« ブラジルのマリアのワーク | Main | 根津くらぶ年末バージョン2008 »

PRISM出発式と缶サット甲子園

Prism

来月打ち上げ予定の東大の人工衛星「PRISM」の出発式が12月7日に行われたので、出席させていただいた。

PRISMを「体で表現する」皆さんは、開発にあたってきた学生さんと卒業生の方々。右から、程さん(通称りゃんさん)、江野口さん、千倉さん、稲守さん、田中さん、三川さん。なぜか、左にいくほど学年が下だ。

みんな、いい味を出している。Sの字がなかなかいい感じ。

Komatsu

このプロジェクトは実は2002年から始まっていたので、関係者は多数。出発式にも、懐かしい顔ぶれが集まった。

プロマネも何人もが交代した。

現在のプロマネは小松さん。写真撮影のために、安田講堂に移動する際、PRISMのエンジニアリングモデルを大事に抱えて運んだ。8キロもあるので、けっこう重いらしい。

UNISECの加盟大学が打ち上げた衛星は、これまでに7基。(ロケット失敗で軌道投入に失敗したのをいれると8基)どうやら、この数字はこれからどんどん更新されていく模様。

来年1月21日(予定)には、4基の打ち上げが予定されているし、2010年には6基予定されている。工学部のある大学なら衛星を持っているのが普通、というような時代がもうすぐ来るのかもしれない。

PRISMの出発式と同じ日、ほぼ同じ時間に、「理数が好きになる教育実行委員会」のイベントがすぐそばで行われた。ここにもちょっとだけ顔を出す。

こちらは、制服姿の高校生たちがたくさん。カンサットは、いまや高校生が競い合う時代となり、「缶サット甲子園」なるものまで実施されている。

彼らのカンサットは、この夏、能代で、あの「カムイロケット」で打ち上げられた。30分間隔でポンポンと打ち上げられるロケットを、高校生たちは、「当然のことのように」受け取ったかもしれない。

たくさんの小さな星たちが無事に生まれて、りっぱにお仕事ができますように。

|

« ブラジルのマリアのワーク | Main | 根津くらぶ年末バージョン2008 »

「宇宙」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

赤塚さま
ありがとうございます。カメラの腕がもう少しよいともっとよかったんですが。

みーやさま
ホンモノをごらんになったんですね。私はEMしか見ていないのですが、もうすぐ行ってしまうんですよねー。元気で活躍してくれるようにお祈りしています。

ひらやまさま
Mを一人で表現するのは大変ですが、二人だと簡単ですね。このお二人も、とってもナイスな方々でした。

Posted by: Rei Kawashima | 2008.12.14 at 12:00 PM

手をつないだ「M」がナイスgood

Posted by: ひらやま@九大 | 2008.12.12 at 09:25 PM

前日のキャンパスツアーで中須賀研を見学させていただきましたが、その時出発前のクリーンルームにいるPRISMも見させてもらいました。

所定の性能が発揮できますように、長生きしますように。(^人^)

Posted by: みーや★ | 2008.12.12 at 11:06 AM

いやー、いい記念写真ですね。

Posted by: 赤塚洋 | 2008.12.10 at 10:32 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ブラジルのマリアのワーク | Main | 根津くらぶ年末バージョン2008 »