« January 2009 | Main | March 2009 »

暗幕の王子

ウェザーニューズさんとのミーティング。
今回は、幕張の「海の見えるオフィス」へお邪魔した。広々とした空間に、大きな窓。日ごろ小さなところにいると、身のおきどころがないような気が一瞬するのだが、そこはアメーバ・カメレオン体質なので、こちらの感覚がすぐに変化して、ジャストフィット。とても心地よくすごさせていただいた。

Wni
WNI衛星の模型がドンとおいてある。何でも、アクリルの透明な台が少しお値段が張るそうだが、なかなかよいできばえ。10センチ角と20センチ角では、なんと大きさが違うことだろうと、頭ではわかっているが目で見るとさらに納得できる。

ミーティングは、順調に終わり、帰り際に「レーザーの実験室を見ませんか?」ということになり、ミーティングルームとは別のオフィス空間に移動。

Anmakuoji
おお、これは!!というような黒い小屋(?)がオフィス空間に出現している。そして、「危険」マークがちゃんとそこには貼ってある。暗幕の中で窒息しないように、空気を送り込む装置も作ってある。この小屋は、すべて手作り。
ビバホームで購入したというパイプ材で枠が組んである。暗幕は、それ用の生地を購入して、「週末の夜、ミシンを持ち込んで縫いました」とのこと。

Room
暗幕実験室製作者にして、衛星プロジェクト担当の原山博士。ドイツで博士号を取得して、ウェザーニューズに入社された。ドイツで勉強しているとき、週末にオフィスで暗幕を縫っている自分を想像できただろうか。人生は何があるかわからないが、何があってもそれを楽しめるといい。

実験室の中も、すでに準備万端。3月中にある程度の結論を出す必要がある。
レーザーの実験は、目をやられる可能性があるので、暗幕実験室がどうしても必要なのだそうだ。暗幕の中に入るときも、特殊なサングラスをかけないといけないとのこと。

Harayama_2
「暗幕の王子」のこれからの活躍に期待しよう。

| | Comments (0)

逆説の十カ条

すばらしい本に出会った。
言葉の力はすごい。いろいろあると、こういう言葉がとてもしみる。

この本は、著者が大学生のときに、高校生のために書いた「逆説の十か条」が、いつしか誰の手によってか、インドの孤児院の壁に書かれて、マザーテレサの目にとまったということがまた著者に伝わった、といういわくつきのもの。

ケント・M・キースの祈り

逆説の十カ条

1 人は不合理で、わからず屋で、わがままな存在だ。
それでもなお、人を愛しなさい。

2 何か良いことをすれば、
隠された利己的な動機があるはずだと人に責められるだろう。
それでもなお、良いことをしなさい。

3 成功すれば、うその友だちと本物の敵を得ることになる。
それでもなお、成功しなさい。

4 今日の善行は明日になれば忘れられてしまうだろう。
それでもなお、良いことをしなさい。

5 正直で率直なあり方はあなたを無防備にするだろう。
それでもなお、正直で率直なあなたでいなさい。

6 最大の考えをもった最も大きな男女は、
最小の心をもった最も小さな男女によって撃ち落されるかもしれない。
それでもなお、大きな考えをもちなさい。

7 人は弱者をひいきにはするが、勝者の後にしかついていない。
それでもなお、弱者のために戦いなさい。

8 何年もかけて築いたものが一夜にして崩れ去るかもしれない。
それでもなお、築きあげなさい。

9 人が本当に助けを必要としていても、
実際に助けの手を差し伸べると攻撃されるかもしれない。
それでもなお、人を助けなさい。

10 世界のために最善を尽くしても、
その見返りにひどい仕打ちを受けるかもしれない。
それでもなお、世界のために最善を尽くしなさい。

ケント・M・キース : 著 : 「それでもなお、人を愛しなさい」 : 早川書房

無条件にすべて同意するというわけではない。

たとえば、2など、「隠された利己的な動機」がゼロという人がいたら、それは神様だろうと思う。自分で意識もしていないことも多い「利己的な動機」は、必ずあると思ったほうがいい。だから、自分が何かするときには、その内なる動機がいったい何に根ざしているのかをしっかり見つめ続けることが重要だと思う。たとえば、誰かを見返してやりたいなどという気持ちがあるとしたら、それは十分に利己的な動機である。

けれど、どんな結果になろうとも、自ら信じることをしなさいというメッセージは、あたりまえのことだけれど、いい。あたりまえのことがあたりまえになされないことはよくある。世の中は狂っているが、それに不平を言うのでなく、自分がよいと思うことをやりなさいというエールはいい。

問題は、たぶん、「自分がよいと思うこと」と「他人がよいと思うこと」はコンフリクトすることが少なくないということである。ミクロ的にみればよいことが、マクロ的にみたらあまりよくないかもしれないこともある。オゾン層を破壊したフロンは、当初は害のないすばらしい物質だと思われていたが、あとになって、地球規模で害のあるものだということがわかった。

しかし、そのようなことは問題にすまい。100%よいと思ってやっていたことは、それはよくないとわかったときにすっぱり変えることができる。あまりよくないかなと思ってやっていたことは、よくないとわかっても、なかなかやめられない。

やるなら、それはよいことだと信じてやることだ。そして、よいことだと信じられることを、やることだ。

| | Comments (2)

旭山動物園物語

2月11日 建国記念日。
何の日なのか忘れたまま、ただお休みになった一日。
しかし、神様がくださったような素敵な一日になった。

ちょっと塩をまきたいことがあったので、気分転換に映画に出かけることに。

寝床には怒りと悲しみは持ち込まないことにしているのだが、そういう調整がうまくいかないこともたまにはある。そういうときは、うんと自分をケアしてあげよう。

というわけで、またまた映画へ。
ラッキーなことに、レディースデイとかで映画が1000円だったので、旭山動物園物語を見にいく。母も誘ったら、喜んできてくれた。

マイカルの映画館には何回かきたことがあるけれど、こんなに混んでいるのを見るのは初めてというくらい混んでいて、ネット予約をしていなかったのであまりよい席はとれなかった。前のほうだし、端っこだし、、、

しかし、映画が始まったら、席のことなどすっかり忘れてしまった。むしろ、前のほうだったので、すごい迫力で象やら白熊やらペンギンが迫ってきて、非常によかった。

結論: 元気になっちゃいましたー!

話の内容は知っているのだが、すばらしい俳優陣(贅沢に人を使っているのです、これが)の演技力と何よりも動物たちのパフォーマンスがもう言葉にならないくらいよくて、たっぷり喜怒哀楽を味わうことができた。映画の力はすごい。

旭川は、私が昔住んでいた赤平からもわりと近い。窓ガラスが凍り付いて美しい模様になっているのとか、雪の夜道の車のヘッドライトのぼんやりした明りとか、鋭いつららが屋根の下に並んでいるのとか、そこのところも懐かしく楽しい。

それにしても、実話であるのが信じられないような話だ。
つぶれかけた動物園をスタッフが協力して救い、上野公園よりも多い入場者数を誇るようになった。
そのキーになったのは、「動物たちの本来の姿を見せよう」ということだった。
園長さんの情熱と信念とねばりは、いったいどこからきたのだろう。

本当に勇気づけられるし、励まされる。

最近、いい映画が多いような気がする。
いい世の中になっていく前触れかもしれない。
というよりは、そうだったと思えるような選択をしていこう。


| | Comments (2)

マンマ・ミーア!

1日は映画が1000円でみられるとのことで、映画館へ。
父が亡くなってから、母があまり元気がないので、ちょっと元気の出そうな映画に連れ出すことに。

運のいいことに、実家のそばには、マイカルの映画館がある。歩いていけるところに映画館があるというのはちょっと贅沢な気分。インターネットで指定席の予約もできて、とっても便利。

お目当ては「マンマ・ミーア」

ABBAの曲で作られたミュージカルの映画化と聞いていた。
暗かったり重かったり悲しかったりする映画は避けたかった。楽しそうなのが一番。

結論:二重丸。いや、花丸。

結果:ABBAのCDを思わず注文してしまった。(同じ想いの人が多いらしく、数週間待たないといけないらしい)

メリル・ストリープという女優さんは、天から何かギフトを授かっているに違いない。
この人の演技力はすばらしいと思っていたけれど、歌唱力もすごい。

伝える力、表現する力。
内からはじけでるような何かをこの人は持っている。

「The winner takes it all」を映画の中で歌うシーンがあるのだが、これがすばらしい。
勝者と敗者は、そんなふうに簡単にわりきれるものではないけれど、確かに心に届く。

悔しかったり悲しかったりした経験は、きっと誰にでもあるだろう。
その感情を追体験させてくれて、泣かせてくれて、そうして、そのあとで幸せな時間が来て、心が温かくなる。

この「落としておいて」「ぐっとひきあげる」のがいいのだろうかなどと思いつつ、素敵な音楽と輝くギリシャの海と空をバックにした美しい映像のすっかりひきこまれた。

母も喜んでくれて、ささやかな親孝行もできてよかった。

いま、元気がない人が友達や家族にいるなら、誘ってあげるといい。
話を一生懸命聞いてあげるのもいいけれど、こういう映画にさらりと誘ってあげるのもきっといい。特に、自分が疲れているときは、共倒れになってしまうから、外の力を借りるといい。

次は、「旭山動物園」の映画でも誘ってあげようかな。
結論がわかっていても、やっぱり感動してしまう人は、「模範的映画客」。

私は、まず間違いなく、その一人。

ご同類の皆様、なにごとも模範となるのはよいことですよね。
堂々と、映画館で涙と笑いにまみれましょうぞ!


| | Comments (3)

« January 2009 | Main | March 2009 »