぐにわかるようになりつつある今、肝心の自分で解釈する力、統合する力を育む機会が減っているように思うけれど、気のせいだろうか。

自分の頭で考えよう。
大切なのは、思考するプロセス。なんども同じことを繰り返して考える中で、知らないうちに身についてくるものがある。それが、本当の力。人に頼らず、自分で考える。自分なりに考える。間違いに気づいたら、認めて直す。

そういうことができる人たちがまわりに増えてきたのを見るのは、本当にうれしく、心強い。

少しずつ、水が一滴ずつたまるように、よいものがたまってきたように思う。
いつかそれがあふれて、流れ出し、世界中のよいものと出会う日がくるといい。


|

« ケニアからの便り | Main | UNISEC5周年記念事業 »

「料理」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

赤塚さま
コメント、ありがとうございます。
今日は東京でも雪が降りましたね。
寒いときには、あったかい料理が一番ですね。
風邪などお召しになりませんよう。

Posted by: Rei Kawashima | 2008.01.23 at 11:51 PM

寒いときにぴったりの料理ですね。

Posted by: 赤塚 洋 | 2008.01.23 at 06:57 PM

和田シェフさま
コメント、ありがとうございます。
そうですか、おじやがスペイン語とは、、、。
また、シェフ様のすばらしいお料理を賞味させていただく日を楽しみにしております。

Posted by: Rei Kawashima | 2008.01.23 at 12:29 PM

ついでに

「おじや」はスペイン語(土鍋の意味)だそうです。

ふ~、ふ~

Posted by: 和田雄志 | 2008.01.23 at 10:03 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ケニアからの便り | Main | UNISEC5周年記念事業 »