« アーサー・C・クラーク | Main | 桜の季節 »

Across the Universe

春分の日
昼の長さと夜の長さが同じになる。
そして、これから昼の長さがどんどん長くなっていく。

柔らかな日差しは、あっというまに強烈な夏の照りつけになり、そして、またそのうちに、穏やかな秋の日差しになって、また冬がやってくる。

そんな繰り返しの中で、人は出会ったり別れたり、新しい命が生まれたり、消えていったりする。

最近、近いところで、新しい命が誕生した。(詳細はこちら
まだ写真でしか見たことがないけれど、かわいらしくて、見ているだけでこちらがうれしくなるのが不思議。おなかにいるときから知っている赤ちゃんの誕生は、とても他人事とは思えない。

その一方で、消えていく命もある。
突然の訃報を聞くと、ご本人の無念さとそのまわりの方々のご心痛はもとより、その後にまわりの方々にふりかかってくる膨大な事後処理を思うと、とても他人事とは思えない。

「あなたのお葬式のときに、どんな人だったと言われたいですか?」という質問は、今の生き方を自問するにはとてもわかりやすいので、悪くない質問である。

けれど、それは「人から見た自分」であって、「本当の自分」であるとは限らない。
本当の自分がどんな人間であるのかは、ほんの少しの「心の違和感」に意識をきちんと向けるようにすると、少しずつわかってくる。

最近、ネガティブなこと、自分の本心と違うことを言うと、心がきしむのを感じる。
事実をそのまま口に出すと、ネガティブに聞こえるようなことが多い中で、自分の心のきしみとどう向き合えばよいのか、思案中である。

いま、ここ、に生きていれば、そのような「きしみ」はなくなるのかもしれないのだが、凡俗ゆえ、なかなかそれが難しい。

不思議なことが世の中にはある。

NASAは、設立50周年を記念して、北極星(North Star)に向けて、ビートルズ(The Beatles)の「Across the Universe」を発信した。GMT5日午前0時(日本時間5日午前9時)、北極星に向けて光速(秒速約31万km)で発信したそうだ。地球から431光年の距離にある北極星に楽曲が到達するのは、431年後になるとのこと。

不思議なのは、その日、そのメッセージが、遠い宇宙に向かって発信されたその日、その歌詞の中にあるサンスクリット語の言葉 'Jai Guru Deva, Om...' をビートルズに教えたといわれるMaharishi Mahesh Yogiが、瞑想しながら静かにその肉体を永遠に離れたということ。

ただの偶然といえば偶然かもしれないけれど、何かを感じるのは私だけだろうか。

ほんの少しだけ、意識を少しだけ、高いところに持っていって、ものごとを見つめなおしたい。


|

« アーサー・C・クラーク | Main | 桜の季節 »

「宇宙」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

Comments

そうですね。
「オーム」というのは、本当に深い言葉のようですね。

Posted by: Rei Kawashima | 2008.03.24 at 12:29 AM

Jai guru deva om
翻訳不能で難解な言葉ですね。

Posted by: 赤塚 洋 | 2008.03.22 at 05:09 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« アーサー・C・クラーク | Main | 桜の季節 »