« 根津くらぶ年末バージョン2008 | Main | ホクロをとる »

塩をまく

お客様がお帰りになってから、玄関に塩をまいたことがある。
なんてひどいこと、失礼なこと、と言う人があるかもしれない。

実は私自身もちょっとひどいかな、別に悪い人でも悪いことをしたわけでもないのに、と思いながらまいた。
だから、ちょっと後味が悪かった。でも、まかずにはいられなかった。

悪いことはしていなくても、その人なりに善意で動いていても、「なにか悪いエネルギー」あるいは「影響を受けたくないミーム」を感じてしまったのだ。

人(あるいは会社、国などなんでも)のことを、前向きに褒めて言うと、気持ちがよくなる。
「ポジティブな面に目をむけていると、ポジティブになる」といろいろな本に書いてあったりもする。
逆に、悪く言うと、気持ちがネガティブになる。だから、よい面に目をむけることで、自分が出しているエネルギーが変わり、よいものをひきつけるようになる。

これが正しいときもあるだろうけれど、いつもそれがよい結果につながっていくかどうかは疑問である。
ある行動がいつも同じ結果を招来するとは限るまい。

なんとなくいやだなとどこかで思いながら、「いや、アノ人はいい人なんだ」と自分に思い込ませようとする傾向を私たちはみんな多かれ少なかれ持っている。そのほうが楽だし、人にいい顔をして「喜んでもらう」ほうが気持ちがいいからだ。

ここで大切なのは、「アノ人がいい人かどうか」を判断するのでなく、「アノ人が言ったこと、したこと、しようとしていること」は、自分にとって、その人にとって、社会にとって、未来にとって、いいことだと自分が信じられるかどうかを判断する、ということだ。ジャッジすべきは、相手でなくて、自分が信じられるかどうか、つまり、自分なのである。

そういう判断をする訓練を、私たちはあまり受けていない。
自分の価値判断を育てることの重要さをあまり認識していない。

よいエネルギーばかりの場にいれば、そんな判断はいらない。
けれど、世の中、そんな素敵な場ばかりとは限らない。

「悪いエネルギー」を持ち込まれたとき、それをどうやって断ち切るか。
答えは簡単、塩をまけばいい。
そうすることによって、自分の中で、そのエネルギー(ふれてしまうと、必ずその影響を程度の差はあっても受ける)を捨てることができるような気がする。

そして、やや後味の悪かった日の翌日。
その、塩をまいた同じ玄関に、まったく別のエネルギーを持った人が、突然現れた。
「とおりすがったので」寄ってみたというのだけれど、エネルギーがあう感じがあった。
仕事につながっていくかどうかはまだわからないけれど、何か生み出せそうなポテンシャルがあるのはわかった。

悪いエネルギーを持った人を非難するのは、あまりよい方法ではない。なぜなら、そうすることで、その人のエネルギーを増やしてしまうし、こちら側にも悪いエネルギーが生まれてしまうからだ。だから、よっぽど実害が及びそうなときを除いては、無視して、自分のためには、だまって塩をまくに限る。

そして、一番大切なこと。

自分が、悪いエネルギーを出したり、運んだりしていないかどうか、常に気をつけておくこと。
それから、「悪いエネルギーのきっかけとなった人、持ち込んだ人」に、恨みを持たないこと。その人は、もしかしたら、たまたま悪いエネルギーの「運び屋」になっていただけなのかもしれないし、あるいは、自分がしていることの意味に気づいていないだけなのかもしれない。(ただし、無知でいていいというわけではない。)

地下鉄で足をふまれただけで、「悪いエネルギー」は生まれてしまう。ささいなことで生まれたそのエネルギーは、簡単に増大してしまう。

自分の心の中にも、ときどき塩をまいて、清める癖をつけるといいかもしれない。

|

« 根津くらぶ年末バージョン2008 | Main | ホクロをとる »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

あすかさま
おお、それはとってもよかったです!
プラネタリウムで見ると、迫力がありますし、なにやら不思議な臨場感がありますね。
ほかにもいろいろ楽しそうな催しがたくさんあったんですねー。それにきれいな富士山においしい郷土料理。。。。。盛りだくさんの休日に乾杯!です。

Posted by: Rei Kawashima | 2009.01.06 at 04:48 PM

あけましておめでとうございます。

12月20日~23日まで娘と2人でかしましく甲府に行ってまいりました!

山梨県立科学館の「超ミニミニ衛星、飛んだ」、興味深く拝見しました。全くの素人(の私)でも難なく見ることが出来るように製作されていて、質の高さを感じました。
科学館では、娘とプラネタリウムや太陽のコロナを見せていただいたり、サイエンスショーを見たりと時間を忘れて過ごすことができました。

ほうとうや、吉田うどん、富士山と甲斐路を堪能させていただいて、楽しい旅行になりました。

Posted by: あすか | 2009.01.06 at 01:41 PM

赤塚さま
まあ、そうだったんですか。
ご転職、おめでとうございます!
また、体調もよくなられたようで、何よりです。

2通送っていただいて、ありがとうございます。
実は、迷惑コメント(わけのわからない内容+ひどいサイトのURL)が続いたので、コメントを承認してから掲載と言う形にしたので、反映が遅くなってしまっています。
(スローにお待ちくださいませ)

Posted by: Rei | 2008.12.20 at 11:59 PM

「悪いエネルギー」というのは組織風土にあります。
4月まであんなに調子の悪かった鬱が、
転勤したとたんに嘘のように軽快しました。
今は、まるで水を得た魚のようです。

Posted by: 赤塚 洋 | 2008.12.20 at 01:41 PM

「なにか悪いエネルギー」というのは組織の風土でもあります。
4月まで、あんなに調子が悪かった鬱が、
今の会社に移ってから、嘘のように軽快しました。
今は、まるで水を得た魚のように、全てのことがうまくいきます。

Posted by: 赤塚 洋 | 2008.12.20 at 01:39 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 根津くらぶ年末バージョン2008 | Main | ホクロをとる »