« 北京ダックランチ | Main | Precious Time »

ハッピーエンド

「末期がん」で治療法はないと宣告されている父といる時間は、たぶんあまりそう長くない。もしも今回、奇跡が起こって退院できるようなことがあったとしても、別れは必ずやってくる。

ほんの一口だけフルーツゼリーを「おいしい」と言って食べてくれるけれど、首から点滴をして栄養を注入して、文字通り「生かされている」状況。病院では、「苦痛を緩和する」対症療法をしてくださる。

寝ていても、苦しいらしく、点滴をやめて「自然死」したいという言葉が出てくる。
3週間も病室の天井だけを見ている生活をしていれば、気も弱くなるだろう。

それに対して、何を答えればよいのか。

「患者の家族」は悩む。
まだ、それほど厳しい選択をつきつけられてはいないけれど、そのうちに「延命しますか、どうしますか」とか「モルヒネを使いますか、どうしますか」という決断を迫られるだろう。

こうやって悩んでいる「患者の家族」はたぶん、全国にたくさんいらっしゃるのだろう。

ISTSという会議が来週浜松であるのだが、こういう状況なので参加は見合わせることにした。
お手伝いする予定だったができなくなったので、おわびのメールをいれたら、「実は自分も似たような状況で。。。」とのお返事。その方も参加できない可能性があるとのこと。

急に親近感が湧いてくる。

「患者の家族」の皆さん、心中お察しいたします。。。。
いたわりあって生きてまいりましょうね。。。


「ハッピーエンド」という言葉がある。

「王子様とお姫様はめでたく結婚しました。ハッピーエンド」というのがよくあるパターン。
結婚はエンドではなくてスタートであるのは、誰もが知っていることではあるが、物語としてはそこでエンドとなる。

幸せな人生のエンドというのは、どういうものなのだろう。
チベット仏教の高僧の方がお亡くなりになるときは、瞑想したまま静かに息をひきとるのだそうだ。
そして、あちこちに虹がかかるのだと聞いたことがある。

一日一日を大切に、とはいうものの、病院でベッドから起き上がれることもままならない父にそんなことを言ってもあまり説得力がない。

こういう悩みは初体験なので、どうしていいかわからないというのが正直なところ。

患者の家族は、一日でも長く生きていてほしいと思うわけだが、患者自身はどう感じているのだろう。
苦しいといわれると、こちらも苦しくなる。
口がかわくと言われれば、こちらも口がかわいてくる。

「ハッピーエンド」と思える人生を送ろうと強く思う。
そうして、父の人生はどうだったのだろうと思う。

終わりよければ、すべて良し、とも言う。
そうなるチャンスを今、彼は持っている。
そのチャンスを生かせるように、できるだけのサポートをしよう。

日大と東工大の衛星くんは、ちょうど「生誕1ヶ月」。
違法電波が多くて、なかなか通信にてこずっている様子だけれど、元気そうで何より。
元気なうちに、できるだけのこと、やりたいことはやってみたらいい。

ハッピーエンドは、ハッピースタート。
終わりがあるから、始まりがある。
それはきっと、スパイラル状になって、未来に続いていく。

よき未来があちこちでポコンポコンと生まれていきますように。


|

« 北京ダックランチ | Main | Precious Time »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

松浦様
コメントありがとうございます。
一瞬一瞬を大切にできたかというと、そうでもなかったかなー(ただ時間が過ぎていったような気もします)と思いますが、病院でいっしょに水戸黄門とか篤姫とか見て楽しめてよかったかな、と思います。

Posted by: Rei | 2008.06.03 at 10:23 PM

 自分も同じ経験をしているので、他人事とは思えません。

 今一瞬を大切にすること——これぐらいしかいえません。充実した時間のあらんことを祈ります。

Posted by: 松浦晋也 | 2008.06.03 at 03:30 AM

ぐさま
お気遣いいただき、ありがとうございます。
おっしゃるとおり、いま、ここにいて、サポートしてあげられるのは幸せなことと思います。学ぶこともたくさんあります。医療スタッフも皆さんとても親切にしてくださって、ありがたいです。特に、看護師さんたちの働きには頭が下がります。
ぐさんも、無理せず、心楽しくお過ごしくださいね。

Posted by: Rei | 2008.06.01 at 11:59 PM

自分も4年前に母の看病で同じような情況でした。心中お察しいたします。

家族は「病気に飲み込まれないこと」とお書きになっていますが、私も努めてそれに心がけ、そしてそれは正解だったなと思っています。

お話拝見するところ、少しでもお父様の近くにいてあげられることはやはり「ハッピー」な事ではないでしょうか。

どうぞお身体ご自愛下さいませ。

Posted by: (ぐ)こと のざき | 2008.06.01 at 11:14 AM

コメント、ありがとうございます。
いろいろと考える機会を頂けるのは、本当にありがたいことと思って、感謝しています。でも、きっと考えるより、「感じる」ことのほうが大切なんでしょうね。明日は、玄米スープを作ってもっていこうかなと思っています。

Posted by: Rei | 2008.05.30 at 11:37 PM

家族に看取られて、最後の時を迎えるのが、
やっぱり一番の幸せだと思います。
辛い心中をお察しします。

Posted by: 赤塚 洋 | 2008.05.30 at 08:16 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 北京ダックランチ | Main | Precious Time »