« March 2009 | Main | May 2009 »

I DREAMED A DREAM

世界で多くの人が感動した歌声を聴いてみた。

Susan Boyle(スーザン・ボイル)さんの「I Dreamed a Dream」。

うーむ。
これはすごい。確かにすごい。

歌う前と後の審査員や聴衆の反応があまりにも違っているのが滑稽でもありリアルでもある。
歌唱力がすばらしいのはもちろんなのだが、そういうことを超えた何かすごいものが伝わってくる。

この人の生きてきた命そのもの、この人の魂が歌になっている、といったらよいだろうか。

コメントに、「涙が出た」というのがたくさんあるが、確かにそのとおり。
何度も聴いたというコメントも多いが、私も何度も聴いてしまった。そして、そのたびにちゃんと涙が出る。

選曲もよかった。
独身で「キスもされたことない」という求職中の彼女が歌う、悲しい歌詞は妙に心に届いてしまうのである。

I had a dream my life would be
So different from this hell I'm living
So different now from what it seems
Now life has killed The dream I dreamed.

描いていた人生とはまったく違う、地獄のような人生。惨めな姿。

直訳すると、「人生は私の夢を殺してしまった」。
なんという歌詞だろう。

この人の力で、世界中がこのテレビ番組を知った。そうでなければ知ることもなかった人たちの顔を見、聴いたことのなかった曲を聴いた。

You Tubeの力、ネットの力をまざまざと見せつけられたような気もする。

そして、スーザンが「なりたい歌手」として名前をあげたElaine Paige(エレイン・ペイジ)さんが歌っている同じ曲をYou Tube で見て、「えっ?」と思った。同じ感想を持った人のなんと多いことか。

スーザンの歌のほうが、ずっと自然で心に届くのである。
エレイン・ペイジの歌は、上手なのだろうけれど、「ニセモノ」に聴こえる。聴いて感動するということはない。演技している歌、とでもいったらいいだろうか。

自分の歌、自分に合った歌を歌うのが一番だと実感。
スーザンは、「夢破れた惨めな自分」を歌いつつ、とても幸せそうに見えた。
エレインは、「夢破れた惨めな自分」を、つらそうな顔を作りながら歌っているように見えた。

「夢」は、人生のどこかで持った妄想である。
誰かに吹き込まれたかもしれないし、勘違いしたのかもしれない。
それが破れたとして、なにほどのことがあろうか。
また別の「夢」を持てばいいだけのこと。

大事なのは、本当の自分でいること。
自然体でいられること。

スーザンの歌声を生で聴いてみたい。
あの楽しいおしゃべりも。。。。

楽しみがまたひとつ増えた。

| | Comments (0)

難波菊次郎さんのこと

とても悲しいニュースを受け取った。

難波菊次郎さんご逝去。

アースウォッチというNGOを日本で立ち上げ、30年にわたって根付かせてきた実績とか、ビジネスでの成功とか、いろんなことはさておいて、本当に素敵な方だった。お話ししているだけで、こちらの「品性」があがったような錯覚を覚える、謙虚で礼儀正しくて、おしゃれでセンスがよくて、とても頭の切れる方だった。

福島の別荘にお招きいただいたときの、「家庭内温泉」でのびのびした夢のような時間。
早起きしてバードウォッチングに連れていっていただいたことなど、思い出す瞬間がいずれも輝いている。

そんな方とお知り合いになれて、ごいっしょに楽しい時間を過ごせたことが夢のようだ。


あまりにも突然のことで考えがまとまらないので、とりあえず、ご著書のご紹介。
ちゃんと読んでから、著者サインをいただこうと思っていた矢先のことだった。

本当に残念だ。

悲しい日は、ゆっくりお風呂につかって、眠ろう。

合掌。。。。



| | Comments (0)

超小型衛星メッカ構想

経団連が出している「会報宇宙」に、拙文を載せていただけることになった。

新しい宇宙の法律ができて、新しい宇宙開発が始まるので、特別号なのだそうだ。

その本を入手できない方もたくさんいらっしゃると思うので、ここにアップロードしておく。

超小型衛星メッカ構想


「超小型衛星」という、これまでになかった小さな衛星が、
従来とは違う「手の届く宇宙開発」を可能にしている。
すでに11基の大学衛星が軌道投入に成功した。
その原動力となっているのは、大学や高専の学生という若い力。

民間の気象会社が自前の衛星を持とうとしている。その衛星を
作っているのは、ほんの数年前まで学生だったエンジニアたちの
ベンチャー会社。学生時代に超小型衛星を作った経験を、もっと
社会のために役立てたいと考えて、ベンチャーを作った。

宇宙は「夢」ではなくて、「現実」。
そして、その現実を作っているのは、普通の若者たち。

夢をみるのでなく、現実を作る。
現実を作ることによってのみ、新しい世界は開ける。
ほしいものは、誰かがくれるのでなく、魔法のように出てくるのではない。
自分で工夫して、ほしいものを作りだし、それを分かち合う。

かつて、日本はそういう国ではなかったか。
いったい、いつから、楽をして金をもうければいいというふうになったのか。
嘘をついてもごまかしても、自分さえよければいいというふうになったのか。

自分の足で立ち、自分の頭で考え、自分の手で未来を創る。
宇宙に行くモノたちを作るリアルな宇宙プロジェクトは、そんな若者たちを育てている。

UNISECは、そんな若者たちを応援し、ともに学び成長するNPOである。

| | Comments (0)

私はガス室の「特殊任務」をしていた

風邪をひくときは、体が変わるとき、すなわち意識が変わるときであったりすることもある。だから、強烈なショックを受けると、熱を出したりする。

一年で一番よい季節ではないかと思うこの1週間を風邪で寝込んですごしてしまったが、遠因として考えられるのは、この本である。

この本を読むと、たぶん間違いなく、熱が出る。日ごろ、何にも動じない、感じないという鈍い精神生活をすごしていれば、そういうことはないかもしれないが、悲しい映画を見たら涙が出るという普通の生活をしている人であれば、この本を読むと、心の奥のほうで何かが動く。

アウシュヴィッツでのあまりに強烈な体験談が、「体験者の声」として、インタビュー形式で語られる。

あの地獄のような体験をくぐりぬけて、生き抜いた人たちの声は、これが初めてではない。

「夜と霧」のヴィクトール・フランクル氏をはじめとして、いろいろな方がいろいろな立場でその耐え難い痛みを何とか言葉にしている。

しかし、この本は別格である。
それは、著者であるシュロモ・ヴェネツィア氏は、「特殊任務」をしていた側の人間だからである。
ユダヤ人として捕らえられた中で、屈強な体力のありそうな男たちは、特別な任務を与えられた。


(この後は、強烈な内容をそのまま引用したりしているので、読みたい方のみ続きをどうぞ)

Continue reading "私はガス室の「特殊任務」をしていた"

| | Comments (2)

春雷

4月1日
不思議な一日だった。
エイプリルフールのいたずらかと思うくらいに、たくさん「フール」な連絡があった。

「取材の申し込み」というから、きちんと応対していたら、さにあらず、「お金を払えば取材して雑誌に出してあげる」という話。要するに、「取材の売り込み」だった。OKなら、もう明日かあさってには取材に来るという。

「お金を払わないといけないならけっこうです」といったけれど、ファックスを送りつけてきた。
そして、そのファックス。

  超小型衛生についての取材

衛星を衛生と書いているあたり、これはもうまったくお話しにならないと思い、放置。
「放置する」ことを、これまで私はなるべくしないできた。どんな方にでも、きちんとお返事をして、何かしら感謝できるところを探して、心穏やかにいられるようにと気を配ってきた。それは決して悪くないと思っている。

しかし、こちらの時間がどんどんとられる。
これからは、「放置」という選択肢も検討しよう。
どうしても必要であれば、「放置」されたほうからもう一度連絡があるだろう。
(ちなみに、ファックスの送信元から再度の連絡はなかった)

その後、有意義なミーティング。
このミーティングは、将来にけっこうなインパクトがあるかもしれない。

夜、春の嵐。
けっこうな雨。この季節の雨はまだ冷たい。
雷は、かなりの長時間なり続け、稲妻が光り続けた。

その間、私は、墨をすり、筆をとっていた。
月に一度の書道教室。
白い半紙を前にきちんとすわって字を書くひとときは、心落ち着く楽しい時間。

先生のお知り合いの方が、以前、犬の散歩で公園にいって、雷に打たれてお亡くなりになった由。
そういえば、そんなニュースを聞いたような気がする。

散歩に出かけて命を失うこともあるのだ。
人はいつどうなるのか、本当にわからない。

いつどうなっても本望といえる生き方ができているかというと、それはかなり怪しい。
まあ、しかし、そういう人はもうちょっとよい生き方ができるようになるまで様子を見ようということで、生かしておいていただけるのではないだろうかと、恐ろしく都合のよい理屈をこねてみたりする。

春雷も、一時のことで、過ぎゆくもの。
すぐに穏やかな空が戻ってくると思えるのは、幸せな証拠。

春雷や 筆を休めて 身も休み 
(自己評:休みたい気持ちが現れた、正直な句ですね。HA!HA!)


| | Comments (0)

« March 2009 | Main | May 2009 »