« 難波菊次郎さんのこと | Main | さあ、才能に目覚めよう »

I DREAMED A DREAM

世界で多くの人が感動した歌声を聴いてみた。

Susan Boyle(スーザン・ボイル)さんの「I Dreamed a Dream」。

うーむ。
これはすごい。確かにすごい。

歌う前と後の審査員や聴衆の反応があまりにも違っているのが滑稽でもありリアルでもある。
歌唱力がすばらしいのはもちろんなのだが、そういうことを超えた何かすごいものが伝わってくる。

この人の生きてきた命そのもの、この人の魂が歌になっている、といったらよいだろうか。

コメントに、「涙が出た」というのがたくさんあるが、確かにそのとおり。
何度も聴いたというコメントも多いが、私も何度も聴いてしまった。そして、そのたびにちゃんと涙が出る。

選曲もよかった。
独身で「キスもされたことない」という求職中の彼女が歌う、悲しい歌詞は妙に心に届いてしまうのである。

I had a dream my life would be
So different from this hell I'm living
So different now from what it seems
Now life has killed The dream I dreamed.

描いていた人生とはまったく違う、地獄のような人生。惨めな姿。

直訳すると、「人生は私の夢を殺してしまった」。
なんという歌詞だろう。

この人の力で、世界中がこのテレビ番組を知った。そうでなければ知ることもなかった人たちの顔を見、聴いたことのなかった曲を聴いた。

You Tubeの力、ネットの力をまざまざと見せつけられたような気もする。

そして、スーザンが「なりたい歌手」として名前をあげたElaine Paige(エレイン・ペイジ)さんが歌っている同じ曲をYou Tube で見て、「えっ?」と思った。同じ感想を持った人のなんと多いことか。

スーザンの歌のほうが、ずっと自然で心に届くのである。
エレイン・ペイジの歌は、上手なのだろうけれど、「ニセモノ」に聴こえる。聴いて感動するということはない。演技している歌、とでもいったらいいだろうか。

自分の歌、自分に合った歌を歌うのが一番だと実感。
スーザンは、「夢破れた惨めな自分」を歌いつつ、とても幸せそうに見えた。
エレインは、「夢破れた惨めな自分」を、つらそうな顔を作りながら歌っているように見えた。

「夢」は、人生のどこかで持った妄想である。
誰かに吹き込まれたかもしれないし、勘違いしたのかもしれない。
それが破れたとして、なにほどのことがあろうか。
また別の「夢」を持てばいいだけのこと。

大事なのは、本当の自分でいること。
自然体でいられること。

スーザンの歌声を生で聴いてみたい。
あの楽しいおしゃべりも。。。。

楽しみがまたひとつ増えた。

|

« 難波菊次郎さんのこと | Main | さあ、才能に目覚めよう »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 難波菊次郎さんのこと | Main | さあ、才能に目覚めよう »