« 仮通夜 | Main | 足るを知る »

誠道

お通夜と告別式は無事に終了。
葬儀会社の仕切りは本当に上手で、死化粧(おかげさまで、いい男になっていた)から親族記念撮影から、もちろん当日の式の司会から、ほぼ完璧にこなしてくださる。

二日間とも、兄の会社の方々に、受付などのお手伝いをいただいた。
非の打ち所のない対応で、感謝。

お通夜はたくさんの方にいらしていただいて、にぎやかだった。
当初、椅子が多すぎるのではないかと思ったけれど、あっという間にうまり、追加で椅子を出していただき、それでも入りきれずにロビーでお待ちいただいたりしてしまった。数を読むのは難しい。

お清めは、しんみりとしたり、大笑いしたりで、父も喜んでくれただろうと思うような、いい会になった

なかなか素敵な戒名をつけていただいた。
見た瞬間に、「あ、これ、好き」と直感的に思うような名前。
父にぴったりだと思うような名前。事前に、電話でどんな人だったかを聞かれて、名前を選んでくださる。

  「叡岳院光勇誠道居士」

光勇の部分が、「一休」さんの「一休」にあたる部分で、現世での姿を表し、誠道の部分が、本来の戒名を表す部分で、「空海」とか「最澄」にあたるのだそうだ。「叡岳院」というのは、心のお寺の名前なのだそうだ。

一日にして、ずいぶんと物知りになったような気分。

父の大学時代の山岳部のお友達が、いい戒名だといってくださった。

これからは、「誠道」さんとして生きる(?)父の、新しい旅立ちがうまくいくように、サポートしたい。
それには、後顧の憂いがないように、こっちは大丈夫、といえるようになることが一番。

悲しみは悲しみとしてあってよい。
けれど、その中にも喜びがあってもいいし、その外にあってもいい。

誠の道を歩む父に恥じない生き方をしたい、と思う。


|

« 仮通夜 | Main | 足るを知る »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

ありがとうございます。
エコ松さんも、素敵な奥様を大切になさってくださいね。

Posted by: Rei | 2008.06.12 at 09:21 PM

すてきだな、レイさん。
そしてお父様も。

Posted by: エコ松 | 2008.06.12 at 12:44 PM

ありがとうございます。
いろいろあっても、毎日は続いていくのがありがたいですね。
そちらはこれからいい季節ですね。
体に気をつけて、楽しい毎日を送ってくださいね。

Posted by: Rei | 2008.06.12 at 11:15 AM

レイ様
お父様のご逝去、謹んでお悔やみ申し上げます。
パソコンの調子が悪くて、1週間ブログの閲覧ができませんでした。本日久しぶりにブログを覗き訃報に接しました。さぞかし、お力落としのこととお察しいたします。心よりご冥福をお祈りいたします。

Posted by: Kawasan | 2008.06.11 at 11:30 PM

ありがとうございます。
そうですね。ひとつひとつ大事にやっていきたいと思います。

Posted by: Rei | 2008.06.07 at 08:58 PM

しっかりと生きることが、
亡くなった方への最高の供養ですね。

Posted by: 赤塚 洋 | 2008.06.07 at 07:39 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 仮通夜 | Main | 足るを知る »