« November 2008 | Main | January 2009 »

塩をまく

お客様がお帰りになってから、玄関に塩をまいたことがある。
なんてひどいこと、失礼なこと、と言う人があるかもしれない。

実は私自身もちょっとひどいかな、別に悪い人でも悪いことをしたわけでもないのに、と思いながらまいた。
だから、ちょっと後味が悪かった。でも、まかずにはいられなかった。

悪いことはしていなくても、その人なりに善意で動いていても、「なにか悪いエネルギー」あるいは「影響を受けたくないミーム」を感じてしまったのだ。

人(あるいは会社、国などなんでも)のことを、前向きに褒めて言うと、気持ちがよくなる。
「ポジティブな面に目をむけていると、ポジティブになる」といろいろな本に書いてあったりもする。
逆に、悪く言うと、気持ちがネガティブになる。だから、よい面に目をむけることで、自分が出しているエネルギーが変わり、よいものをひきつけるようになる。

これが正しいときもあるだろうけれど、いつもそれがよい結果につながっていくかどうかは疑問である。
ある行動がいつも同じ結果を招来するとは限るまい。

なんとなくいやだなとどこかで思いながら、「いや、アノ人はいい人なんだ」と自分に思い込ませようとする傾向を私たちはみんな多かれ少なかれ持っている。そのほうが楽だし、人にいい顔をして「喜んでもらう」ほうが気持ちがいいからだ。

ここで大切なのは、「アノ人がいい人かどうか」を判断するのでなく、「アノ人が言ったこと、したこと、しようとしていること」は、自分にとって、その人にとって、社会にとって、未来にとって、いいことだと自分が信じられるかどうかを判断する、ということだ。ジャッジすべきは、相手でなくて、自分が信じられるかどうか、つまり、自分なのである。

そういう判断をする訓練を、私たちはあまり受けていない。
自分の価値判断を育てることの重要さをあまり認識していない。

よいエネルギーばかりの場にいれば、そんな判断はいらない。
けれど、世の中、そんな素敵な場ばかりとは限らない。

「悪いエネルギー」を持ち込まれたとき、それをどうやって断ち切るか。
答えは簡単、塩をまけばいい。
そうすることによって、自分の中で、そのエネルギー(ふれてしまうと、必ずその影響を程度の差はあっても受ける)を捨てることができるような気がする。

そして、やや後味の悪かった日の翌日。
その、塩をまいた同じ玄関に、まったく別のエネルギーを持った人が、突然現れた。
「とおりすがったので」寄ってみたというのだけれど、エネルギーがあう感じがあった。
仕事につながっていくかどうかはまだわからないけれど、何か生み出せそうなポテンシャルがあるのはわかった。

悪いエネルギーを持った人を非難するのは、あまりよい方法ではない。なぜなら、そうすることで、その人のエネルギーを増やしてしまうし、こちら側にも悪いエネルギーが生まれてしまうからだ。だから、よっぽど実害が及びそうなときを除いては、無視して、自分のためには、だまって塩をまくに限る。

そして、一番大切なこと。

自分が、悪いエネルギーを出したり、運んだりしていないかどうか、常に気をつけておくこと。
それから、「悪いエネルギーのきっかけとなった人、持ち込んだ人」に、恨みを持たないこと。その人は、もしかしたら、たまたま悪いエネルギーの「運び屋」になっていただけなのかもしれないし、あるいは、自分がしていることの意味に気づいていないだけなのかもしれない。(ただし、無知でいていいというわけではない。)

地下鉄で足をふまれただけで、「悪いエネルギー」は生まれてしまう。ささいなことで生まれたそのエネルギーは、簡単に増大してしまう。

自分の心の中にも、ときどき塩をまいて、清める癖をつけるといいかもしれない。

| | Comments (5)

根津くらぶ年末バージョン2008

Flower今年最後の根津くらぶ での料理のクラス。

まるで春のような花が活けてある。赤いチューリップ。

お店にはいったら、目に飛び込んできて、それだけで嬉しくなるような不思議な効果。なんとも素敵。

料理教室の年末バージョンは、たいてい年越し蕎麦とおせち料理の何品か。今日は「鰊そば」。茶蕎麦(「青垣」という奈良のお品)を使用。

身欠き鰊を調理する。お蕎麦やさんの鰊はこうやって調理されていたのかと納得。

Etsukosensei蕎麦は悦子先生自らがゆでてくださる。この立ち姿がとてもしゃっきりとしていて素敵。カメラを向けたらポーズをとって、にっこり笑ってくれた。サービス精神が旺盛で、人をもてなすのが大好き。そんな人柄が伝わってくる。

Yugama柚子をくりぬいて作るいれものを「柚釜」というそうだが、なんともかわいらしい。

柚子の数が足りなかったので、今回は竹の入れ物を使用。いずれにしても風流でよろしい。

月に一度の料理教室は、私にとっては、「文化の日」。日本の心というと大げさだけれど、日本流のおもてなしの心を、胃袋で学ぶ。思わず、食器を洗うのも丁寧になったりするから不思議。

Sobaできあがった料理。

うーん、おいしそう。

みなさんでいただく。「蕎麦の替え玉」を所望したのは、私とあと一人だけ。ここの教室の皆さんは、わりと小食。

Tsukemonoここでは、おつけものも、芸術的にもりつけられる。もりつけてくださったのは、スタッフの「のりさん」。写真がちょっとぶれてしまったので、また今度いいのがとれたら、ご本人の了解を得てご紹介したい。

食器はどれも素敵。

「馬子にも衣装」というけれど、「料理には食器」なのだということを感じる。

そうして、パタパタと過ぎていった2008年という1年の、残り少ない日々をどんなふうにすごそうかと考える。 目標は「26日仕事納め」。多くの人にとって当然のことが、私や私の同僚たちにとっては、なかなか難しい。

旅行にいくとき、2週間の旅行だったら、けっこう長旅と思うだろう。

イタリアへいってフランスへいって、それからそれから、といくらでもワクワクしながら計画できるだろう。

日常の2週間だって、本当は長いはずなのだ。それをただ過ぎ去っていく時間にしているのは、ほかでもない自分。

残り少ないと思うのは、何かと比較しているから。誰かの人生と比較したり、これまでの経験と比較したりするのをすっぱりやめてみてはどうだろう。

比較するのをやめて、純粋にそのことをみつめれば、時間はたぶんたっぷりとある。 たっぷりある時間で、何をしようか。

年末ぎりぎりになる前に、このことに気づけてよかった。

| | Comments (3)

PRISM出発式と缶サット甲子園

Prism

来月打ち上げ予定の東大の人工衛星「PRISM」の出発式が12月7日に行われたので、出席させていただいた。

PRISMを「体で表現する」皆さんは、開発にあたってきた学生さんと卒業生の方々。右から、程さん(通称りゃんさん)、江野口さん、千倉さん、稲守さん、田中さん、三川さん。なぜか、左にいくほど学年が下だ。

みんな、いい味を出している。Sの字がなかなかいい感じ。

Komatsu

このプロジェクトは実は2002年から始まっていたので、関係者は多数。出発式にも、懐かしい顔ぶれが集まった。

プロマネも何人もが交代した。

現在のプロマネは小松さん。写真撮影のために、安田講堂に移動する際、PRISMのエンジニアリングモデルを大事に抱えて運んだ。8キロもあるので、けっこう重いらしい。

UNISECの加盟大学が打ち上げた衛星は、これまでに7基。(ロケット失敗で軌道投入に失敗したのをいれると8基)どうやら、この数字はこれからどんどん更新されていく模様。

来年1月21日(予定)には、4基の打ち上げが予定されているし、2010年には6基予定されている。工学部のある大学なら衛星を持っているのが普通、というような時代がもうすぐ来るのかもしれない。

PRISMの出発式と同じ日、ほぼ同じ時間に、「理数が好きになる教育実行委員会」のイベントがすぐそばで行われた。ここにもちょっとだけ顔を出す。

こちらは、制服姿の高校生たちがたくさん。カンサットは、いまや高校生が競い合う時代となり、「缶サット甲子園」なるものまで実施されている。

彼らのカンサットは、この夏、能代で、あの「カムイロケット」で打ち上げられた。30分間隔でポンポンと打ち上げられるロケットを、高校生たちは、「当然のことのように」受け取ったかもしれない。

たくさんの小さな星たちが無事に生まれて、りっぱにお仕事ができますように。

Continue reading "PRISM出発式と缶サット甲子園"

| | Comments (4)

ブラジルのマリアのワーク

「凝縮した空白」の期間に出会ったことたちを、少しずつ文字にしていこう。言葉をつむいでいくことは、なかなか手放せない愉楽だ。

先日、夢を見た。

自宅(なぜか、とても立派な家だった)に泥棒が入って、いろいろ盗られたのだが、本屋さんのごとくに大量に並べてあった本は無事だったという夢。この夢から私は何を学べるだろう。どんなことからもメッセージを受け取ることができる。

お金やモノは、盗まれたら終わりだけれど、知識や学びは自分の中にある。そして、言葉にして残しておくことで、自分が滅びても、人様のお役に立つこともあるかもしれない。

「凝縮した空白」の期間中に、ブラジルのマリア(Maria Lucia Sauerさん)のシャーマニック・タッチ・ヒーリング・ワークショップを受ける機会があった。11月のはじめの連休のことだ。必要な体験は、絶妙のタイミングでやってくるらしい。

Continue reading "ブラジルのマリアのワーク"

| | Comments (0)

« November 2008 | Main | January 2009 »